FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
ウイルスで死ぬ人 vs. 経済で死ぬ人
2020年02月25日 (火) 22:21 | 編集
 
政府は本日(25日)、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国民がとるべき行動などを盛り込んだ対策の「基本方針」を決定しました。
内容的には「今までよく言われていたこと」なので、特に目新しさはありません。「この程度の内容ならもう少し早く出せたのでは?」というのは、多くの人が抱く感想だと思います。
しかしながら、国がこのような基本方針を打ち出すことによって、各種団体が大規模集会を自粛しやすくなるので、一定の意義があるでしょう。
実際に、藤沢市歯科医師会でも、この「基本方針」を受けて、明後日(27日)に予定されていた施設訪問健診・訪問口腔衛生指導スタッフによる全体ミーティング(40人規模)と、その後の懇親会(25人規模)の中止が決まりました。

さて、現時点での感染者数は、世界全体ではその増加傾向に鈍化が見られます。
ただし、これは既に大規模感染が起こっていた中国での鈍化が反映されているので、中国以外の国と地域では「まさにこれから」感染拡大が起こっていくものと思われます。
もちろん、この新型コロナウイルスに感染しても、その多くが軽症で済むことから、実際の感染者数は「この10倍いても不思議じゃない」ということは常に頭に置いておく必要があります。


20200225-00000001-jij_afp-000-3-view.jpg


ちょうど1ヶ月前の1月26日、当ブログでも、パンデミック対策の基本は、「流行のピークを遅らせること」と「流行のピークを低くすること」だと記しました。
中国共産党は、1月23日から武漢を出発して市外に向かう航空機と列車の運行を休止し、バスや地下鉄など市内の公共交通機関も運行を取りやめ、事実上の「封鎖」に踏み切りました。
さらに中国国内の団体旅行は1月24日から、国外への団体旅行(パッケージツアーも含む)も27日から中止になり、それを受けて日本国内の中国人旅行者は激減しています。
これにより、国外への感染流出のピークを遅らせ、ピークを低くすることには一定の効果がありました。(武漢市当局による隠蔽さえなければ、もっと早くこの施策を打てたのに、、、という悔しさはありますが。)
これからは、中国以外の各国が「流行のピークを遅らせ」、「流行のピークを低くする」ための施策を打たなければなりません。
そのための今般の「基本方針」なのですが、「もう少し早く発表できなかったのか」という思いとともに、新型コロナウイルス自体が未だ完全には解明されていないので、どうしても不安が残るところです。


iij4g04hhi_20200226045724abe.jpeg
(図は関西福祉大学 勝田吉彰研究室のHPより)


ところで、新型ウイルスに対する封じ込めのために、社会活動・経済活動をどこまで制限すれば良いのか?、というのは常に議論されるところです。
まず、「経済状態が悪くなると自殺が増える」、これは厳然たる事実です。
バブル崩壊後に訪れた就職氷河期や、リーマンショック後などの経済低迷期は、バブル崩壊前や現在などと比べて、自殺者数は年間で1万人以上も多いのです。


83586.png


日本では、毎年1万人が季節性インフルエンザで死亡していますが、それ以上の人数が経済状況の悪化で死亡しています。
しかも、インフルエンザで亡くなる人の多くは、新型コロナウイルスと同様に高齢者が中心ですが、経済状況悪化による自殺者は生産年齢人口が中心であることを考えると、国全体に与える影響としては「より深刻」です。
つまり、新型ウイルスを封じ込めようと経済活動を制限することによって経済が悪化すると、ウイルスで死ぬ人を減らすことが出来た代償として、それ以上の人数が自殺してしまう可能性があるわけです。

今般の新型コロナウイルスによる国内の死者数が、季節性インフルエンザ並みの年間1万人ほどになるのか?、、、それに伴う経済の悪化によって自殺者数がどれほど増えるのか?、、、これを検証するには数年後を待たねばなりません。
経済的影響を見越したウイルス対策の政治的判断、これは本当に難しいと思うものです。



スポンサーサイト



山形から帰るの巻
2020年02月24日 (月) 22:38 | 編集
 
「リッチモンドホテル山形駅前」で目覚めた朝、ここの朝食はなかなか美味しいんですよね。
山形米のつや姫と芋煮の組み合わせは王道中の王道でありましょう。


IMG_6277_202002250702506e3.jpg


芋煮ながれでチェックアウト後は、これまた芋煮で記念撮影を。


IMG_6278_2.jpg


そのまま展望台に登れば眼下に山形駅が望めまして、ホームには昨日乗って来た「とれいゆつばさ」が停車しております。
そっか〜、昨日、ちょうどこの時刻に到着したんですね。


IMG_6280_20200225070253042.jpg


帰途は「つばさ142号」で一路上野へ、、、


IMG_6283_2.jpg


やはり雪景色は人の心をとらえるようで、カメラを向けてしまうようです。


IMG_6284_2.jpg


楽しい旅行も間も無く終わり、、、


IMG_6286_2.jpg


後ろ髪を引かれつつ、最後の記念撮影をしました。


IMG_6287_2.jpg


上野に到着後は品川に移動して「デヴィコーナー」で反省会をしました。


IMG_6289_20200225070300f23.jpg


相変わらずナンが美味いことと、、、


IMG_6290_20200225070301f66.jpg


ムルグマッカンパラクの鉄板の素晴らしさに一安心。


IMG_6291_20200225070303237.jpg


その他にもチーズナンやらブーナマトンやらを食し、ワインの酔いも回って良い気分で帰宅したのでありました。
今回同行してくれた中学の同級生の皆に感謝しつつ、おやすみなさいzzz



冬でも冷やしラーメン!
2020年02月23日 (日) 23:43 | 編集
 
今日から天皇誕生日がらみの2連休なので、中学時代の同級生と1泊旅行に行くことになりました。


IMG_6225_20200224102802188.jpg


上野駅に集合して、新潟〜日本海を眺めながら〜酒田〜最上川を眺めながら〜新庄〜山形と巡る予定だったのですが、爆弾低気圧のせいで東北地方の日本海側の列車が運転見合わせとなってしまい、急遽予定を変更して、福島経由で山形入りすることになりました。


IMG_6227_202002241028034b8.jpg


福島駅での切り離し作業はいつでもギャラリーが群がる名物シーン。


IMG_6231.jpg


福島と山形の県境の板谷峠は見事に綺麗な雪景色でありまして、、、


IMG_6237_202002241028066b9.jpg


一同、思わずカメラのシャッターを切るのでありました。


IMG_6238_20200224102808b06.jpg


懐かしい話に花が咲いている間に、、、


IMG_6240_20200224102809215.jpg


あっという間に山形駅に到着しました。


IMG_6241_20200224102811de1.jpg


早速、駅ビル内の「酒蔵 澤正宗」で、昼からビール〜地酒チビチビでありますよ。


IMG_6242_2020022410281291e.jpg


ビールの友には山形名物:だだちゃ豆、甘くてウマ〜。


IMG_6243_20200224102814e04.jpg


ダシ冷奴は鉄板の味。


IMG_6244_20200224102815d89.jpg


ワラビの漬物がまたいいアテですわ。


IMG_6245_2020022410304454f.jpg


そして外せないのが芋煮ですよ、山形に来た〜って感じになりますよね。


IMG_6246_202002241030456f1.jpg


食後は山形市街の七日町にある「栄屋本店」というラーメン店に行きました。


IMG_6248_20200224103044774.jpg


ここでもビールをいただいちゃうのはお約束ですが、、、


IMG_6249_20200224103045aaa.jpg


ここの冷やしラーメンがとにかく美味い!、、、特に麺が生き生きしておりまして、これは再訪したいです、はい。


IMG_6251_20200224103046397.jpg


料理のプロも太鼓判!でありました。


IMG_6253_20200224103048b87.jpg


夜は山形に来れば必ずと言って差し支えのない「伝七」に行きました。


IMG_6255_20200224103049853.jpg


ここではビールからすぐに日本酒にシフトチェンジいたしまして、、、


IMG_6256_20200224103051b88.jpg


「絹」〜「十四代」とシフトチェンジしして、、、


IMG_6257_20200224103052fc5.jpg


非日常の味わいを堪能するのでありました。


IMG_6259_20200224103054e87.jpg


特にこの十四代の「黒縄」というのがまた華やか〜なお酒でして、、、


IMG_6260_20200224103240234.jpg


心から幸せな気分になるのでありました。


IMG_6263_20200224103242334.jpg


2軒目の「山形番屋」に移動しまして、、、


IMG_6265_20200224103243b58.jpg


芋煮などをつっつきながら、昔話などに花を咲かせたのでありました。


IMG_6267_20200224103245f12.jpg


そして、最後はホテルの部屋飲みでありまして、、、


IMG_6269_2020022410324603f.jpg


中学の同級生と部屋飲みをすると、なんとなく修学旅行みたいな気分になるから不思議なものです。



やればできる子ですた
2020年02月22日 (土) 22:37 | 編集
 
仕事終わりで「口腔保健センター」に行きました。
今夜は神湘会(神奈川歯科大学神奈川県同窓会藤沢支部)の役員会でありましたが、会議終わりはお約束の飲み会です。


IMG_6213.jpg


行き先は結構久しぶりの「レッドクラウド」です。


IMG_6214.jpg


やはり気のおけない同窓で飲むというのは楽しいものがありまして、、、


IMG_6216.jpg


TNDパイセンにワインを注いでいただくというね、ソーセージを切り分けていただいたりと、学生時代には考えられないシチュエーションですが、なんとも嬉しい限りです。


IMG_6217.jpg


生ハムを食べたり、、、


IMG_6218.jpg


蕎麦のペペロンチーノを食べたり、、、


IMG_6220.jpg


イベリコ豚のグリルを食べているうちに酔いも結構回りまして、、、


IMG_6223.jpg


明日は朝が早いので、1軒だけで帰ろうと心に強く誓いましたが、、、


IMG_6221.jpg


果たしてその誓い通り、2軒目に行くことなく帰宅しまして、ああ、おいらってば、やればできる子なんだと思うものであります。



綺麗なお姉さんは好きですか
2020年02月22日 (土) 22:25 | 編集
 
以前にも書いたことがあったと思いますが、中学〜高校時代においらが好きだった女性芸能人のお話です。
その頃「なんて可愛くて綺麗な人なんだ」って思っていたのが、相本久美子さんでありました。
当時のイメージは「年上の綺麗なお姉さん」って感じだったんですけど、今時の「身近なアイドル」という感じではなく、間違いなく「別世界の人」でした。
ブロマイドとかも買いましたしね。


d77e04187735649bba5d0c185a8d5f04.jpg


歌手でもありましたけど、これといった大ヒット曲はなく、ファンでもない限り彼女の持ち歌のタイトルを言える人は少ないでしょう。
世間一般的には、やはり「TVジョッキーのアシスタント」というイメージが強いと思います。
脚が綺麗でミニスカートが本当によく似合う人でしたよね。


m2246120020506224928_20200222082132e8f.jpg


40年前の当時、江ノ電百貨店(現在の小田急百貨店)の屋上に営業で来ていたことがあって、ドキドキしながら観た記憶があります、、、いや~実物は本当に綺麗でしたよ。
ショーの後は、レコードを買えばその場でサインして握手もしてくれたんですけど、当時は自由に使えるお金も少なかったから、とても買えず、遠くから指をくわえて見ていました、、、すご〜く悔しかったのもまた懐かしい思い出です。



現場の医師からの反論
2020年02月20日 (木) 22:18 | 編集
 
一昨日、神戸大学大学院医学研究科教授(微生物感染症学講座感染治療学分野)、同大学医学部附属病院感染症内科診療科長の岩田健太郎氏が YouTube を使って告発を行なっていることを記事にしました。
そして本日、ダイヤモンド・プリンセスの船内で検疫業務に当たられている医師の高山義浩氏が、Facebookに反論を投稿をしました。
高山氏は沖縄県立中部病院に勤務されており、厚労省の技術参与もされています。
投稿された文章を読むと、 なるほど、現場がある程度混乱していて不完全な部分はあるにせよ、その中で懸命に仕事が行われていることが伝わってきます。
片方だけの主張を掲載するのは良くないので、高山先生の文章も以下に抜粋して転載させていただきます。


岩田 健太郎先生の動画を拝見して、まあ、「岩田先生らしいなぁ」と思いつつ、あまり気にしていなかったんですが、しっかり炎上しているようです。
岩田先生をご存じない方々には、ちょっと刺激が強すぎたのかもしれません。ただ、下船していく乗客の方々、現場で頑張っている方々を追い詰めかねない内容なので、事実は事実と認めつつも、動画のなかに登場する当事者として、勘違いされていること、抜けているところは修正させていただきたいと思います。
>1日で追い出されてしまいました。
事実です。正確には、船内におられたのは2時間弱ですね。ご覧になったのは、ラウンジ周辺のみと認識しています。
>厚労省で働いている某氏から電話がきて「入ってもいいよ」と、「やり方を考えましょう」ということでした。
これ、私ですね。ただし、「入ってもいいよ」とは言ってません。その権限はないので。ただ、「やり方を考えましょう」とは申し上げました。そして、環境感染学会が活動していたので、そこを通じてなら活動できるかもしれませんとアドバイスしました。でも、申し込むも(しばし放置されたのちに)断られたとのことでした。
>DMATのメンバーとして入ってはどうかというご提案を厚労省の方からいただいた
これ、私です。その通りです。
>DMATの職員の下で感染対策の専門家ではなく、DMATの一員としてDMATの仕事をただやるだけだったら入れてあげる
これ、私。ただし、「入れてあげる」とは言ってません。その権限はないので。ただ、「DMATとして入る以上は、DMATの活動をしっかりやってください。感染管理のことについて、最初から指摘するのはやめてください。信頼関係ができたら、そうしたアドバイスができるようになるでしょう」と申し上げました。
というのも、現場は乗客の下船に向けたオペレーションの最中であって、限られた人員で頑張っているところだったからです。そうしたなか、いきなり指導を始めてしまうと、岩田先生が煙たがられてしまって、活動が続けられなくなることを危惧したのです。まあ、クルーズ船とは特殊な空間ですし、ちょっと見まわしたぐらいでアドバイスできるものではないとも思ってました。
もちろん、岩田先生の豊富な経験を否定するものではありません。ただ、DMATや自衛隊、検疫所など多様な組織が重層的に活動している特殊な環境ですから、まずは慣れていただくことを優先するよう私は求めたのです。
>「分かりました」と言って現場に行きました。
というわけで、岩田先生は約束してくださいました。
>DMATのチーフのドクターと話をして、そうすると「お前にDMATの仕事は何も期待していない、どうせ専門じゃないし、お前は感染の仕事だろう、感染の仕事やるべきだ」という風に助言をいただきました。
これ事実です。岩田先生は、これで自分は感染対策についての活動ができるようになったと理解されました。ただ、船には、DMATのみならず、厚労省も、自衛隊も、何より船長をはじめとした船会社など、多くの意思決定プロセスがあります。その複雑さを理解されず、私との約束を反故にされました。せめて、私に電話で相談いただければ良かったんですが、そのまま感染対策のアドバイスを各方面に初めてしまわれたようです。
結果的に何が起きたか・・・、現場が困惑してしまって、あの方がいると仕事ができないということで、下船させられてしまったという経緯です。もちろん、岩田先生の感染症医としてのアドバイスは、おおむね妥当だったろうと思います。ただ、正しいだけでは組織は動きません。とくに、危機管理の最中にあっては、信頼されることが何より大切です。
>アフリカに居ても中国に居ても怖くなかったわけですが、ダイアモンドプリンセスの中はものすごい悲惨な状態で、心の底から怖いと思いました。
これは岩田先生の感受性の問題ですから、否定するつもりはありません。また、船という特殊な閉鎖空間において、新興感染症が発生しているわけですから、怖くないはずがありません。ただ、そのなかで継続して頑張っている人たちがいることは、ぜひ理解してほしいと思います。ちなみに、私は明日も船に入ります。
課題は多々ありながら、これまで少しずつ改善させてきました。まだまだ改善の余地はあります。ただ、乗客がいる以上は逃げ出すわけにはいかないのです。少なくとも全てのオペレーションが終わるまでは、乗客を下船させて地域に、世界に放つわけにはいきませんでした。
最優先事項は身を守ることだと感染症医の端くれとして私も思いますが、2週間にわたり船のなかで頑張っている人たちは、乗客を支えながら日本と世界を守ることを最優先としているのです。
そういう事態になってしまったことについて、政府を批判することは構いませんが、解決を与えないまま現場を恐怖で委縮させるのは避けてほしかったと思います。逃げ出せない以上は・・・。
>ダイヤモンド・プリンセスの中はグリーンもレッドもグチャグチャになっていて、どこが危なくてどこが危なくないのか全く区別かつかない。
感染症医として「グチャグチャ」と表現されるのは、分からないこともありません。でも、この表現はゾーニングがまったく行われていないかのような誤解を与えます。しかしながら、実際はゾーニングはしっかり行われています。完全ではないにせよ・・・。
たしかに、先進国の病院であれば、あるいは途上国でセットされるNGOや国際機関による医療センターであれば、もっと洗練された感染対策が実施されるでしょう。でも、いきなり、約3700人の乗員・乗客(しかも高齢者が多い)において新興感染症が発生した船舶・・・ というミッションは極めて複雑なのです。
私は海外でのNGO活動に関わったことがありますし、現在も国際NGOの理事を務めていますが、どんなNGOであっても、あるいは国際機関であっても、これが混乱状態から始まることは避けられないでしょう。この2週間が反省すべきところがなかったとは言いませんが、ここまで現場はよく頑張ってくれたなと私は思います。精神論と嘲笑されるでしょうが・・・。
>検疫所の方と一緒に歩いてて、ヒュッと患者さんとすれ違ったりするわけです。
さすがに、これは違います。そのような導線にはなっていません。患者ではなく、乗客ではないかと思います。乗客ですら、そのようなことは稀だと思います。
>話しましたけど、ものすごく嫌な顔されて聞く耳持つ気ないと。
感染症医はコンサルタントとしての能力が求められます。それは聞いてもらう能力でもあります。私は聞いてもらえなかったとき、相手がダメだとは思いません。自分の説明の仕方が悪かったと思います。
>でも僕がいなかったら、いなくなったら今度、感染対策するプロが一人もいなくなっちゃいますよ
これは間違いです。毎日、感染症や公衆衛生を専門とする医師が乗船して指導しています。ご存じなかったんだと思います。まあ、ご自身に比べればプロのうちに入らないと言われると、返す言葉もありませんが・・・
>シエラレオネなんかの方がよっぽどマシでした。
シエラレオネにおいて、先進国が運用する医療センターのことだと思います。最貧国の市中病院の感染管理の悲惨さと同一視させることのないようにお願いします。
>エピカーブというのがあるのですが、そのデータを全然とっていないということを今日、教えてもらいました。
これ間違いです。岩田先生のせいではありません。教えた人が知らなかったんでしょうね。感染研がエピカーブを公表しています。新たな報告を加えてバージョンアップされるでしょうが、すでに公表してますし「全然とっていない」わけではありません。
以上、私なりに感じたことを述べました。見解の相違もあれば、私が間違っているところもあるでしょう。ぜひ、ご指摘ください。ともあれ、私は岩田先生の「志」を否定するつもりはありません。クルーズ船の対応についても教訓としていけるよう、きちんと検証して活かしていくべきです。
そもそも、こんなことは初めての取り組みです。失敗がないわけがありません。それを隠蔽するようなことがあれば、それは協力してくださった乗客の皆さん、仕事を放棄しなかった乗員の方々、自衛隊の隊員さんたち、そして全国から参集してくれた医療従事者の方々を裏切ることになります。
ただ、いま私たちの国は新興感染症に直面しており、このまま封じ込められるか、あるいは全国的な流行に移行していくか、重要な局面にあります。残念ながら、日本人は、危機に直面したときほど、危機そのものを直視せず、誰かを批判することに熱中し、責任論に没頭してしまう傾向があると感じています。不安と疑念が交錯するときだからこそ、一致団結していかなければと思っています。



ダイヤモンド・プリンセス船内での検疫業務、本当に大変な激務だと思います。
未知なる感染症と戦わなくてはならないリスクも含め、頭の下がる思いです。

しかしながら、やはり気になるのは、「グリーンゾーン、レッドゾーンの区分けがなされているのか?」という点です。
高山先生の文章から読み取れるのは「完全ではないが区分けはしっかりなされている」ということですが、その不完全さがどの程度のものなのか、非常に気になるところです。
感染対策というのは完全に近ければ近いほど良いことは言うまでもありませんが、現状よりも改善できるのにしないのか、もうこれ以上は到底無理なのか、そのあたりは現場を見ていないので何とも言えませんが、、、しかしながら検疫官に感染していますからね、そこはやはり心配にはなります。



まだまだ知らない美味しい店があるものです
2020年02月19日 (水) 23:40 | 編集
 
午前中は野暮用廻り、お昼にチョロっとランニングして、午後もまた野暮用廻りからの市役所で宿題の束を受け取り、診療室に篭って宿題と格闘、、、頑張って3分の1ほど終わらせました。

夜は藤沢市街に出まして、藤沢市歯科医師会の東部地区会に出席してきました。


IMG_6198.jpg


今日は初体験のお店「旬菜・串焼処 食」でしたが、生鮮物も質が良くてですね、、、


IMG_6196_2020022008380437e.jpg


まだまだ知らない美味しいお店があるものです。


IMG_6199.jpg


最後にカレーライスが出てきたのですが、これもまた美味しい。


IMG_6201.jpg


いや〜、幹事をしてくださった理事のSSK先生、ありがとうございました。


IMG_6204.jpg


宴も終盤に差し掛かってきたので記念撮影をいたしまして、、、


IMG_6206.jpg


最後は新入会員のIWS先生のご挨拶。


IMG_6208.jpg


お開き後はSSK先生行きつけの「葵」に行って、久々にカラオケを数曲歌わせていただきました。


IMG_6212.jpg


それにしてもSSK先生は相変わらず素晴らしい歌唱力と思うものです。



異例の告発
2020年02月18日 (火) 22:19 | 編集
 
神戸大学大学院医学研究科教授(微生物感染症学講座感染治療学分野)、同大学医学部附属病院感染症内科診療科長の岩田健太郎氏が YouTube を使って異例の告発を行なっています。
この人、今般の一連の新型コロナウイルスの問題では、TV出演時に「致死率も低く大騒ぎすることではない」「通常のインフルエンザと同程度の対策で」というスタンスのコメントをしていて、ネット上の過敏に反応する層からは「御用学者」と揶揄される存在です。
そのような人が「個人的見解」としながらも、今回「ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機。なぜ船に入って一日で追い出されたのか。」というセンセーショナルなタイトルをつけて動画を公開したのですから、尋常ではありません。

動画の内容を要約すると、以下のような感じです。

1)クルーズ船の乗員から直接SOSを受け、色々な筋を辿って臨時の検疫官として協力することになった。
2)現場は想像以上に酷かった。アフリカのシオラレオネ以下の防御体制で、これでは確実に検疫官や職員の感染を生んでしまう。
3)今まで見たなかでも相当酷い。この仕事を20年間やって、エボラ出血熱やSARSにも携わったが、それと比べても一番の恐怖を覚えた。
4)感染しない方法を感染症のプロである私は知ってるが、このクルーズ船内では、私が感染しても全くおかしくない。
5)船内はグリーンゾーン、レッドゾーンの区分けが全く無く、全てが汚染領域である。
6)ここまで酷い理由は、検疫の方針を厚労省の何も知らない素人が決めているから。
7)船内には感染症専門家が居ない。なぜなら、厚労省の官僚が全て仕切っており私のような専門家の助言に全く聞く耳を持たず追い出してしまう。
8)現状の問題点を提言しようとすると「なんでお前にそんなことを言われなくちゃならない?」と厚労省の職員に物凄く嫌な顔された。何度も提言しようとすると1日で追い出されてしまった。

注)なお、この人はあくまでも「ダイヤモンド・プリンセス船内の検疫体制の現状」に恐怖を覚えているのであって、新型コロナウイルスに恐怖を覚えているのではありません。

ダイヤモンド・プリンセスに関する対策への評価の潮目が変わりそうですね。
そもそも、5)の「検疫の現場でグリーンゾーン、レッドゾーンの区分けが全くない」というのは衝撃的です。
要するに、先月20日の出港から今月4日までの「クルーズ船特有の不特定多数がノーガードで濃厚接触&感染しまくり状態」と、今月5日以降に船ごと隔離して何が改善されたのかというと、「船内の乗客の往来がある程度制限された」だけで、その他の船内環境は何も変わっていないということになります。


0fc3d853.jpg


明日以降、TVなども大騒ぎになりそうな予感です。



Powered by . / Template by sukechan.