FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
同級生に心癒されるの巻
2020年06月06日 (土) 22:36 | 編集

『患者さんにお知らせです』

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、予約のキャンセル〜延期が増加したことを受けて、当院ではスタッフの出勤を見合わせ、交替で自宅待機をおこない、診療規模を縮小しております。
そのため、急患として来院された場合、対応する人数が少ないため、診療室や待合室が空いているにもかかわらず、お待たせしてしまうかもしれません。事情をお酌み取りいただき、どうかご容赦ください。
なお、予約延期のご相談は遠慮なくしていただきたいと思います。
キャンセルのご連絡は、前日までにしていただくと大変助かりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
(体調がすぐれない時は当日でもキャンセルなさってください。無理して来院されることのないようにお願いします。)



先週末に2ヶ月ぶりの「飲酒を伴う外食」をして、それから1週間ぶりにまた飲酒を伴う外食を目論むおいらです。


IMG_6678.jpg


今夜は仕事終わりで中学の同級生が営む「竹波」にやってまいりました。


IMG_6679_20200607085710de1.jpg


診療後の残務整理に手間取りまして、約束時間の19時に間に合わねぇべよ、と慌てて片瀬山の坂を駆け下りまして、その勢いでドタバタと到着したせいで、汗だくでのビールの乾杯になりました。


IMG_6680_20200607085711af6.jpg


店内にはビニールのパーテーションが張られて、飛沫飛散防止が図られ、店主の苦労が偲ばれます。


IMG_6681_2020060708571337e.jpg


相変わらずの美味しい刺身群や焼魚を堪能したのはもちろんのこと、、、


IMG_6683_2020060708571465f.jpg


最後の〆に出てきたオニギリは、おいらがフィニッシュ牛丼を食わなくて済むように、という店主の心優しい気遣いの賜物というね。


IMG_6684.jpg


そんなわけで、4時間弱の楽しい時間はあっという間。
お腹と心に満足感を与えていただきまして、、、同級生っていいな〜と再認識させていただきました。



スポンサーサイト



ウイルスの自然淘汰を期待したいけど
2020年06月05日 (金) 22:20 | 編集
 
新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、世界各地で水際対策や大規模な集会の禁止をはじめ、果ては都市封鎖まで、さまざまな対策が取られてきました。
これらの対策には一定の効果があり、感染の広がるスピードが抑えられたと考えられます。
罰則付きの強力な制限を加えた国でも、それを無視する国民が多かったり、日本のように強制力のない要請レベルでしかできなかったり、その抑制効果には限界があり、我が国においても感染自体はゆっくりと広がり続けています。

今回の新型ウイルスは「ある意味で非常に優秀なウイルス」で、裏を返せば「非常に厄介なウイルス」です。
通常の新型ウイルスであれば、感染の拡大を遅くする「いわゆる時間稼ぎ」は非常に有効です。
感染症の拡大が遅くなれば収束も遅れるわけですけど、毎日の新規患者の発生数は少なくなるので、医療機関がパンクすることを防ぐことができます。これは今回の新型コロナウイルスでも言えることで、日本の今般の政策でも、この医療崩壊防止の点に関しては、なんとか乗り切ることができていると言えます。

しかしもう一つの視点、ウイルスの自然淘汰を期待するということに関しては非常に厳しいものがあるのです。
毒性の強い(致死率の高い)ウイルスは、短期間の間に感染した人を殺してしまうので、素早く別の人に再感染しなければならない、、、そうでなければ、感染した人が死ぬときに、体内のウイルスも消滅してしまうので、そのウイルスの系統は途絶えてしまうのです。
それに対して、毒性の弱いウイルスは、感染した人を殺さない、もし殺すとしても時間がかかる、、、だから、その系統はなかなか途絶えません。
よって、感染するペースを遅くすればするほど、毒性の強い系統は自然淘汰され、毒性が弱い系統ほど生き残る、、、つまりウイルスは弱毒型に進化するということです。
ウイルスの進化はかなり速いので、実際にインフルエンザウイルスなどは1~2年で弱毒化した例もあります。

しかし今回の新型コロナウイルスは、エボラや高病原性鳥インフルなどに比べて、もともと致死率が圧倒的に低いわけで、決して強毒とは言えず、むしろ当初から弱毒であったと言えます。
しかも潜伏期間が長く、発症前から感染力がそれなりにあって、ウイルス自身が生き残る要件を最初から具備しているという、、、とにかく人がバタバタと死んでいくということはありませんが、感染収束に向けては高いハードルがあるウイルスです。
つまり、エボラのような「恐怖のウイルス」ではないが、本当に「厄介なウイルス」であると言えます。
生命への脅威は少ないが、経済への脅威は多大であるとも言えます。



アベノマスクがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
2020年06月04日 (木) 22:20 | 編集
 
本日(4日)、ようやく当院にもアベノマスクが届きました。
ちなみにおいら、診療室で暮らしていない(要するに当院には誰も住んでいない)のに届いたということは、1世帯にマスク2枚ではなく、1戸に2枚なんだということが分かります。
するてぇと、空き家にも配られているのかな、、、などと少し心配にもなってしまいます。


IMG_6677_202006050756044ce.jpg


なお、パッケージの中のパンフレットには「新しい生活様式」という文言が印刷されています。
ということは、緊急事態宣言の解除に伴い政府から「新しい生活様式」が発表されたのが5月25日でしたから、それ以降に印刷されたものを封入したということですね。
なるほど、そっか〜、、、「全世帯にマスク2枚」という政府の方針が発表されたのが4月1日で、「マスク2枚だけ配ってドヤ顔」のように報道されてしまい「もしかしてエイプリルフール?」とか言われちゃったアベノマスクが2ヶ月経っても届かなかった理由は、「配送キャパが足りないから」ではなく、「マスクの製造が追いつかない」もしくは「封入作業をする人手が足りない」はたまた「不良品の発覚によって検品作業に手間取った」のどれかということですね。

まぁそんなこんなで、これでおいらの顔が安倍首相よりも大きいか小さいかが判るというものです。
ちょっと楽しみ〜。

ちなみに当院スタッフのひとりは「アベノマスクっていう名前でもう付けるのいや〜」と申しておりました。
あ〜そうですかぁ、、、ネーミングセンスが女性の装着率を下げている可能性大というね、、、でもこれって政府が命名したわけではなく、ネット上の誰かが「うまいこと言った」だけなんですけどねぇ。



平日の賑わいが戻ってきました
2020年06月03日 (水) 22:22 | 編集
 
今日(3日)は今年一番の暑さだそうで、湿気もあるので汗が乾きにくいんですよね。
だから軽くランニングするだけで汗だくです。
おいら人一倍の汗っかきなもんで、シャツはもちろん短パンまでグッショリになりました。
これでもうちょっと暑くなってくると、靴までグッショリになるので、なんとも憂鬱であります、はい。

ランニング終わりで「濱野水産」に行ってシラスをゲットしてきました。


IMG_6675_2.jpg


夜に日本酒と一緒に美味しくいただこうと思います。ウキウキ。

その後は藤沢市街に出まして市役所に行ってお仕事をしてまいりました。
藤沢駅周辺は人が多く、4月以降の水曜日としては間違いなく最高の人出です。
長らく閉まっていた「有隣堂」も営業再開しておりました。
銀行も混んでいるしね。
とにかく街の風景が先週までとはガラリと変わりました。
何が違うかって、そっか、今までは学生さんたちがいなかったんだわ。
そして改札口から人々が「吐き出されてくる」感じ、これも久々に見たような。。。

藤沢駅の改札に隣接した「大船軒」の売店にサンドウィッチがあったので、思わず購入。
このシンプルさが非常に懐かしく且つ美味しいので、たまに無性に食べたくなるものです。


IMG_6676_2.jpg


サンドは今夜、シラスの後にワインと共にいただこうと目論んでおります。ワクワク。



横文字のススメ
2020年06月02日 (火) 22:21 | 編集
 
東京都は今日(2日)の夜、対策本部会議を開き、新型コロナウイルスの感染再拡大の兆候が表れた際に警戒を呼び掛ける「東京アラート」を初めて発動しました。
当院でも「いんちょ〜、あら〜とってなんですか〜」という質問を受けました。
アラート発動に伴い、レインボーブリッジと都庁が赤くライトアップされ、注意喚起がなされましたが、現在の休業要請緩和の措置に変更はありません。
そろそろ「接待を伴う夜の飲食業」というお役所的表記をやめて、お得意のカタカナ横文字系に改めた方が良いと思うのですが、やはり既存の表現だと使いたくないんですかね。


4u94g94gh40.jpg


さて、アメリカでは白人警官が黒人男性を死なせた事件に対する抗議のデモが全米各地で続き、暴徒化した人々による放火や略奪・破壊行為が発生しています。
ニューヨーク市中心部でも、デパートをはじめ各種店舗を狙った略奪や破壊が相次いでいます。


iu94h42g9g42i.jpg


ニューヨーク市は午後11時以降の外出禁止令を発令しました。


hfuiegh4429gh94h.jpg


日本では、4月の緊急事態宣言発出から約1ヶ月半で一旦全面解除となりました。
たしかに政府の方針は諸外国に比べて中途半端でしたけど、「日本人の国民性に賭ける」という言う思い切った判断が奏功したとも言えます、、、いやいや、思い切った判断ではなく、現行憲法下では「そうせざるを得なかった」というのが実情ですかね。

我が国ではPCR検査を一定以上の症状の出ているケースと濃厚接触者に限ったことが奏功したとはいえ、これが米国をはじめとするデモが暴徒化して略奪や破壊行為が起きてしまうような他国だったら、不安に駆られた一部の市民が半ば暴徒化して「PCR検査を受けさせろ」と病院に殺到した可能性大です。

そう考えると、今回のコロナ禍で、日本という国は「移民の無条件受け入れをしてはならない」ことが再確認されたのかもしれません。



敬意を共有するということ
2020年06月01日 (月) 22:24 | 編集
 
立憲民主党の須藤元気氏が以下のように呟いたわけですけど、そしたら当然のように様々な反論がありました。
「ブルーインパルスの今回の飛行に対していろいろと評価はあるんでしょうが個人的にかっこよかったと思います!」

以下が反論の数々です、、、

「立憲民主党沖縄県連の副代表でしょう貴方は。沖縄県民が見てどう思う?。立憲から出てるきゆな智子さんが見てどう思う?。彼女の支援者が見てどう思う?。基地問題のこと真剣に考えるつもりあるの?。「かっこよかった」じゃねーよ。」

「その下で生活に困ってる人たちに心を寄せる思いやって行動に移す方がよっぽどカッコイイと思います。須藤さんって、そういうところにカッコイイと感じる議員じゃないんですか?」

「須藤さん、そのコメントは残念です。戦争の道具を政権が演出に利用したら、かっこよくてもまずは非難すべきでしょ。」

「何が格好いいんですか?戦闘機ですか?戦闘機は何のためにあるのですか?戦争するためですよね?戦争は何をするのですか?なぜ安倍内閣はこのタイミングで戦闘機を使って医療従事者に感謝と敬意を表す必要があったのだと思いますか??」

「そんなにカッコいいなら、是非東京で嘉手納基地と米軍の空軍を引き取ってください。F14や F15の3機編隊ドッグファイトが常に見られてカッコいいと言えます。また、ホーネット等の艦載機もすごい音でカッコいいかもしれません。私はもう要りません。」

「自分は無理でした。北朝鮮の軍事パレードと変わらない。その費用を病院関係者に使って頂きたい。」

、、、日本は思想の自由が認められているので、色々な意見があって良いとは思います。
今回の件で、戦闘機というだけで、または自衛隊というだけで拒否反応が出てしまう人たちの意見を別にすると、反対意見の多くは、大きく分けて2つの傾向にまとめられるような感じです。
ひとつは「そんなことやっても現場の医療関係者は嬉しくもないし、そもそも空を見上げる暇などないでしょう」というもの。
もうひとつは「そんなことをするお金があるのなら、直接医療現場のために使ったら良いのに」というものです。

実際に、最前線で働いて(戦って)いる医療関係者の中には「嬉しかった人」も「嬉しくなかった人」も「何も感じなかった人」もいることでしょう。
たしかに、自衛隊機が空を飛ぶことと新型コロナウイルスに対する医療行為とは、直接関係がありません。

今回の件と比較すると、非常にレベルが低い話で恐縮なんですが、、、近年よく話題になる職場以外での職員同士のコミュニケーションの是非についてです。
例えば、食事会や飲み会、忘年会、新年会、誕生会、歓送迎会、慰安旅行、一定以上の規模の職場なら運動会など、、、これらは本来の業務内容とは直接的な関係はありません。
よく「そんなことに使うお金があるなら、少しでも給料に回してほしい」という声が紹介されていて、そういった声は社会全体で着実に大きくなっているようです。
しかしながら、個人的には、この一見業務とは関係のない職場外でのコミュニケーションは、人と人との親しみや敬意を共有できる場として、非常に重要だと思っています。

そして、須藤氏の発言に対してのものではないですが、ネット上で見つけたツイート、、、

「ブルーインパルスがアクロバットをやらずに編隊を組んで航過飛行した件。安全の観点もあるけど、世界共通で航過飛行は相手に対する最大級の敬意を表していて、航空祭を抜かせば重要な式典とか超VIPクラスにしかやらないんだけど、それだけ医療従事者への敬意を表してるんだよね。」

、、、実はこれ、知りませんでした。
皆で敬意を共有する、、、大切なことだと思うんですが。。。


EZKEDZRUcAUxHF8.jpg



ルー小池
2020年05月31日 (日) 22:21 | 編集
 
小池百合子都知事が、これからもコロナと共にということで、「ウィズ コロナ宣言」をなさったそうで、、、本当に横文字が好きですよね〜。


9fccabcd.jpg


もうね、此の期に及んではルー小池と呼ばせていただきますよwww
まぁ本家のルー大柴に言わせりゃ「コロナとトゥギャザーしようぜ」だろ?、ってところですけど。

さて、昨夜は2ヶ月ぶりの「飲酒を伴う外食」だったわけですけど、一夜明ければ、おいらが記憶を断片化させて以降に撮影されたと思しき写真を入手することになるのは、まさに宿命というものです。
あ〜、、、舟を漕いじゃっておりますねぇ。。。


101253449_261650021846506_3524711146785341440_n.jpg


2軒目でも同様に舟を漕ぎまくっておられます。


101320271_252864252445938_8532183748773412864_n.jpg


で、帰りの横須賀線、、、ソーシャルディスタンスだけは完璧というね。


101725111_2640470309557040_177488011678711808_n.jpg


これだけ情けない姿を呈示されると心から反省するだろうと思うでしょ?、、、もちろんです。



超久しぶりに飲んだ〜食った〜忘れた〜
2020年05月30日 (土) 22:40 | 編集
 
緊急事態宣言解除後、初の週末です。
江ノ島の海にもたくさんの人がやってまいりました。
それでも通常の土日に比べれば半分以下ですか、、、しかし飲食店には行列ができております。
県営の駐車場も閉鎖解除ということで、今後どこまで客足が戻るのか、乞うご期待というところですかね。

日中は診療室に篭って、市役所からの宿題の束と格闘したり、レセ作業をしたりして頑張りまして、夕方からは江ノ電に乗ってお出かけです。
土曜の夕方の江ノ電とは思えないくらいに車内は空いておりまして、これでも一時期より乗客は随分多くなったんですけどね。
やはり観光客の皆さん、公共交通機関よりも自家用車を選択なさるんですね。


IMG_6644_20200531100508fb3.jpg


いや〜、電車に乗るのも約2ヶ月ぶりですよ、、、江ノ電もJRもそうですが、車内広告が激減しているんです。
どんだけ需要が減少してるんだっていうね、、、これはもう未曾有の経済危機だと思うものです。

そんなわけで、江ノ電〜横須賀線と乗り継いで横須賀にやってまいりました。


IMG_6652.jpg


横須賀線もガラガラでしたけど、横須賀の街ナカの飲食店(例えば牛角とか)は満員です。
今のトレンドはマイカーで外食ですかね。


IMG_6654_202005311005111b7.jpg


今夜は本当に超、超、超久しぶりに「飲酒を伴う外食」をいたしました。
お相手はカツミ社長と、、、


IMG_6656.jpg


仕事終わりで現地合流の嫁さんであります。


IMG_6657_20200531100514dc8.jpg


もうね、この日をどれだけ心待ちにしていたか、、、あ、そうそう、今日のお店は汐入にある「厨」です。
まずは、朧豆腐から、、、


IMG_6659_202005311005165f8.jpg


あ〜美味しいですねぇ、、、さらにイカ食ってもイーカ、な〜んてダジャレが思わず口をつくハイテンション。


IMG_6661_20200531100517fc0.jpg


そして北海道のツブですよ、、、日本酒との相性ベストマッチ。


IMG_6662_20200531100519080.jpg


出汁巻卵も美味しいったらありゃしません。


IMG_6663_20200531100520246.jpg


ビール〜日本酒とくれば、ワインにシフトチェンズしないわけにはまいりますまいて。


IMG_6664_202005311005226a7.jpg


豚の角煮がまた美味しいことと言ったら、、、


IMG_6665_20200531100824322.jpg


さらには鱧の天麩羅でありますよ。


IMG_6666_20200531100826eb3.jpg


鶏のレバーもまた美味しくて、ワインが進む進む。


IMG_6668_20200531100827985.jpg


そして本日の真打ち登場!


IMG_6669_202005311008298c2.jpg


トマトすき焼きでありますよ。


IMG_6670_20200531100830b60.jpg


嗚呼、、、もうね、至福の境地とはこれでありますよ。


IMG_6672_20200531100832c53.jpg


その後、久々に外で酒を飲んで酔いが回ったおいらは記憶の断片化が始まり、、、2軒目の「バーミヤン」では何を食べたかも覚えておらず(正確にはラーメンを食べなかったことだけを記憶しているというね)、しかし、横須賀駅まで歩いたのは覚えていて、鎌倉駅の乗り換えも覚えているのですが、電車内での記憶がなく(おそらく舟を漕ぎまくって、というか完全に寝入っていたのでありましょう)、、、嫁さんがついていなかったらどうなっていたんだろう、、、ありがたやありがたや。。。



Powered by . / Template by sukechan.