FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
窓開け冷房の限界
2020年08月11日 (火) 22:21 | 編集

『患者さんにお知らせです』

当院では、新型コロナウイルス対応策の一環として、予約のキャンセル状況に応じてスタッフの出勤を見合わせ、交替で自宅待機をおこない規模を縮小しながら診療をしております。
自宅待機する人数は前日の夜に決定しています。
そのため、キャンセルのご連絡は、前日までにしていただくと大変助かります。どうぞよろしくお願いいたします。(体調がすぐれない時は当日でもキャンセルなさってください。無理して来院されることのないようにお願いします。)
なお、急患として来院された場合、診療室や待合室が空いているにもかかわらず、対応する人数が少ないため、お待たせしてしまうかもしれません。事情をお酌み取りいただき、どうかご容赦ください。



今日(11日)は連休明けの火曜日でしたが、午前中は通常診療、午後は休診にして4ヶ月に1度の大掃除をしました。
今年の夏を象徴する光景:冷房稼働中でも窓を開ける、、、当院でも今年は新コロ対応策の一環としてそれを続けてきました。
特に「換気扇を回してその換気扇からなるべく遠くの窓を開ける」と効率よく外気を取り込むことができ、短時間で室内の空気が入れ替わるとのことなので、換気扇もずっとフル稼働です。
今まではそれで「なんとかなっていた」わけですが、本日はダメでした。
もうね、暑くて暑くて、、、特に大掃除をしている最中は、汗ダラダラですわ。
それだけ外気温が高かったということですなぁ。
夜になってニュースを視たら、関東地方では40℃超えのところもあったようですね。


202008111400-00.png


こりゃ暑いわけだわ〜。



スポンサーサイト



マジでヤバい
2020年08月10日 (月) 22:33 | 編集
 
電車に乗って「以前とは違う」と感じること。
その1:皆さんマスクをしていること。
その2:冷房が入っているのに窓が開いていること。
ここまではTVなどでも報じられていることなので、ご周知のとおり。
いまどきマスクなしで電車に乗ったりしたら周囲の視線がマジで怖いはず。

その3:車内広告が非常に少ない。あっても「自社広告」ばかり。
鉄道会社にしてみたら運賃収入も広告収入も激減してシャレにならないわけですが、広告主の方も「広告宣伝費も惜しい」ほどの経営状態なのか、はたまた「いまどき電車に乗っている客層」が掴みきれないのか、そもそも「いまどき何を訴えれば良いのか」わからないのか、、、とにかく以前とは経済状態が明らかに違うことだけは解ります。

お盆なのに高速道路は目立った渋滞もなく、新幹線をはじめ特急列車はガラガラ、、、渋滞は起きない方が良いし、列車も混雑していない方が快適だけど、このままじゃ9月以降の自殺者数がマジでヤバいと思うものです。



叩かれるんだろうなぁ
2020年08月09日 (日) 22:36 | 編集
 
島根県の松江市で本日(9日)、91人の新型コロナの陽性者が確認されました。
このうち88人が市内の高校の関係者で、生徒が86人で、2人が教員というね。
市によると、陽性が確認された生徒86人のうち、寮生が80人で全員がサッカー部員で、陽性者が発生した寮はサッカー部の寮だったと。
部員約30人に発熱や頭痛などの症状があるが、いずれも軽症。
サッカー部は7月23~25日に大阪府、8月3、4日に鳥取県、4~6日に香川県に練習試合などで遠征していたという。。。

これって、地元では思いっきり叩かれちゃうんだろうなぁ、、、こんな時期に遠征するなんて!、とか、、、そりゃ寮で共同生活していりゃ感染るだろうし、バスに乗って遠征すりゃ「車内でずっと黙ってろ」なんて元気一杯な高校生には無理ですわ。
きっと、関係者の責任問題になって、サッカー部以外の部活動も当面休止、3年生はこのまま引退、、、新コロが指定感染症じゃなければ、今まで通り「夏風邪がサッカー部内で流行った」ってことで終わってたんでしょうけどね。
ちなみに島根県は今日まで新コロによる死亡者はゼロです。


87t76d7.png


怪しいところを狙って検査すれば陽性者が増えるという典型例ですわな。



泥棒猫の唄
2020年08月08日 (土) 22:24 | 編集
 
先週の土曜日に梅雨が明けて1週間、やはり夏はいいですね。
昨日(7日)が立秋でしたから、暦の上ではもう秋で、今年は夏が1週間しかありませんでしたけど。
やはり灰色の空より青い空がいいですね。
蒸し暑いのは嫌だけど、通勤時に空が明るいだけで、仕事中に窓の外が明るいだけで、気分が前向きになるというものです。
新コロのせいで気分も塞ぎがちな梅雨でしたけど、この1週間で少しは清々しくなったかな、、、と。
あとはマスコミが陽性者数だけを前面に出す報道で大衆を煽らないで欲しいものです。

さて、世の中には「メロディーは明るいのに内容が暗い歌」というのがありまして、個人的にその代表曲といえば「悲しみがとまらない」であります。
まぁなんてったって「泥棒猫にしてやられた唄」ですからね、しかも「親友が泥棒猫」っていうね。
おいらこの歌のおかげで「sympathy」という英単語が記憶に固定されましたから。
ふたりは sympathy 感じてた〜、「sympathy=信頼感」ですよね、わかります。
世では「sympathy=お悔やみ」という訳が主流だそうですが、この歌では「お悔やみ」ではないですね、わかります。

さて、そんな明るいくせに暗い内容の「悲しみがとまらない」ですけど、ご紹介する動画は稲垣潤一と小柳ゆきの秀逸デュエットです。





よくFNS歌謡祭とかで「意外な2人のコラボ」を企画して残念な結果を生むこともしばしばあるわけですが、キーのチェンジも上手いことやってるし、この2人の相性は良いですね〜。



コロナ コワイ
2020年08月07日 (金) 22:22 | 編集
 
ooif98398g.png


陽性になることより陽性になったことを他人に知られる方が恐い検査って怖いですよね。



カラー化が持つ意義
2020年08月06日 (木) 22:22 | 編集
 
今日はハチロク、8月6日は人間の頭上で初めて核爆発が起こった日です。
以前は8割以上の米国人が「原爆投下を正当化」する考えを持っていたことが知られていましたが、正当化する人の割合は年々減少しています。
月日の流れがそうさせるのはもちろんですが、特にこの数年は減少幅が大きくなっているのだとか。

もしかすると、近年、コンピューター技術により、昔のモノクロ写真がカラー化されていることも無関係ではないような気がします。
モノクロ写真で見る昔の映像って「どこか別世界での出来事」のように映りますが、カラー化されると急に現実味を帯びて、我が事のように考えることが容易になります。


93fh39h.png


子供の頃から「原爆の雲って真っ白」なんだと思っていましたが、赤いんですね、、、なんて気持ちの悪い色。。。


5f2b70982300003000521b7f.jpeg


写真は呉市から撮られたものだそうですが、元のモノクロ写真は、そういえば過去に見た記憶が。


EesJEKPVAAAZ60o.jpeg


反対意見は多いでしょうけど、被爆した人の凄惨な写真などもカラー化して、もっともっと世界的な関心を高めるべきだと、個人的には思うものです。



夏ですなぁ
2020年08月05日 (水) 22:21 | 編集
 
ついに夏本番、今日(5日)は全国各地で今年一番の暑さになりました。
そんな中、おいらは朝から内科に行って喘息の定期診察をしてもらいました。
その後は軽くランニング、、、熱中症にならないように水分補給に気をつけて。
昼には「濱野水産」で生シラスと釜揚げシラスをゲット。
昼過ぎには藤沢市街に出て、銀行〜市役所へと野暮用廻り。
昼食は久々に「箱根そば」でいただきました。


IMG_6992_20200806081315190.jpg


暑い時って、冷たい蕎麦も良いですけど、敢えての温かい蕎麦も良いですね。
ランニング後だったこともあり、身体が塩分と水分を欲しておりまして、汁は完飲。
汁と冷水の交互飲みこそ、まさに夏の風物詩であります。

午後は小一時間ほど昼寝をして体力回復。
夕方〜夜は診療室に篭って、市役所で受け取った宿題の束と格闘、、、半分ほどやっつけました。

夜は「ヤオコー」に行って半額見切り品を漁りました。
帰宅して火照った身体にはやはりビールでしょ、、、と思いましたが、我が家には現在ノンアルコールビールしかありません。
でも、キンキンに冷やしてあれば、十分に美味しいと思うものです。



TVマジで煽りすぎ
2020年08月04日 (火) 22:20 | 編集
 
一昨日(2日)の読売新聞からの話題で恐縮です。
「東京都は、新型コロナウイルスに感染し、6月末までに死亡が確認された325人に関する分析結果を公表した。死者の平均年齢は79・3歳で、大半が糖尿病や高血圧、腎疾患などの基礎疾患を持っていたという。」
、、、でしょうね〜、前から言われてきたことではありますが、基礎疾患があれば普通の風邪でも死亡率が上がるのは当然。
でもって、75歳以上の後期高齢者、特に80歳代後半から上は何かしらの基礎疾患を持っていて全く不思議じゃない。。。

「90歳代の感染者は33・9%が死亡し、80歳代も30・2%に上った。70歳代は17%で高齢者ほどリスクが高まる実態が裏づけられた。50歳代以下の死亡率は0・5%にとどまった。基礎疾患の有無を確認できた死者198人のうち、疾患がなかった人は4人だった。』
、、、そりゃそうなるでしょうね〜。
「30・2%に上った」っていう表現が「さすがマスコミ」と思うものです。
「上った」って表現することで「すわ一大事」と捉える人の割合が増えますものね。

この東京都の分析、6月末までの死亡者に関するものですが、7月は新型コロナで「ほとんど死んでいない」状況なんですよね。
しかし7月になってからというもの、検査数の右肩上がりの増加に伴って「陽性者数もウナギのぼりで過去最高を更新し続け、感染拡大に歯止めがかからない状態(マスコミっぽく言ってみました)」なのは皆様ご周知のとおり。
TVでお話しされている専門家の方たちは「死亡者数の増加は感染拡大から遅れてやってくる」と主張されており、たしかにその通りと思いますが、となれば7月後半〜8月前半の死亡者数は激増しなくてはなりません。

このまま8月前半に死亡者数が激増しなければ、そろそろ「指定感染症から解除」すべきだと思うのですが、一旦指定したものを中途で解除するのって、大変なんですかね。。。
現在、陽性反応者が各地で「過去最高!」を記録していることで、一般病院でも高次医療機関でも、新型コロナに振り回されて、通常の診療に明らかに支障が出ていることでしょう。
指定解除によって季節性インフルエンザ等のように扱うことができれば、現場の混乱の収束に寄与できると思うのですが、、、東京都医師会のスタンスはそれと真逆な「営業自粛を強制して補償せよ&PCR検査数増やせ」だしなぁ。。。

なんか、今の世の中の雰囲気って「ウィズコロナ」でもなんでもない、、、マスコミが先頭に立って「いくらPCR検査をやろうが陽性者ゼロ」な状態を求めるように大衆を煽っているんですもの。
そりゃぁ自粛警察も陽性者狩りも後を絶たないはずだ、、、と思うものです。



Powered by . / Template by sukechan.