FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
これで事実上のカーズ消滅
2019年09月17日 (火) 22:21 | 編集
 
昨日、「米国のロックバンド『カーズ』のボーカル兼ギターのリック・オケイセックが15日、ニューヨーク・マンハッタンの自宅で遺体となって発見された」というニュースを知って、「あ〜、カーズがほぼ消えた」と思いました。
2000年にベース兼ボーカルのベンジャミン・オールが亡くなっていますから、、、これでボーカルを担当した2人がいなくなってしまったというね。

個人的にカーズは非常に好きなバンドでして、80年代に彼らの音楽と出会ってから、今日に至るまでずっと聴き続けてきました。
当院の患者さんの中には「そういえば診療室でかかっている曲はカーズの割合が高いな〜」と思っていた人は多いかもしれませんね。


20190916-00000179-spnannex-000-9-view.jpg


個人的に1番好きな曲は、非常に迷うのですが『BYE BYE LOVE』でしょうか、、、カーズの曲はキーボードのフレーズが非常に効果的に使われる印象が強いのですが、この曲もまさにそれに該当します。





そして、彼らのビルボードチャートでの最大のヒットは『ドライブ』なんですけど、80年代の日本の洋楽ファンの印象に残ってるのは『ユー・マイト・シンク』じゃないかと思います。
『ユー・マイト・シンク』は、当時の人気番組「ベストヒットUSA」で曲とともに流れるPVが非常に印象的でした。





『ユー・マイト・シンク』は、MTVミュージックアワードの第1回受賞曲なんですけど、なんてったってあのマイケル・ジャクソンの『スリラー』を抑えての受賞ですからね、その偉業としての凄さを思い知るというものです。



スポンサーサイト



関東信越ドキッ
2019年09月13日 (金) 22:20 | 編集
 
業界ネタでスミマセン。。。 

若かりし頃、向こうからパトカーが来ると、別に悪いことをしていないのに、何故かドキッとしたものです。
どうしてでしょう?

やはり「警察は怖いもの」という刷り込みでもあったのでしょうかね。
たしかに当時、免許証の更新で地元の警察署に行った時に対応してくださる婦警さんの怖かったこと、、、現在の婦警さんて、皆さん優しくて可愛いですから、本当に隔世の感があります。
昭和の時代、交通検問をする警察官の人たちや、交通機動隊(特に白バイ)の人たちって、「若い運転者=悪いことする」っていう前提で動いていたもんね、絶対。

おっさんになった今では、向こうからパトカーが来ても別に何とも思わなくなりました。
しかし今では、写真のような封書が郵送されて来ると、別に悪いことをしていないのに、何故かドキッとします。


IMG_8814.jpg


これって「歯医者あるある」だと思うんですけど、ここで素朴な疑問、、、医師の方々もこの封書にドキッとするんでしょうか???






見た目ぐちゃぐちゃだけど美味しい系
2019年09月02日 (月) 22:20 | 編集
 
一昨日の蒲田で食した韓国料理の中で、写真を載せるのを忘れた見た目はそれほど良くない2品を御紹介。
一つ目はマッコリ、、、1リットルの小さな甕に入ったマッコリ&クラッシュアイスで飲み口スッキリ、いくら飲んでも酔わないような錯覚に陥ります。
子供が飲んでも大丈夫なんじゃないかな、、、ダメですけど。


IMG_3714_20190903082229ab1.jpg


二つ目はケランチム、、、ケランとは鶏卵、チムとは蒸すこと、要するに韓国風茶碗蒸しですね。
日本の茶碗蒸しがフラットな上面であるのに対し、韓国のそれは爆発&増殖系であります。


IMG_3723_20190903082231371.jpg


肝心の味の方は、はい、とっても美味しいです。
味付けの面で日本の茶碗蒸しと通じるところは大いにあるんですけど、日本の方がより出汁が効いて凛とした感じでしょうか。
どちらか一つだけ選べと言われれば、日本の茶碗蒸しになるんでしょうけど、ケランチムを選ぶ日本人がいても別に不思議じゃないかな〜。



夏休み終盤のお祭り
2019年08月27日 (火) 22:19 | 編集
 
夏休みの終盤といえば、夏祭り、、、藤沢市の片瀬地区では諏訪神社の祭礼があると夏休みが終わるイメージです。
夏休みは終わってもまだまだ残暑は続いたりするのですが、子供にとって「学校が始まる」ということは、秋の気配云々とは関係なく、否応無しに気分がリセットされてしまうのです。

そして、夏休みの終盤といえば「24時間テレビ」ですよ。8月の最終土日に放映されるこの番組、障害者歯科診療に携わっている身としては「何とも複雑な気持ち」で受け止めざるを得ない番組です。
何故に複雑な気持ちか、、、これは以前にも書いたことがあるので今日は詳しくは触れませんけど、そもそも健常者と障害者との線引きってどこなの?って話で、ハッキリした境界線なんてありませんもの。

よく言われる話で、24時間テレビはチャリティーのはずなのに、出演者はギャラがもらえて、東京五輪は商業的要素が非常に強いはずなのに、ボランティアはタダ働き、、、不思議な話ですよね。
まぁ24時間テレビに出演しているタレントさん、ある意味で非常に大変な仕事でして、、、だって、ワイプで抜かれた時のリアクション、つまらなそうな顔はご法度でしょうし、どんなに眠くてもアクビなんて絶対に絶対にできないし、非常に気を使うでしょ。

それでも、日本テレビ放送網によるこの夏のお祭り的な全国放送によって、福祉の仕事に興味を持った人、ボランティアとして障害者の支援に乗り出す人もいただろうし、今の社会が障害を持つ人にとっては、まだまだ生活しづらい部分があることを周知することによって、ノーマライゼーションに向けての変化を促進するかもしれません。
そういう意味では「継続は力なり」じゃないけど、功績もあるとは思いますね、、、問題は多い番組だけど。


barrivar0823.jpg



あなたを・もっと・知りたくて
2019年08月23日 (金) 22:20 | 編集
 
仕事終わりで市役所からの宿題の束と格闘しようかと思っていたら、何やら遠くから花火の音が、、、インターネットで調べたら、平塚の花火大会だったんですね、、、21時頃に帰宅の途に浮いたんですけど、東り町で山車と遭遇、、、あ〜夏が終盤に突入していくことを実感するの巻。


IMG_3654_20190824083848f2e.jpg


さて、話は変わるんですけど、女優の薬師丸ひろ子さん、、、今やベテラン名女優の座を確立しておられますが、我々が高校〜大学の頃の彼女といったら、それはもう人気が凄くてですね、おいらの周りにも熱狂的なファンがおりましたが、いやぁ本当に熱狂的でしたもの。

今やケータイ電話が当たり前の時代ですが、当時はコードレス電話が発売され始めて黒電話がようやく過去のものとなりつつあった頃ですよ。
民営化によって発足したばかりのNTTが「あなたを・もっと・知りたくて」という曲を使ってキャンペーンを繰り広げておりました。





いや〜、今こうやって動画を見ると彼女、可愛いですよね。
なるほど、当時熱狂的なファンが多かったのも納得です。
歌も上手なんですが、曲中のセリフ「もしもし、私、誰だかわかる?」「まだ切らないで」は、さすが女優さんと思わせるものです。


93u0t0rgjr0g3.jpeg


ケータイなら誰だか余裕でわかっちゃいますものね、良い時代だったのかもしれません。



歩く男という傑作
2019年08月16日 (金) 22:19 | 編集
 
朝から所用のためクルマで三浦半島方面へお出かけしました。
13日の朝に国道134号線の稲村ヶ崎付近の歩道が台風10号の波で破壊されてしまって、現在も緊急工事が行われている関係で、片側交互通行なんですわ。
そんなわけで、渋滞を回避しながらなんとか行ってまいりました。
いや〜台風の中心から思いっきり離れているってのに、、、10号おそるべし。

さて話は変わって、、、
おいらが少年期から青年期にかけての家電業界ですけど、SONYという会社って「なんてカッコいいんだ」と思っていました。
なんかね、他のメーカーとデザインセンスが違うんですよ。
ほんと、性能の良し悪しじゃなく、なんかこう引き寄せられるものがあるというか。。。

そんな中、やはり頭ひとつ抜けてたというか、独壇場だった分野の代表格がヘッドホンステレオ:ウォークマンではないでしょうか。
1979年、おいらが14歳の時に出た初号機は、空前の大ヒット、、、そりゃもうスゴイの一言でして、なんせ今までになかったジャンルを創り出しちゃったわけですから。
ちなみに、おいらの小遣いではとても買えませんでしたけど、父親がコソッと持っておりましてね、、、チョロっと聴かせてはくれたけど、貸してはくれなかったなぁ。。。


1TPS-L2-720x640.jpg


この空前の大ヒットを受けて、当然のように他メーカーも翌年から「二匹目のドジョウ」を狙うわけですけど、、、いかんせんデザインが古臭い、、、まぁこれは仕方がないですね。それほどまでに当時のソニーのデザインセンスは頭抜けていたんです。


picture_012.jpg


そしてその翌年、ウォークマンの初号機から2年、2代目のウォークマンが発売されるんですけど、これがまたビックリ!、、、超小型化されていて、他メーカの製品とはカッコ良さがほんとに頭ひとつ、いや、ふたつ抜けている感じです。


2WM-2-720x564.jpg


そしてさらに2年後、初号機から4年後の1983年、3代目のウォークマンが発売されるわけですけど、その衝撃たるや、、、なんと、カセットケースサイズですよ。


4WM-20-720x451.jpg


この3代目、もう欲しくて欲しくて、、、おいら18歳でしたからバイト代などもあったので買うことができました。
もうね、ただただ凄いデザインで、このカセットケースサイズのどこにモーターが付いているの?って感じですよね。まさに当時の日本の工業力の結晶ですわ。
しかもこれ、単3電池1本で稼働するわけですけど、単3電池を装着できるスペースなんてないじゃないですか。
しかしこれがですね、再生時に外箱と内箱をスライドさせるという「超絶ギミック」によって電池を装着するスペースが生まれるというね、、、要するに再生時はカセットケースサイズじゃなくなるわけですけど、そんなの関係ないですね。当時のソニーのデザイナーの脳味噌って本当に凄かったんです。

ここにきて、4代目以降のウォークマンはもう頭抜けているとかでなく、完全なる独壇場の商品展開となります。
他メーカーの製品も、一応、例えばアイワのカセットボーイとか、あるにはあったんですけど、、、当時のソニーの業界シェアってどのくらいだったんでしょうね。


picture_003.jpg


当時の繁栄ぶりを知っている者としては、まさかその20年後に、アメリカのパソコンメーカーに取って代わられるなんて、、、この究極のカセットケースサイズよりも小さなボディに1000倍の曲数が入るようになるなんて、夢にも思わなかったのでありました。



アベノミクスは失敗?
2019年08月15日 (木) 22:18 | 編集
 
本日の木曜日もまた「何も予定のない1日」でした。
なんとこれで2日連続の「予定がない日」を過ごしたことになりまして、チョロっと買い物したり、ちょろっと草むしりしただけの、この生産性の無い2日間、、、これは本当に久しぶりで、体調を崩して寝込んだりした日を除外したら、おそらく18年前に開業して以来、初めてかもしれません。
何も予定がないと、ついつい心配になっちゃう、、、そんな貧乏性のおいらですが、この生産性のなさもたまには良いのではないかと思うものです。

さて話は変わって、、、
よくマスコミが「景気は良いというが、国民の実感とはかけ離れている」とか言うものですから、野党議員が「アベノミクスは完全に失敗だ!」とアピールしていますよね。
厚労省の「国民生活基礎調査」によると、現在の暮らしの状況をどう感じているか?、についての回答は、昨年の調査では「大変苦しい」と「やや苦しい」を合わせると半数より少し上、「普通」が約4割、「ややゆとりがある」と「大変ゆとりがある」を合わせて約5%です。
なるほど、国民の半数以上が「苦しい」と答えていて、「ゆとりがある」のは1割に満たないのだから、景気が良いと言うのは嘘だ、アベノミクスは失敗している、という論法は解らなくもないです。
しかし、単年の調査結果だけでなく、過去からの推移も見て、初めて結論が出せると思うのですが、その辺はマスコミも野党もスルーなんですよね。


img_8892852789ed1f3519fd638cc36ebbf2242291.jpg


そもそも、「普通」「やや苦しい」「大変苦しい」「ややゆとりがある」「大変ゆとりがある」、この順位は過去に1度たりとも逆転したことのない「不動の順位」なんですね。
そして「やや苦しい」は常に約3割、バブルの真っ盛りでも約3割です。
バブル期でも「大変苦しい」と「やや苦しい」を合わせると約4割、あのバブルの頃でも国民の4割が「苦しい」と答えているんですよ。
ちなみにバブル期ですら、「ややゆとりがある」と「大変ゆとりがある」を合わせて1割を超えることはないのです。

このグラフを見れば「アベノミクスは失敗だ!」というのは嘘、ということが解ります。
ただし、その前のバブル崩壊後の「失われた20年」というのが本当に凄すぎて、アベノミクスは今のままでは「ささやかな抵抗」でしかないのも事実。
「失われた20年」は歴史に残りますが、このままだとアベノミクスは残らないんだろうな〜、、、と思うものです。



きっかけは「んがふふ」?
2019年08月14日 (水) 22:14 | 編集
 
今日は本当に久しぶりに「な〜んの予定もない休診日」でした。
何も予定がない=何をしよう、となるわけですが、今日はまず、午前中に軽くランニングをしました。
屋外に出るなり異様な湿気に面食らうわけですが、それでも走り出しまして、、、しかし風がほとんど吹いていないので、簡単に汗だくになりまして、湿度が高いせいで汗の乾きが殆ど無いんですよ。
こりゃヤバイな、熱中症に気をつけなきゃ、、、と思っていたら、雲行きが怪しくなってきて風が吹き始めました。
あ〜涼しい、と思ったのもつかの間、大粒の雨がポツポツ、、、そしたら一気に土砂降りのスコールですよ。
おかげでズブ濡れになりましたが、その前から汗グッショリでしたから、全く問題なし、むしろ天然のシャワーを浴びたおかげで、間違いなく体温も正常に戻り、スコール自体も数分で終了し、また晴れてまいりました。

午後は何もしないでダラダラしました。
こういう全く生産性のない時間って、たまに必要ですよね。
夕方からは診療室に行って、溜まった郵便物とFAXと留守電とメールのチェックに勤しみました。
あ〜貧乏性だなぁ、と思うものの、溜まり過ぎるのは嫌なので、、、しかしながら、さすがにお盆期間中ですね。FAXと留守電は少なめでした。

さて、最近の気になったニュースですが、、、子供達に大人気のアニメ「アンパンマン」は、主人公のアンパンマンが、悪さをするバイキンマンを「アンパンチ」でやっつけますが、この場面を見た乳幼児が「暴力的になる」と心配する親の声がネット上で見られるのだとか。
アンパンチでバイキンマンをやっつけて、「めでたしめでたし」とする話の流れが、「暴力で物事を解決すること」を良しとする考えを植え付けやしないか、ということなんですな。

それに対する専門家の意見として、創価大学の某教授先生は「アンパンマンを好きであれば好きであるほど、主人公を自己同一視しやすく、影響を受けやすいでしょう。アンパンマンに限らず、たたいたり殴ったりするキャラクターのまねをする可能性はあります。そうしたシーンから、『暴力が問題解決のための有効な手段』だと学習してしまう可能性もあります。」とおっしゃっておりました。

個人的には「バカ言ってんじゃないよ」と思うわけでして、おいらの子供の頃も十分に暴力的でして、ライダーキックやライダーパンチを友達に繰り出しましたよ。
調子に乗りすぎて喧嘩になったこともありました。
どんな動物でも子供の時は遊びで喧嘩をしますよね。腕力が弱い子供の時に喧嘩をしておくのってとても大切で、それで体感的に手加減することを覚えるわけで、子供の時に一切喧嘩をしなかった奴の方が、大人になった時に危ない奴になると思うんだけどなぁ。。。

そもそも「アンパンマンを見せない」ではなく、「暴力を問題解決の手段にしない」ことを大人がちゃんと教えることが大切でしょう、、、、と、ここまで書いて気づいたのですが、「アンパンマンは暴力的だ」と思っちゃっている親の再教育が一番必要ですな。


4332f2e0.jpg


しかし、いつから日本はこの手のノイジーマイノリティーによるクレーム社会になっちゃったんでしょうね。
個人的には、そのきっかけというか、エポックメイキングな出来事だったのは、「サザエさん」のエンディングで「さ〜て来週のサザエさんは、、、」と言う次回予告の、サザエさんがお菓子を上に投げてそれを直接口でキャッチして飲み込む時に「んがふふ」と言うシーンが、「子供が真似をすると喉に詰まらせて危ない」と言う理由で、現行のジャンケンポンに切り替えられた一件ではないかと思うのです。


CmksJ7aVMAAIZop.jpg


1969年の10月に放送開始した「サザエさん」ですが、今年で50周年でありまして、この切り替えは1991年の10月に行われたそうなので、既にジャンケンに切り替わってからの方が長いんですね。


hreoveggeu.jpg


この頃にはインターネットもまだありませんでしたから、おそらく誰かが「子供が真似をするから危ない」って、クレームの電話を入れたんですかね。
この頃から徐々に放送局が視聴者の顔色を気にするようになり、「自主規制」をするようになっていったのは間違いのないところです。
で、放送局や大手企業はひたすら謝るだけで反撃してこないので、社会全体でクレーマーが増殖していった、、、と。
平成は「クレーマー増殖の時代」だったのかもしれませんね。



まちぶせ
2019年08月09日 (金) 22:19 | 編集
 
連日暑い日が続いていておりますが、梅雨明けしてからまだ2週間にも満たないわけでして、まだ夏は始まったばかりでありますよ、、、と思ったら昨日の8月8日は立秋でして、暦の上ではもう秋なんですね。
 
さて、そんな暑い近頃と全く関係ない話題で恐縮です。
今やストーカーは社会問題となって久しいわけですが、昔からストーカー行為というのは存在しておりました。
しかし、特に世の中で問題になることもなく、特に若い女の子がストーキングをしても、それは「けなげさ」や「いじらしさ」の表現の一つのように捉えられていたように記憶しております。

そんな中、おいらが高校入学をしてすぐの1981年の4月、石川ひとみさんの11枚目シングルとしてリリースされたのがこの「まちぶせ」です。





発売後2ヶ月ほど経ってからジワジワとヒットチャートを上昇、8月にトップ10入りを果たしました。
その後も3ヶ月以上に渡るランクインを続け、アイドルとしては異例のロングランヒットとなった名曲です。

いや〜動画を見ても彼女は本当に可愛いですものね、しかも歌も上手、、、1978年5月にデビューしたもののヒット曲に恵まれず、しかしこの「まちぶせ」をカバーすることで彼女の歌手人生が大きく変わったわけですね。
ちなみに、この「まちぶせ」は三木聖子のデビューシングルとして1976年6月に発売されています。カバーする5年前ということになりますね。

さて、そのストーカーチックな歌詞でありますが、作詞は荒井由実、ユーミンでありますよ。

夕暮れの街角 のぞいた喫茶店
微笑み見つめ合う 見覚えある二人
あの子が急になぜか きれいになったのは
あなたとこんなふうに 会ってるからなのね


自分が好きな異性と誰かが親密にしていたら、若かりし頃は、そりゃやきもきしますわな。
しかもわりと身近な子が、となればなおさらです。

好きだったのよあなた 胸の奥でずっと
もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる


ここで彼女の闘志に火がつくわけですね。

気のないそぶりして 仲間に加わった
テーブルをはさんで あなたを熱く見た


早速ストーキング開始、まずは軽くジャブを、、、という感じでしょうか。

あの子がふられたと 噂にきいたけど
わたしは自分から 言い寄ったりしない
別の人がくれた ラブレター見せたり
偶然をよそおい 帰り道で待つわ


偶然をよそおい帰り道で待つ、まさに曲のタイトルの「まちぶせ」でありますが、おいら的に注目なのは「別の人がくれた ラブレター見せたり」の部分でして、これって、「〇〇くんから手紙もらっちゃったんだけど、、どうしたらいいかな?」とかワザとらしく言っちゃたりするわけですか?。
そもそもなんだかんだでアンタ自身も結構モテてるじゃん、みたいな、、、当時こういうことを相談してきた女子って、もしかしておいらのこと好きだったの???、、、頭が混乱してきました。

好きだったのよあなた 胸の奥でずっと
もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる
好きだったのよあなた 胸の奥でずっと
もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる
あなたをふりむかせる


で、最後に呪いの念仏のように(ちがうかww)、あなたをふりむかせるの連呼ですよ。
ユーミンって稀代の作詞家だと思うのですが、この「まちぶせ」もやはり、当時の若い女性だった方々の共感を呼ぶのでしょうか、、、どうなんでしょ?。

いや〜夏らしくない話題ですみませんでした。
最後はサワヤカに、石川ひとみさんの清涼飲料水の広告写真をどうぞ。


erhoerh0v.jpg


お後がよろしいようで。。。



あえて重荷を背負うのもまた人生
2019年07月27日 (土) 22:22 | 編集
 
土曜日なのですが、週末の予定もこれといってなく、穏やかな夜を迎えております。
そんなわけで、ブログに記述する話題も特にないのですが、こういう時は少年期の思い出なんかを書いたりするわけです。
やはり少年期男子の必須アイテムといえば、チャリですよね。
こと、昭和40年生まれの我々あたりだと、小学校の3〜4年あたりに、フラッシャーっていうんですかね、いわゆる方向指示器ですね、これがついた自転車に憧れたわけでして、、、


f2a3cfeed428da889fada15e89c601ec.jpg


今思えば、チャリなんてものは軽ければ軽いほど良いわけですけど、なのにこんな重い電装品をわざわざ積載していたわけで、、、


c9d42113-s.jpg


なんせ単1電池がなんと10本も入っておりまして、もうそれだけで大荷物でありますよ。
まぁ小学生の男子などというものは、概して熱し易く冷め易い典型でして、ほどなくして、この重さに耐えきれなくなるのは自明の理。
電池の寿命とともに抜き取って走るようになり、あ〜軽い、などとほざいてみたり。
成れの果てはフラッシャー自体を取り外すに至るというね。


b532c352d69f3f179b96a0a8b5a48489.jpg


中学生になる頃には、スポーツタイプのロードマンなどを購入するにあたり、その車重の軽さに感動をすることになるのです。



Powered by . / Template by sukechan.