FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
絵心も写真心もないワタシ
2019年06月14日 (金) 22:20 | 編集

今週も水曜日を臨時に診療させていただき、その代わりに本日の金曜日を休診とさせていただきました。
午前中、所用のためクルマで出かけ、所用先で溜まった支払いなどもして、そのまま神奈川歯科大学に行きました。
今月は大学で歯周病学実習のインストラクターのお仕事のため、金曜日を休診させていただくことが多くなりますが、事情をお汲み取りいただき御容赦をいただければ幸いです。
実習終わりの帰途、道路が妙に混んでいて、、、なんでも横浜横須賀道路で大きな事故があって通行止なので、その影響のようです。
異常な所要時間がかかってしまいましたが、なんとか閉院直前の内科に滑り込んで、喘息の月イチ診察を受けることができました。
その後は診療室に篭って、市役所からの宿題の束と格闘!、、、2時間以上頑張りましたが、いまだ終わらず(涙)。

さて、話は変わって、、、
中学〜高校の頃、本屋に置いてあった「GORO」という雑誌を立ち読みした経験を持つ御仁は多かろうと思うわけです。
「GORO」は「週刊プレーボーイ」や「平凡パンチ」など多くの週刊誌が採用していたB5版ではなく、ひとまわり大きなA4サイズだったので、書店の陳列棚でも目立っておりましたし、他の週刊誌よりも写真の印刷が綺麗なような気がしたものです。
あとは何と言っても、ヌード写真が毎号必ず掲載されておりましたからね、思春期の男子にはそりゃもう十分に刺激的でした。


760708L.jpg


写真はアグネスラムがブームの頃(1976年?)の「GORO」の表紙で、小生はまだ小学校の高学年、本誌を立ち読みするようになるのは、この2〜3年後であり、思い切って購入できるようになるのはこの5〜6年後ということになります。

この「GORO」という雑誌の目玉は、「激写」というタイトルがついた篠山紀信氏による巻頭グラビアでした。
当時のアイドルや女優にとって、篠山紀信に撮られるというのは、いわばステータスでありまして、思えば当時40歳にして既にカリスマ写真家だったわけですね。

氏は「GORO」だけでなく「明星」などの表紙も手掛けておりました。
写真は「明星」の表紙となった1枚ですが、後に奥さんとなる南沙織さんを初めて撮ったのがこの写真なのだとか。


AS20190409000112_comm.jpg


現在も80歳手前にして現役バリバリな篠山氏ですが、、、若かりし頃の氏を赤塚不二夫が描くとこのような「カメラ小僧」になります。


AS20190411000270_comm.jpg


この表現力www、赤塚氏の才能もまた凄いですねぇ。



スポンサーサイト
イッテQは良心的?
2019年06月10日 (月) 22:20 | 編集
 
嫁さんは今日も学会で札幌に出張中であります。
仕事終わりにセガレからメールが届いて「今夜は家で食べるけど遅くなる」とのことでしたが、帰りを待ちましたとも。
独りで食べるより2人がいいやね、ってことで。
ちなみに23時近くまで待ちましたよwww、晩メシが遅いのには慣れておりまするゆえ、ノープロブレム。

で、晩メシを食べながら(晩酌しながら)録画してあった「世界の果てまでイッテQ」を観ました。
3週間前に放送されたやつですけど、デンマークが特集されていました。


2019519_190519_0017-1-530x298.jpg


北欧の国がTVで取り上げられるとき、多くの場合、充実した社会保障制度!!がクローズアップされますよね。
もちろん、当番組も例外ではありませんで、、、
世界幸福度ランキングで毎年上位にランクインしているデンマーク!!
デンマークの年金はヨーロッパで一番高額だそうで、、、
写真は、年金をたっぷりもらって、笑顔いっぱいのデンマークのおばあちゃん。


2019519_190519_0015-1-530x298.jpg


ちなみにこの番組が良心的だったのは、VTRの最後に「オチ」として、、、
「デンマークの消費税は25%、所得税は52%」というテロップが大きく表示されたこと。
フツーのTV番組だと、そこは省略されてしまうんですけどね。
セガレが「え〜っ!」って反応してましたから、これは非常に意味のあることだと思うものです。

番組を見終わった後、気になったので、色々と調べてみたんですが、、、
医療に関しては、必要最低限の医療(ちょっと調子が悪いので薬だけでも、、、とか、明日から連休なので念のために、、などという受診はありえない)しか受けることはできません。
具体的には、医療費が無料といってもすべてが無料というわけではありませんで、、、デンマークには「家庭医」と「病院」という2段階の診療システムがありまして、日本でいう「一般開業医」が「家庭医」にあたります。
体調が悪いときや怪我をしたときは先ず「家庭医」を受診し、家庭医の診断結果に基づき「病院」に送るかを判断するそうです。医療費が無料なのは「病院」だけであり「家庭医」は補償対象外です(な〜るほど、そりゃそうだ)。
出産費無料、ベビーシッターや保育園費は最大75%まで助成、大学までの教育費無料、、、失業保険も4年間、現役時代の90%を補償だそうで、特に失業保険には破綻しないカラクリ(再就職後に税金が上がるとか)があるに違いないですね、こりゃ。
年金はヨーロッパで最も高額、、、なのは間違いないですが、所得や資産によって支給額に差があって、高所得者には全く支給されない、、、要するに日本人の年金感覚からすると、低所得者以外は「払い損」ということだそうです。

興味が湧いてきたので、さらに色々調べてみると、デンマークの国民性は「アメリカとは真逆」だそうで、その国民性が「高税率だけど高福祉」な社会を支えているのだとか。
自らの優位性を周囲に積極的にアピールするアメリカ的価値観は、ここではやんわりと否定されてしまうとのこと。
その背景には「Jante Law の存在」があるからだそうでして。。。

この Jante Law(ジャンテロウ)というものを北欧の人、特にデンマーク人は心がけているのだとか。
ジャンテロウとは、1933年にデンマークのライターのアクセル・サンダモセ氏が考えたコンセプトで、、、(以下転載)

1. Don’t think that you are special.
 (自らを特別であると思うな)
2. Don’t think that you are of the same standing as us.
 (私たちと同等の地位であると思うな)
3. Don’t think that you are smarter than us.
 (私たちより賢いと思うな)
4. Don’t fancy yourself as being better than us.
 (私たちよりも優れていると思い上がるな)
5. Don’t think that you know more than us.
 (私たちよりも多くを知っていると思うな)
6. Don’t think that you are more important than us.
 (私たちよりも自らを重要であると思うな)
7. Don’t think that you are good at anything.
 (何かが得意であると思うな)
8. Don’t laugh at us.
 (私たちを笑うな)
9. Don’t think that anyone of us cares about you.
 (私たちの誰かがお前を気にかけていると思うな)
10. Don’t think that you can teach us anything.
 (私たちに何かを教えることができると思うな)
11. Don’t think that there is something we don’t know about you.
 (私たちがお前について知らないことがあると思うな)

、、、(転載終わり)
日本人が礼儀正しさを大切にしていて、それが国民性であるように、デンマーク人にとってもジャンテロウが国民性だというのです、、、ふ〜ん。。。。

あ、そうそう、書くのを忘れてました、、、医療費無料といっても、歯科治療は完全に例外で、全額自己負担だそうです。



JAFおそるべし
2019年06月04日 (火) 22:16 | 編集
 
今日は6月4日、昔で言うところの「虫歯予防デー」であります。
虫歯の原因が虫じゃないことは遥か昔に判っているんですけど、やはり今でも虫歯のことは虫歯って言いますね。
歯槽膿漏のことを歯周病と言うようになって随分定着してきたのとは対照的です。
 
さて、先月25日の土曜日の記事で書き忘れたことがありまして、それは学会終わりで山下公園から横浜ベイクォーターまでシーバスに乗った時のことであります。
窓口で乗船券を買うときに「もしかしてJAF割引とかあります?」と聞いてみたところ、「はい、1割引になります」とのことで、当然のように会員証を提示しましたとも。
1割引といっても7名分ですからね、本当にバカになりませんて。


IMG_8364.jpg


そして、一昨日のフェスティバルでの打ち上げの2次会でのカラオケは、1人がJAF会員なら全員が3割引ですから、こちらもバカになりません。


IMG_4446_2019060508292123f.jpg
(写真はイメージです)


JAFってマジで会員になっといた方が良いですね。
年会費なんて余裕で元が取れます、はい。



死の翼アルバトロスの巻
2019年05月30日 (木) 22:12 | 編集
 
いや〜良い天気でしたね。
これぞまさに五月晴れ、暑いんですけど暑すぎず、しかも空気がカラッと乾燥しているので快適で、思わず陽光の下で深呼吸したくなっちゃいます。
こんな気候が1年中だったらいいのに、、、
きっとアホになれますねwww

さて、最近、ちょくちょくとルパン三世の話題を記しているおいらです。
おいら、ルパン三世のTV第2シリーズは始まる前の期待が大きすぎて、始まってから妙にガッカリして、しかも中学に入って部活が忙しかったりして、当時はビデオもなかったし、そのうちに見なくなったという経緯があります。
そんな時、同級生にアニメが大好きな奴がいて、彼が言うには「来週のルパンはぜひ見ろ」と、、、なんでも製作陣が違うのだと、、、TV第1シリーズに携わった人が作るのだと、、、今になってみれば、それが後のスタジオジブリの宮崎駿だったわけですね。
ちなみに、その頃の我が家は母親の方針でTVがなくなっていて、そんなことを友人に恥ずかしくて言えなかったので、結果的にはライブで見れなかったんですけどね。

で、そんな回は、ルパンフリークからしたら「まさに神回」ということで有名な『死の翼アルバトロス』というのですが、ついにYouTubeで公式に公開されました。





第1シリーズのようなハードボイルドさはなく、いわゆる「いい人なルパン」ではありますが、30分アニメとは思えないほど濃密なストーリーで、作画や構図も当時のアニメとは一線を画すものです。
キャラデザインや、空中戦の描写などは、その後のジブリ作品に通じるもので、当時は異彩を放っていたというのも納得。
第2シリーズの中では、宮崎駿が手がけたこの第145回と最終回(155回)だけが登場人物から背景のデザインまで全く雰囲気が違っていて、今思えば「カリオストロの城」の試作版のような感じです。
裏話では「あまりに雰囲気が違いすぎる」という理由でボツになりかけたとのことです。


20140808-25.jpg



さすがヒロミ・ゴー
2019年05月24日 (金) 22:22 | 編集
 
昨日の木曜日は、第62回春季日本歯周病学会学術大会に先立って行われる各種委員会というのに出席するため臨時休診とさせていただきました。
で、本日より第62回春季日本歯周病学会学術大会が開催されるわけですが、おいらは断腸の思いで学術大会初日を欠席いたしました、、、というのも、4月から新しい2名の歯科医師が勤務してくれているものの、まだ習熟期間ということで、1日の患者さんの数を抑制していることに加えて、大型連休のせいもあって今月はとにかく診療日が不足傾向にあり、さすがに木金土日の4連休というのは、どう考えてもツライわけでして。。。
そんなわけで、本日金曜日は通常診療とさせていただきました。
明日の土曜日は学会出席させていただくため、休診とさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、ここでちょっと音楽ネタを、、、
昭和歌謡というのは、おいらの少年ゴコロに深く刻み込まれているわけでして、、、今の流行歌(古っ)よりもメロディーがシンプルで覚えやすい反面、編曲(演奏)がチープで洋楽との差は歴然!であったわけです。
特にアイドル歌謡は、マジで演奏がチープ、、、しかし、そんな中にもキラリと光る編曲というのがありました。
個人的イチオシは、郷ひろみさんの「マイ・レディー」であります。





イントロ〜導入部のフラメンコ風ギターが秀逸なのはもちろん、前半部のカッティングの心地良さ。そして中盤のメリハリの効いたホーンセクション。サビ〜終盤のストリングス。なんと素晴らしいバランスでありましょうや。
そして歌唱はサスガのヒロミ・ゴーでありますwww


235EF942565EF8E331.jpeg



雑誌のお話
2019年05月21日 (火) 22:13 | 編集
 
当院には「日本歯科医師会雑誌」という雑誌が月に1度郵送されてきます。
この雑誌、日本歯科医師会に属していれば、もれなく送付されるのですが、いったいどれだけ読まれているんでしょうね。
端から端まで熟読する人、全く読まずに破棄する人、様々だと思うのですが、おいらはチョロっとだけ読むことが多いです。
ちなみに今月の5月号は、個人的にはとても良い内容だったと思うものです。

まずは4ページからの連載シリーズ、この連載シリーズは歯科界とは関係ない人たちが執筆を担当することが多く、しかも執筆者の皆さん文才豊かなので、非常に読み応えがある場合が多いのです。
現在は長崎大学熱帯医学研究所の山本先生による「感染症と人間」といシリーズが連載中で、今月は第2回目の「抗生物質の発見」というテーマでした。
非常にわかりやすい文章で見開き2ページにまとまっており、抗生物質の基礎知識の整理にもってこい!な内容です。

そして6ページからは阪大の天野先生による「バイオフィルムを管理する予防歯科」ですが、天野先生は講演でも非常に解りやすくお話しなさるので、文章も非常に解りやすいのは当然っちゃ当然なのですが、、、これは学生をはじめ、いろいろな人に読んでもらいたいですね。
特に歯科保健行政に携わっている人、保健所の人達とか、、、ね。

ところで雑誌を初めて手に取るのって、多くの場合、小学生の時ですよね。


o0559080010147694458.jpg


いわゆる少年誌というやつでして、表紙にはその時代の少年たち憧れの人気者が、、、


2017080507201950c.jpg


今から75年前の表紙は戦闘機のパイロットだったわけで、、、ウチのセガレと同じ年頃の若者たちが、憧れの職業につき、国を背をって出撃していったのかと思うとね。。。



オザケンのツイート
2019年05月20日 (月) 22:16 | 編集
 
天気予報では「夜遅くから雨が強く降る」とのことでしたが、実際は仕事終わりの19時には本降りに、、、その後も藤沢市南部からは雨雲の帯が途切れることなく、時折激しく降り続き、、、大きめの傘をさしても激しい降雨で道路から跳ね返った雨で下半身がバッチリ濡れて、、、21時過ぎに帰宅したところで雨がやんできましたwww

さて、、、小沢健二(オザケン)という人、代表曲以外はあまりよく知らないというか、別にファンというわけじゃないし、、、でも才能豊かな人なんだろうなぁ、、、くらいには思っていました。
そんな折、彼の最近開設されたツイッターでの「つぶやき」が上手でオシャレということで取り上げられていたので、何気なくそのツイートを読んでみたんですけど、、、あぁなるほど〜、これは感性というか目の付け所というか、、、否が応でも「凡人じゃぁない」というのが解ります。
あと、なんといっても、短い文章でサラッとまとめるところは本当にスゴイ、、、おいらどうしても長文をダラダラ書いちゃう系なもんで、軽く短く仕上げられる人ってマジ尊敬するんですよねぇ。。。

てなわけで、以下にその「つぶやき」を転載します。

『中学生諸君、社会の試験で「日本の主食はお米、アメリカの主食は?」とあったら、答えは「パンは副食(side)で、チキンやパスタ等、その日のメイン料理が主食。パンは補助的な存在で、設問はむしろ日本の食事観と集団的思いこみを表してますね、先生」と書くのをこらえて「パン」と書こう。』
 
『英語にも、直接的でない表現があります。例えば”asking for a friend”「友達のために聞いてます」。これは大概、友達のためではありません。例えば「レゴが尻の穴に入った場合、どうしたら取れますか? 友達のために聞いてます」なら、レゴが入っているのはその人。助けを呼んでいます。』
 
『富裕国の中で、日本人は驚異的に体重が軽いのです。例えば米国人の平均体重は、日本人より23kg重い。23kg!で、日本社会は軽い体用にデザインされていて、五輪へインフラ強化というけれど、国民を挙げて早急に「イス強化」を進めないと、2020年に日本中でイスが壊れます。絶対に。』
 
『外国人は、結構日本語喋りたいもの。問題は、僕ら日本人は外国人を見ると英語と身構えて”Hello”モードに突入、相手は練習した日本語を使えない。2020年へ「英語を話す」練習も良いけど、「日本語を聞く」練習も大切。英語だと思って聞いてたのが、実は日本語だったりしますから。「踏まないで」とか。』
 
『「日本人には建前と本音があり、アメリカ人ははっきりと本音を言う」なんて通説、どうか信じないで。建前は地球人全員にあって、日本人は建前を小声で言い、アメリカ人は建前を大声ではっきりと言う(人権のため、平和のため、とか)。むしろ、人は大声なほど、本音じゃないのかも。笑』
 
『雨の東京、金曜の朝。運転していると、後部座席の長男5歳が言う。「ワイパー大変だね」「えっ、何で?」と僕。「やってもやっても雨が」
あー、やってもやっても。次々と。元もどっちゃう。子どもも思うんですね。「あ、あれだ。大変なやつだ」って。』
 
『日本の歩道橋等に書いてある、標語なのか、川柳なのか、あれ、好きです。すてきです。そこで、一つ。「忘れるな、他人の普通は、超異常」』
 
『上がフラットな屋根の



から、雪が降っても大丈夫そうな屋根の



へ。元号一覧、天、とか、正、とか、雪がっつり受けちゃう屋根が多い中、令、の屋根は、山小屋のよう。おお、



、屋根裏もあるぞ、令のとこ!「ノ木」は実りの木。その右、口を入り、二階へ。』



CmuktJAVUAETtw7.jpg



左脳派は右脳派を許せない?
2019年05月17日 (金) 22:18 | 編集

先日、敬愛する先輩のブログで取り上げられていて、妙に気になっていたのが「このスニーカーの色は?」という写真付きの話題です。
なんでも、布地がピンクで紐が白に見える人は右脳が優位で、感性、クリエイティブに強い人だそうで、、、ほんでもって布地がグレーで緑の紐に見える人は左脳が優位で、ロジック、数学、分析の人なんだそうです。


D52cIL0UUAA5teD.jpg


右脳派は、イメージ、混沌、創造性、幻想、直感、好奇心など、、、芸術家肌ってとこですか?。
左脳派は、ルール、言語、戦略、理性、論理、詳細など、、、政治家や経営者向きなんですかね。

ちなみに、おいらは「布地がグレーで緑の紐」でした。布地はピンクっぽく見えなくもないですが、紐はミントグリーンにしか見えません、
他のテストでも大体「おいらの左脳と右脳の比率は2:1」になりますし、なるほど〜って感じです。

なお、嫁さんはおいらと同じで「布地がグレーで緑の紐」でした。
当院の4名のスタッフは2対2でした。
昨日の障害者歯科当番でも9人の人に見てもらったところ、6人が「布地がグレーで緑の紐」、3人が「布地がピンクで紐が白」でした。
面白いのは、「布地がグレーで緑の紐」の人の前で、右脳派の人がしれっと「布地がピンクで紐が白」と答えると、「え?マジ???おかしいんじゃないの?」って感じで「奇異なものを見る目」になるのです。逆のパターンだとそれほどの反応にはならないんですけどね。
やはり左脳派の人って、混沌を嫌い「ひとつの方向性に決めつけたがる」のかもしれません。

さて、今夜もまた我が家は昨日買ったシラスです。


IMG_8309_20190518072340d3f.jpg


釜揚げシラスは日持ちするのが嬉しいですね(とは言っても3日ですけど)。
旬のものは美味しいってことで、酒も進みます、はい。



名言〜半額続々
2019年05月14日 (火) 22:20 | 編集
 
先週の土曜日の本欄で、「嘘か本当かなんて分からないまま生活していても別に構わないことであれば、無理に知る必要もないし、実は知らないままの方が居心地良かったりする」などということを書かかせていただいたわけですけど、それに関連することを、、、

今や完全に国民的アニメとなった「ルパン三世」ですが、その中での名言といえば、やはり皆様が真っ先に思い浮かべるのは「カリオストロの城」で銭形警部が言った「奴はとんでもないものを盗んでいきました あなたの心です」ではないでしょうか。
しかしここで敢えて、おいらが個人的に好きなのは、ちょっとブラックなこれ↓


CVP_uVfU4AAwVdA.jpg


「次元だって五右ェ門だって、、、銭形だってオレの本当の顔を知らねェのさ、、、」
国民的アニメとしては「知らないままが居心地良い」ですよね、きっとww

さて、今日は朝から大雨だったもんで、クルマでの通勤と相成りました。
そんなわけで、帰宅時には「ヤオコー」に寄りましてね、、、「雨の日は大漁」の法則通り、あるわあるわ半額見切り品が続々と。


IMG_8288_20190515065537b1c.jpg


まぁ考えることは大体同じ人達が店内には沢山いるわけで、中には「どう見ても家庭用じゃないだろ」っていう買い方の人もww



分からないままの方が居心地良し
2019年05月11日 (土) 22:19 | 編集
 
仕事終わりで帰宅すると、今日は仕事が休みだった嫁さんから「早い!」と驚かれました。
そうなんです、当院は土曜日の最終予約時間が16時半でして、診療終了後の残務整理を可及的少なく抑えたため、19時過ぎに帰宅できたということなんですね。
そんなわけで、気分良く、先日のGWに浜松で買った「うなぎボ〜ン」をアテにビールをいただいたのでありました。


IMG_8277.jpg


そして晩酌をしながら録画してあった「エイプリルフールズ」という映画を観ました。
これがかなり面白い映画でして、嘘か本当かなんて分からないまま生活していても別に構わないことであれば、無理に知る必要もないし、実は分からないままの方が居心地良かったりする、、、んだよな〜。な〜んて、ほろ酔い加減で思ったのでありました。
夜風が心地良い、いい夜でありますた。



Powered by . / Template by sukechan.