incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
今年の関東は台風銀座?
2016年08月24日 (水) 22:21 | 編集
 
本日、1週間以上ぶりにランニングをしましたが、いや〜身体ってのは簡単に鈍りますなぁ。
まぁ旅行中は意図的に怠惰な生活をしますから、なおさらであります。
旅行先でもランニングをする白人系の人たちってのは、なんなんでしょうね、、、そっか、滞在期間が我々とは比べものにならないくらいに長いんだ。。。

さて、今年は太平洋高気圧の張り出しが東に偏っているせいで、関東〜東北〜北海道が台風銀座となる傾向にあるようです。
Uターンの出戻り台風10号も、もしかすると関東直撃かもしれないですね。


1610-00.png


今度の台風の勢力は半端じゃなさそうですから、、、なにやら非常にヤバい予感です。
おそらく、記録的な被害が出ると予想しています。予想が外れますように。。。


スポンサーサイト
初めてのベトナムを振り返って
2016年08月23日 (火) 22:19 | 編集
 
この度、初めてベトナムに行ってまいりましたので、色々と感じたことを。。。

まずですね、物価が安いというのは大きなポイントです。だいたい日本の4分の1〜5分の1くらいです。
タイが日本の3分の1〜4分の1で、近年は経済発展著しく、リゾート地では3分の1すら怪しくなってきましたから、それと比較しても安く感じられます。
到着して最初に1万円だけ両替したんですけど、2人で使ってもなかなか減らないんですよ。
その物価のせいで、一流ホテルに日本では考えられないような価格で宿泊出来ます。

ホテル内での飲食やマッサージは、もちろんそれなりに高いですけど、それでも日本と比べれば確実に安いですし、ベトナムの空港内の価格って、市中と比べると異常に高いので、それと比べてもホテルは安いかもしれません。
街中のお店は、外国人観光客相手のお店と地元向けのお店の価格差がスゴいです。3倍差くらいですかね。
写真のお店の自家醸造ビールは、330mlで約230円、600mlで約400円と完全なる観光客価格ですが、それを差し引いてもとっても美味しかったので、2度訪問しました。


CIMG3002.jpg


肝心の食事ですけど、ベトナム料理は確かに美味しいです。
フォーは店によって個性色々で、どこも総じて美味しく、ハズレはありませんでした。中でもサンライズホテルのフォーはベトナムでは相当な高価格ということになるんですけど、最高峰のフォーでありました。まさに最高フォー。
あと、フランスの植民地だったこともあって、パンが美味しい、、というわけでバインミーも美味しい。フランスパンにアジアンテイストな具材の相性がこんなにも良いというのは、本当に不思議です。
それから御当地スイーツのチェですね、これがとっても美味しい。
あとベトナムのプリンって、ウワサ通り異様なまでに美味しいです。これは本当にお勧めです。
そしてそして、カルチャーショックだったのが「ネムヌォン」です。
ネムヌォンは生春巻きで使うライスペーパーで、豚肉や牛肉や海老を、好みに応じて、香草や葱や生姜やラッキョウと一緒に 巻いてタレに付けて食べる料理なのですが、日本で食べる生春巻きとは全然違う味わいです。
まずライスペーパーが固いんです。鉛筆があれば字を書けるくらいにゴワゴワ、、、最初は「なんじゃこりゃ」なわけですけど、しかしこれが良いんです、味わい深いんです。
その昔、日本にパスタのアルデンテが入ってきた時に、「ちょっと、これって生茹でじゃないか!」というクレームが多かった、というエピソードと通じるところがあるかもしれません。
日本のベトナム料理店のライスペーパーも、今後は徐々にゴワゴワになっていくかもしれませんね。


CIMG3007.jpg


サービスですが、インターコンチネンタルという外資系の一流ホテルに宿泊したので、ホテルのサービスはそれなりにちゃんとしていて良かったです。
あと、外国人観光客相手のお店のサービスも悪くはないです。
でも、日本のサービスと比べることは絶対にしてはいけません。そもそも日本のサービスというのは異常なレベルです。
帰国しての成田空港の空港職員でさえ、本当に対応がきめ細かく丁寧で「なにもそこまで。。」って、思いましたもの。
あと、タイと比べてもいけませんね、あの国は「微笑みの国」というだけあって、本当にフレンドリーです。
そもそもベトナムは、社会主義国なもんで、その点は差し引いて考えないといけません。
要するに、外資系の高級ホテルや外国人観光客相手の店以外は、店員さんの笑顔に出会える確率は極めて低いと言わざるを得ません。
でも、ベトナム語の簡単な挨拶、要するに「こんにちは」「すみません」「ありがとう」の3つだけ頭に叩き込んで、こちらから笑顔で話しかければ、相手も人間ですから、笑顔をのぞかせてくれます。今はまだ単純に「サービス慣れしていない」だけのような感じですので、10年後にはずいぶん変わっているような気がします。

困ったことですが、どこに行っても日本語は全く通じません。まぁそれは仕方がないですね。
しかし英語ですら、ベトナム訛りが強くて半分も聴き取れません。
タイ人の英語と比べると、ベトナム人の英語が「ここまで違うか!」というくらいに聴き取れなかったのは、ちょっとショックでした。
あと、ニャチャンの場合、街中にコンビニがない!、外貨両替所がない!、、、これもまぁタイが「あり過ぎ」なんですけどね。


14075180_1099684700112582_1230398088_o.jpg


そして、マッサージですが、もちろん日本よりは遥かに安いですが、街中のマッサージ店の相場は1時間あたり千円。
タイよりも少し高いですから、ベトナムの物価全般からすると、マッサージ価格は高いということになります。
つうか、タイのマッサージ相場が安すぎるのかもしれません。
あと、女性に混じって男性のマッサージ師が普通にマッサージしています。

最後に、これは昨今、世界の観光地の共通の話だと思うんですけど、とにかく中国人観光客が多い!です。
ガイドブックに載っている観光地や、クチコミサイトでの上位の店には、軒並み多くの中国人観光客でごった返しています。
先述した美味しい自家醸造ビールのお店も、中国人に占拠されているような状況でした。
とにかく外国人観光客相手の店では、中国人が「お得意様!」だというのが解ります。
いたるところに中国語表記がしてあって、ホテルの朝食ブッフェでは、かなりのスペースを中華料理コーナーに充てています。
ホテルのプールは、白人系の人達が多い静かな時間帯、中国人が多い騒々しい時間帯とクッキリ別れます。
中国人が増え始めると、白人系の人達が知らぬ間に撤収するので、そういうことになるのですが、中国人が増え始めると、プールサイドには点心用の蒸し器を備えた簡易スタンドが設置されるという、、、ここでも中国人への配慮が完璧です。
チャイニャチャンといわれるのも納得でありました。

そんなわけで、静かなリゾートライフを望む人は、中国人観光客が集まるところを避けなくてはならないわけですが、有名観光地や、有名飲食店は諦めるしかありません。
今回行った泥SPAも共用施設は中国人が占拠しているという事前情報があったので、プライベートコテージのような施設を予約しました。料金は少し高くなりますが、結果的に静かに過ごせて良かったです。
そして夜、中国人がいない店、、、となると完全ローカルな店、もしくはヨーロッパ料理の店ということになります。
ピッツェリアやイタリア料理屋は数こそ多くないものの、点々とあるようです。
今回はイタリア料理屋に入ってみました。ナポリピザを謳い、本格石窯を備えたお店でしたが、味の方はまぁまぁ、、、しかし、日本やタイのイタリア料理はレベルが本当に高いですから、、、単純に比較するのは良くないですね。このお店もパンは美味しかったです。

ということで、どうしても日本やタイとの比較になってしまうのですが、結論的には「とにかく物価は安い」「しかし地元価格と観光客価格の差は大きい」「ベトナム料理は美味しい」「パンとスイーツが美味しい」「サービスはまぁまぁ、思っていたほど悪くない」「日本語は全く通じない」「英語もベトナム訛りが強い」「コンビニがない」といった感じです。
当院の慰安旅行先として考えた場合、「物価」「パンとスイーツ」の2点はベトナムが勝ってますが、それ以外はプーケットが総合的に優れているということが判りました。しかし、「物価」というのは非常に大きな要素ですから、悩ましいところであります。



五輪も終わって仕事再開です
2016年08月22日 (月) 22:14 | 編集
 
リオ五輪の閉会式で行なわれた「東京と日本を世界に紹介する約8分間のプレゼンテーション」が、世界中から大絶賛だそうで、、、


14718278430001.jpg


いわゆる「伝統的な和」に執拗なまでに拘らなかったのは良かったと思いますね。
あと、AKB、EXILE、ジャニーズに頼らなかったのも良かった。
土管からマリオのコスプレをした安倍首相が登場したことについては、国内では「日本のリーダーがこんなことをして恥ずかしい」と考える向きも多かろうと思います。
しかし、この演出が意外にも海外から評価が非常に高かった というのは、興味深いです。
たしかに、世界的には国の権力者にこんなことをさせようと画策しただけで、拘束されかねない国が多々あるわけですから、そういうことなのかもしれません。
しかし、これで4年後の開会式のハードルが思い切り高くなりましたね。


さて、夏休み明けの最初の診療日は台風直撃となりました。
いや〜昨日帰ってきていてヨカッタです。


16082212.png


連休明けのため、急患の方も多かろうということで、もともと予約患者さんの数を少なめにしていたところに、台風によるキャンセルも加わって、てんてこ舞いになることもなく、比較的落ち着いた診療再開となりました。
帰国後は例によって、よ〜く眠れています。
ちなみに、色々な方から「ベトナムはどうだった?」という御質問を受けておりますので、総括的なことも書きたいと思っております。暫しお待ちを。。。



台風の間隙をついて
2016年08月21日 (日) 22:22 | 編集
 
成田に定刻の8:10に到着しまして帰国いたしました。
ウマい具合に台風の間隙を突いて帰国出来ました。
往路も復路も少しズレていたらエラいことになっていたかもしれません。
相変わらず悪運だけは強いようです。


16082109.png


ベトナム航空は、特に国内線の遅延や欠航は当たり前とのウワサでしたが、今回は全て定刻、、、あ、いやいや、2週間前になって帰りの国内線が急遽欠航になって、ホーチミンで乗り継ぎ6時間になってしまったのでした。

帰りは成田エクスプレスで大船まで。
今は成田エクスプレス往復切符というのがあって、気軽に利用出来るのが良いですね。以前は何せ高い!というイメージがありましたから。
今日乗った列車も利用率は高かったようです。それでも品川を過ぎるとガラガラになりましたけど。


CIMG3273_2.jpg


横浜を出発すると下田&修善寺行きの「踊り子」が追い抜いてゆきました。
車内は意外と混んでいて、まだまだ世の中は夏休みなんですなぁ。


CIMG3276_2.jpg


帰宅後は、荷物をほどいて、軽く昼食とって、寛ぐことなく直ぐに診療室に向かいまして、溜まった留守電とFAXと郵便物とメールのチェック、、、これに3時間かかります。
ま、これも個人事業主の宿命ですねぇwww



あっという間の夏休み
2016年08月20日 (土) 22:27 | 編集

あっという間に過ぎた夏休み。
ベトナムも今日が最終日、、、夜が明けてまいりました。


CIMG3211.jpg


おお、、、御来光であります。


CIMG3216.jpg


旅行の最終日って、不思議といつも天気が抜群に良いような気がします。


CIMG3222.jpg


さて、最後の朝メシ、、、まずは野菜を食べてヘルシーになった気になりましょう!


CIMG3223.jpg


スイカの直搾りジュースと、リンゴとパインのセルフミックスジュース。


CIMG3224.jpg


麺喰いの嫁さんは、もちろん朝からフォー!


CIMG3226.jpg


ま、こんな感じでの、いわゆるホテルの朝食というのもアリかな?と、、、ちなみに全粒粉のクロワッサンは思わずおかわりするほどのウマさ。


CIMG3228.jpg


マキアートを冷コーでいただきます。


CIMG3230.jpg


ワッフル、馬〜。


CIMG3231.jpg


エッグベネディクト、、、非日常ですなぁ。。。


CIMG3233.jpg


さすがにインターコンチネンタルの朝食だけあって、ひと通りのものは何でも美味しいです。
しかしながら、朝食会場のレストランは、チャイナの皆さんに占拠されたような状態でありまして、、、子どもがテーブル間を縦横無尽に走り回って遊び場と化しておりまして、それを放置するだけでなく、さらに煽るかのような大人たちは、自ら大声で話しまくるわで、、、なんで他人が食事をしている席のすぐ近くまでわざわざ寄ってきて、遠くにいる仲間に大声で声かけて話し始めるかなぁ、、、全く理解不能ですwww
その昔、わが国ではオバタリアンという言葉が流行語になりましたが、チャイナの皆さんってのは老若男女の全員がオバタリアンということなんですかねぇ。。。


CIMG3234.jpg


部屋に戻って、帰り支度の荷造り、、、このひとときって、いつも気が重いですよね〜。
この部屋からの景色も見収めです。


CIMG3236.jpg


で、何気なく、日本の気象庁のHPを見たら、、、え???、、、日本の周囲には台風が3ヶもあるじゃん???
大丈夫か、おい。。。


16082021.png

 
正午にチェックアウトして、クラブラウンジでパソコン相手に作業を少々。


CIMG3240.jpg


このラウンジがまた絶景なんであります。


CIMG3241.jpg


最後の〆にマッサージ受けて、そのまま空港へ向かいます。


CIMG3247.jpg


ニャチャンの空港自体は小ぢんまりした造りです。日本の地方空港みたいなものですね。
ここでもまた直前にゲートの変更がありましたが、小さな空港なので、事なきを得ました。


CIMG3248.jpg


ホーチミンに到着して、ここで乗り継ぎなわけですけど、なんと6時間!の暇つぶし、、、


CIMG3249.jpg


仕方がないので、空港周辺のデパートに行きまして、、、


CIMG3252.jpg


「コカレストラン」に入りました。


CIMG3255.jpg


そうです、タイスキです。


CIMG3257.jpg


空港のターミナルビルを眼下に望みながら、2時間半かけてユッタリとタイスキを堪能いたしました。


CIMG3258.jpg


お約束で最後はグリーンヌードルで〆。


CIMG3259.jpg


さらに嫁さんはベトナム名物の「チェ」。


CIMG3264.jpg


これが見た目以上に美味い、、、


CIMG3265.jpg


というわけで、味をしめて2軒目はチェの専門店に行きました。


CIMG3268.jpg


ベトナムのプリンは美味いという噂を聞いておりましたので、試してみたところ、これが本当に美味い、、、超お奨めです。


CIMG3270.jpg


ビールとタイスキとチェのおかげで、6時間の乗り継ぎも苦にならず、なんとかなりました。
ちなみにホーチミン空港の免税店は、どこか社会主義国っぽさ満開の陳列であります。


CIMG3272.jpg


さぁ、これから日本まで5時間半の夜間飛行であります。



泥SPAなんぞに行きました
2016年08月19日 (金) 22:41 | 編集
 
ベトナム3日目の夜が明けます。
インターコンチネンタルホテルの部屋からニャチャンビーチの日の出を拝みまして、、、


CIMG3116.jpg


そのままホテルのレストランで朝メシ!です。


CIMG3118.jpg


やはりありました、ベトナム名物バインミー。元フランス統治領だけにパンはサスガな美味さです。


CIMG3119.jpg


ホテルのフォーは日本人が食べてホッとする味www


CIMG3121.jpg


スイカのジュースはその場で搾ってくれます。


CIMG3122.jpg


朝メシ後は「アイ・リゾート」という温浴施設にやってまいりました。


CIMG3124.jpg


ジャングルを切り開いて作った施設のようでありまして、、、


CIMG3128.jpg


なんせ広大な敷地故、施設内をカートに乗って移動するという、、、


CIMG3130.jpg


嫁さんワクワクしております。


CIMG3131.jpg


案内された2名用の個室内には泥の湯船がありまして、、、


CIMG3132.jpg


隣接してマッサージ台がありまして、、、


CIMG3133.jpg


さらにその奥にはミネラル温浴用の浴槽が、、、


CIMG3134.jpg


まずは泥の風呂に30分浸かります。ちなみに身体がプカプカ浮きます。これでもう汗だく。


CIMG3142.jpg


その後はシャワーを浴びて、ミネラル温浴を30分。良い臭いのお湯でして、気持ち良過ぎです。


CIMG3146.jpg


その後45分ほどマッサージ受けて極楽気分。


CIMG3147.jpg


マッサージ終了に合わせて、昼食が運ばれてきます。


CIMG3150.jpg


バナナスムージーです。


CIMG3151.jpg


海老春巻とスイカジュース。


CIMG3158.jpg


その後は共用温水プールで2時間、、、しかし、とても2時間も居られないのと、なんせ共用ゆえに大挙して押し寄せているチャイナの方々がとっても騒々しいので30分ほどで撤収。


14060395_1099684933445892_1027772146_o.jpg


チェックアウト前にお世話になった係の女性と記念撮影しました。


CIMG3159.jpg


ホテルに戻って、プールサイドでビールとカクテル、、、至福です。
ちなみにクーポンのおがげでカクテルはロハだけど、それより安いビールは別料金という不思議www


CIMG3164.jpg


ある時刻(15時頃)を過ぎると、プールサイドにはチャイナの人達が続々やってまいりまして、、、すると白人系の皆さんが無言で撤収を始めるという、、、なんとなく解ります。とにかくいきなり騒々しくなるんですな。
というわけで、我々も部屋に戻ってまいりました。


CIMG3170.jpg


部屋からの眺めはこんな感じ。


CIMG3171.jpg


バスルームとシャワーブース。


CIMG3173.jpg


その後はクラブラウンジに行って、ロハのビールを引っ掛けようということになりました。


CIMG3174.jpg


嫁さんはソーダウォーター。


CIMG3177.jpg


タダ乗り気質といいますか、お金のかからないものにはありがたく乗っかっちゃおうという、貧乏性というか、まぁそんな感じです。


CIMG3178.jpg


昨夜、感銘を受けた「ネムヌォン」というライスペーパー巻きがカナッペのひとつとして用意されていました。


CIMG3182.jpg


ウマい!、ロハ!、しかも安全安心!、今回の旅行で一番ハマったのがこれですね。とにかく硬めのライスペーパーが美味いのなんの。
調子に乗って白ワインなんぞにも手を出しまして、気がついたら、ネムヌォンは6本もいただいちゃいました、、、すみません。


CIMG3183.jpg


しかし、たとえクラブラウンジ内であってもチャイナの人達の団体様が押し寄せると、騒々しくなるわけで、、、ここはひとつ街に出て、チャイナの人達が来なさそうな店に行ってみようということに。


CIMG3184.jpg


てなわけで、イタメシ屋さんにやってまいりました。


CIMG3188.jpg


ブルスケッタでやんす。


CIMG3189.jpg


たしかにベトナムはパンが美味い!、、、ということで、ガブリつく嫁さん。


CIMG3193.jpg


ピザは生地から打って、石窯で焼くという本格派。味の方は頑張っていますけどね、、、タイや日本のイタメシってのは凄いということを再認識。


CIMG3195.jpg


その後は激安マッサージ店に行って、、、男の人にマッサージしてもらいましたwww。
上手なんだけど、ゴツい手というのがね、、、やはり女性の方が良いなぁ、と。
そして、マッサージ終わりでさらにもう1軒、「YEN」というお店に行きました。


CIMG3200.jpg


ここで、バインセオを食いたいという嫁さんの目論見が「売り切れです」という切ない一言で却下されましたが、転んでもタダでは起きません。


CIMG3202.jpg


例によって、性懲りもなくフォーで〆るという、お約束。


CIMG3206.jpg


その後はホテルの部屋に戻って、バルコニーで夜景を愛でながら、ビールをチビチビやったのでありました。


CIMG3207.jpg


ちなみにアテは、初日に食べずに冷蔵庫で冷しておいたウェルカムフルーツのバナナとリンゴでありました。



アップグレードの恩恵に思い切りあずかるの巻
2016年08月18日 (木) 22:36 | 編集
 
ベトナムのニャチャンで迎えた朝、ホテルの部屋から見える朝焼けが綺麗です。


CIMG3022.jpg


朝食も海を眺めながらいただきます。


CIMG3027.jpg


エッグベネディクトなんて普段はなかなか食えるものではありません。


CIMG3029.jpg


朝から濃厚フォーであります。


CIMG3030.jpg


パンケーキは、お口の中でとろける系でありました。


CIMG3032.jpg


その後はホテル前のビーチに出まして、、、


CIMG3040.jpg


暫くマッタリ。。。


CIMG3050.jpg


海の後はホテルのプールです。


CIMG3055.jpg


プールの後は、激安マッサージに出掛けました。


CIMG3064.jpg


街中のマッサージの相場は1時間あたり千円、、、タイよりも少し高いかというところ。
マッサージ終わりは、昨夜に引き続いて「ルイジアナブリューハウス」でビールです。


CIMG3067.jpg


ここのビールは本当に美味しい、、、後ろのタンクでビールを醸造しています。
嫁さんはウォーターメロンジュースですけど。


CIMG3068.jpg


その後はホテルの部屋に戻ってシャワー浴びて、そのままアフタヌーンティー。


CIMG3074.jpg


ベトナムは一流ホテルのコスパが非常に優秀です。
しかも、今回、インターコンチネンタルクラブルームというのにアップグレードされていて、専用のクラブラウンジでの軽食(カナッペっていうんですかね)やドリンクがいただけるのですが、これまた全てロハというのがスゴすぎます。
特に17時半〜19時半はアルコールも全て無料です。


CIMG3082.jpg


そして、夜は、これまたロハなのを良いことにホテルのクラブラウンジでビールからスタート。


CIMG3085.jpg


その後は「ニンホア」という、地元の人ばかりで白人率ゼロのお店。


CIMG3090.jpg


野菜や豚肉や牛肉や海老、生姜やラッキョウをライスペーパーで巻き巻きして、秘伝のタレにつけて食す「ネムヌォン」という料理の店です。


CIMG3096.jpg


こ、これは、、、超ウマい!。ライスペーパーが、日本での生春巻きと違って硬いんですけど、それがまたイイんですよ。


CIMG3099.jpg


でもハッキリ言って、「潔癖性の人には絶対無理!」な店。


CIMG3103.jpg


ウチの嫁さん曰く「美味しいけど他人には奨められない」と。。。


CIMG3104.jpg


明日以降、お腹の調子が悪くなったならば、間違いなくこの店が原因です(笑)。


CIMG3105.jpg


その後は、そのまま帰りしなに「サンライズホテル」のテラスに寄って〆ることになりました。


CIMG3106.jpg


ここでやはり、フォーを食うという、、、サスガは麺食いな嫁さん。


CIMG3110.jpg


こ、これは、、ウマい、、、今まで食べたフォーの中での最高峰!、とのこと。


CIMG3113.jpg


特に「麺が異常に美味い!」と、麺喰いな嫁さんが言うのだから間違いありませんナ。
これならば「他人にもお奨め出来る」そうです(笑)。



初ベトナム
2016年08月17日 (水) 22:32 | 編集
 
いや〜卓球女子団体、銅メダル!ヨカッタですね〜。
もうね、選手3人とも姪っ子に見えちゃって、オジサンはウルウルです。
福原選手を幼少時代から映像で視ているというのもあるんですけど、日本の選手って他国の選手と比べて明らかに体格で劣る、、、要するに小柄なんですよ、3人とも。
そんな彼女達が必死に立ち向かっている姿を見ると、、、これはですね、世のオッサン達の琴線に触れまくりでしょ。


14068319_1053158281428889_7696483553412279422_n.jpg


さて、朝も早よから京成成田駅前のビジネスホテルをチェックアウトして、京成成田駅にて成田空港行き電車を待ちます。


CIMG2964.jpg


心配された台風直撃も何とか回避出来まして、相変わらず悪運だけは強いかも、のおいらです。


CIMG2965.jpg


空港に着いたら朝からビール!、、、この軽い罪悪感が非日常の休日感覚につながるわけですね。


CIMG2968.jpg


成田空港といえば、やはり2タミよりも天井の高い1タミ、しかも昔ながらの中森明菜で北ウイングですよね〜。


CIMG2971.jpg


台風一過!で青空です。


CIMG2972.jpg


搭乗までの「つかの間」をリクライニングチェアーでリラックする嫁さん。


CIMG2974.jpg


9時半発のベトナム航空VN301便に搭乗いたしました。


CIMG2976.jpg


台風一過の青空の下、下総の水田地帯を眼下に一路ベトナムへ!


CIMG2979.jpg


機内食は可もなく不可もなく、、、牛肉はスパイシーで馬かった。


CIMG2980.jpg


5時間半のフライトを終えて、ホーチミンに到着。


CIMG2981.jpg


空港のターミナルビル前はまさに「ごった返し」ておりまして、アジアの熱気がムンムン、、、つーか、乗客以外はターミナルビルに一切入れないので、こういうことになるのです。


CIMG2984.jpg


ここから国内線に乗り継ぎまして、、、つーか、国際線ターミナルで入国審査受けて、手荷物受け取って、そこから国内線ターミナルにテクテク移動して、そこでもう一度荷物を預けてチェックインして、、、ベトナムの乗り継ぎって、かなり面倒です。
いかにも社会主義国って感じの非効率さと不親切さ、そして、自分の前に大行列が出来ていようとお構いなしに、よそ見したり、意図的に手を止めたりする係員のやる気のなさ、、、これはもう素晴らしいです。
しかも出発30分前に発行されたボーディングパスに書いてあった搭乗口が知らぬ間に変更になったりと、、、日本じゃ考えられないようなことが沢山発生しまして、、、まぁこれも海外旅行の醍醐味でありましょうか。
で、ホーチミンから約1時間の飛行でニャチャンにやってまいりました。


CIMG2988.jpg


ニャチャンの空港自体は非常にローカルなところにあります。


CIMG2990.jpg


で、クルマで40分ほど走ってホテルにチェックイン、、、今日から「インターコンチネンタル」に3連泊します。
部屋からの眺めは絶景でありまして、ニャチャンビーチと満月が綺麗です。


CIMG2993.jpg

 
ホテルのラウンジで軽く一杯引っ掛けます、、、ちなみにロハ。


CIMG2996.jpg


ロハなのを良いことに、普段では飲めないスパークリングワインなんぞを飲んじゃうおいら。


CIMG2998.jpg


その後は街に繰り出しまして、、、


CIMG2999.jpg


ビーチ沿いにある生ビールを自家醸造して飲ませるお店に行きました。


CIMG3000.jpg


このピルスが絶品!


CIMG3001.jpg


せっかくなんで、揚げ春巻を食っちゃいました。あと写真にはないけど、生春巻きも。


CIMG3005.jpg


その後の2軒目は、街中にあるフォーを食わせる専門店へ移動。


CIMG3008.jpg


香草がたんまり!、、、コイツはすげぇ。。。


CIMG3013.jpg


さらに3軒目に移動してのビール、、、しかしながら嫁さんの頼んだ珈琲が美味しくなくて、、、まぁお代は日本円換算で¥50ですからヨシとしなくてはなりませんなぁ。


CIMG3017.jpg


そんなこんなで、人生初めてのベトナムですが、まぁなんとか無事に初日を終えたのでありました。



Powered by . / Template by sukechan.