incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
口利きは悪?
2017年03月24日 (金) 22:17 | 編集
 
森友学園の問題で、TVを見ていて気になるのは、ワイドショーやニュースの、特にワイドショーのコメンテーターの中に「政治家が口利きするのは悪いこと」と思い込んでいる人が一定数いるということです。
いやいや、そもそも「口利き」は政治家の「仕事」ですから。

日本国民で政治家の口利きの恩恵に一切浴していない人なんて、ごく一部なんじゃないでしょうか。
「いや、自分はサラリーマンだし口利きの恩恵なんて一切ないよ」という人でも、その人が就いている職業の業界トップは必ず政治家との接点があって、業界全体として相応の恩恵を受けているはずです。

行政に関わる役人さんっていうのは前例踏襲が大原則で、とにかく現状を変えたがらない人が多いんです。
要するに自分が前例や特例を作るのを非常に嫌がる(つーか、そもそも作れないような組織構造になっている?)わけですね。
でも、決して仕事をサボっているわけではありません。そんな役人さん達でも上からの通達には迅速に反応するんです。
要するに県からの指示があれば市や町は直ぐに対応するわけですね。
もちろん国からならば尚更です。

そんな「動けない行政」を何とか動かすには、議員さんにお願いして働きかけてもらう、要するに口を利いてもらう必要があります。
だから日々全国津々浦々で「陳情」が行われているわけですよ。
市議さんよりも県議さん、さらには国会議員の方が、そして野党よりも与党の議員さんの方が口利きのインパクトが強いのはもちろんです。

で、陳情〜口利きの甲斐あって、自分たちの都合の良い方向に行政が動いてくれた場合、「議員の先生、ありがとうございました」ということになるわけですが、そこで謝礼金を渡すと違法になります。
あくまでも次の選挙での総力を挙げた支持を約束するに留めるわけです。

今般の問題でも、政治家の口利きがあったからって、それ自体は別に何も悪いわけではない、、、しかし、森友学園には国有地の払い下げ価格の9割引に近いという常軌を逸した値引きが大量のゴミ処理費という名目で行われている、、、そこが問題なわけですね。
さらに言えば、仮に一国会議員である総理大臣が口利きをしたって、それ自体は違法ではないわけですよ。
でもさすがに、一国の首相が一学校法人のために口利きをしたとするなら、それは影響力が大きすぎるし公平性という観点からも道義的にどうなのよ?、、、という話です。


AS20170309003875_comm.jpg



スポンサーサイト
結局は元サヤの巻
2017年03月21日 (火) 22:21 | 編集
 
イトーヨカードーの昔ながらの鳩マークが復活するそうです。
やはりこっちが落ち着きますよね。
iy.png
最近のヨーカドーといえば、屋上の看板はセブン&アイ・ホールディングスのマークになってしまって、業績も低迷していましたもの。
そもそもこれって、2005年にホリエモンがニッポン放送の株を過半数取得したことに端を発しておりまして、ニッポン放送の商法上の子会社であったフジテレビの経営権を手に入れようとしたのがきっかけです。
要するに子会社の方が親会社より利益を上げている場合、親会社を押さえてしまえば安く経営権を手に入れられるということで、当時、セブンイレブンはイトーヨーカドーの商法上の子会社だったので、同様の危機感を感じたということですね。
そこで、持ち株会社を新設してグループの再編を図ったと、、、その際にヨーカドーの看板もセブン&アイに統一しちゃったと。。。


img_4d5e205e8567547fdf3da5c365034ebb60872.jpg


で、鳥のマークつながりで業績も低迷し、、、といえばやはりJALですよ。
2004年に日本エアシステムと合併したのを機にマークを変えた時、個人的には「なんじゃ〜こりゃ」と思いましたもの。
jal_mark_6922.jpg
その後、経営が破綻して心機一転の出直をするにあたり、昔ながらの鶴丸復活になったことは皆さま御周知のとおり。

ogp_logo_jal.png

海外の空港で自国の飛行機の垂直尾翼を見たときに、目頭熱くさせるというか、心落ち着くというか、誇らしいというか、不思議と心に訴えかけてくるのは、ANAの青よりもJALの鶴丸なんですよね。


img_5.jpeg


旧JALのベタ塗り赤は海外で見ても全く心に響かなかったのは、言うまでもありますまい。


img_6.jpeg


マークって大切ですね。



ディズニーランドが空いている特異日が復活?
2017年03月17日 (金) 22:16 | 編集
 
現在と違って、おいらが「ディズニーランド大好き!」だった頃、、、まぁセガレが小さかったということもありますが、昔は事あるたびにディズニーランドに行ったものでした。
今ほどではありませんが、当時も十分すぎるくらいに混んでいたのは皆様ご周知のとおりでありまして、行列が大嫌いなおいらとしては「空いている特異日」を狙ってディズニー詣でをしたものでありました。

殺人的に混んでいる、いわゆる「壊れている日」ですと、人気アトラクションは「300分待ち!」とかになります。300分=5時間ですよ、並んで半日が終わるんです。そんな日を避けたいというのは極めて正常な心理です。
そして、どのアトラクションも待ち時間30分以内、、、やはりこれが理想ですよね。


olc0.jpg


当時、かなりの確率で空いている特異日といえば「ゴールデンウィーク最終日の午後」でした。
ディズニーランドというのは全国各地からゲストが集まってまいります。(ちなみに、この「ゲスト」という呼称が個人的にはあまり好きではありません、何故「お客さん」ではいけないのでしょう、、、まぁこれは本題から外れますので、横に置いておきます。)
特にゴールデンウィークというのは地方から来た人達の割合が高いんですね。
地方から泊まりがけで来たゲストたちは、ゴールデン最終日は日が暮れる前に撤収し、故郷に帰ってゆくのです。
お土産も買わなくてはいけないので、アトラクションは午後3時にもなれば、かなり空き空きになったものでした。
ところが、ある頃から「ゴールデンウィーク最終日の午後は空いている」の法則が徐々に怪しくなっていったのです。
そうです、中国人観光客が爆発的に増えてから、ゴールデンウィーク最終日の午後でも通常の休日並みに混むようになってしまったのです。
しかも中国の人達の率が高いと、どうしても必要以上に騒がしかったり、公共マナーが云々、、、ということにもなりますわな。。。

ちなみに中国は5月1日が労働節という祝日でありまして、この日を含んでの3連休になります。(日程は毎年変わります)
日本に来る観光客は、まさか2泊3日のはずがありません。この3連休にプラスして何日かの休暇を取って来日しているはずです。
ということは、5月1日から3日までが3連休になる年に、さらに何日か休暇を取っているとすれば、5月5日がゴールデンウィーク最終日だった場合、そりゃぁ中国人観光客が十分に残っていますんで混雑しますって。

ところがです、中国の今年の労働節がらみの3連休は4月29日〜5月1日なんですね。
しかも日本の今年のゴールデンウィーク最終日は最も遅い5月7日の日曜日です。
おお、、、まるで皆既月食かのような最高の条件が整いました。
これは久々に「ゴールデンウィーク最終日の午後」が空いている特異日として大復活する予感です。
今年のGW最終日の午後は狙い目かもしれません。

ちなみに、明日、明後日あたりはきっと「壊れている」と思います。



おかしな世の中です
2017年03月14日 (火) 22:15 | 編集
 
先月末、そして昨日と「中森明菜さんは1984年が最強!」説を語っているうちに、「嗚呼、彼女のCDが欲しい!」、、、という衝動に駆られまして、思わず購入してしまいましたwww。
「え?、あんだけ語っているくせにCD持ってなかったの?」という声も聞こえてまいりますが、そうなんですよ。
当時の貧乏学生にはCDを買う余裕などなく、レンタルCDからカセットテープに録音して聴いていたわけでして、今でも当時のカセットテープは保管されているものの、今のクルマのカーステでは再生できませんから。。。


71sSfZqAd9LX522.jpg


で、買っちゃったのは「中森明菜 ベスト 1 1982〜1985」という16曲入りでして、個人的に彼女の旬だと信じて疑わない1984年の名曲群がバッチリ収まっております。

1. スローモーション
2. 少女A
3. セカンド・ラブ
4. 1/2の神話
5. 温 ( ぬくもり )
6. トワイライト 夕暮れ便り
7. 禁区
8. 北ウイング
9. サザン・ウインド
10. 十戒 ( 1984 )
11. 飾りじゃないのよ涙は
12. BLUE BAY STORY
13. ミ・アモーレ
14. 予感
15. SAND BEIGE 砂漠へ
16. SOLITUDE

しかも2012年デジタルリマスターとのことで、当時は聴こえなかった楽器の音がたくさん聴こえて、スッゲー得した気分になりました。
これが¥1310で買えてしまうというね、、、しかもおいらはAmazonのプライム会員だもんで、朝の始業前に注文したら夜の終業時には既に届いているという、、、しかも送料無料。まったくもって、おかしな世の中ですよ。

さて、今日の動画は「サザン・ウインド」です。
この曲、流行っていた当時は間奏が好きではなかったんですねぇ。
だって、イエスの「ロンリーハート」の完全パクリですから。
当時19歳のおいらにとって「洋楽は神」でしたから。しかもこの「ロンリーハート」は、当時「なんてカッコイイ曲なんだ、、、」と心底思っていましたから。





でも、年老いた今となっては、そんなパクリも全然許せちゃいます。
今日ご紹介する「サザン・ウインド」の動画ですが、明菜さんのボーカルにエコーがほとんどかかっていないんですよ。
それでも、ここまで聴かせる歌唱力!!





当時のTVの歌番組って、演奏するバンドによってアレンジが違ったり、番組の進行状況によって曲のテンポも変わったりで、歌い手にとっては難しい環境だったでしょうけど、いや〜本当に歌が上手いですよね。



容姿も1984年が最強?
2017年03月13日 (月) 22:18 | 編集
 
今日はお昼に診療室を抜けさせていただき、横須賀の神奈川歯科大学に行ってきました。
昨日納車した軽自動車で片道約20キロのドライブでしたが、まだまだ自分のクルマという感じではなく、レンタカーを運転している気分です。
横須賀まで往復してみての感想ですけど、昔の軽自動車のイメージは完全に払拭されましたね。
ボディーの剛性とか意外や意外、しっかりしているんですもの。
あと、iPod touch の音楽がそのままカーステで聴けちゃうってのが、スゴイ〜!!
、、、と、まだ2日目ですから、感想といってもこんなもんです、はい。

さて、先月末に「中森明菜さんの歌唱は1984年が最強!」という持論を展開したおいらですけど、彼女と同い年なもんで、1984年当時は19歳、、、普通自動車運転免許取りたてです。(クルマはないけど)
当時、この年を代表するヒットソングの「北ウイング」をカーステでガンガン鳴らしながら、夜の高速道路を走るのが憧れでした。
そんなわけで、当時の中森明菜さんの曲をカセットに、、、いやいや iPod touch に詰め込んで、今度ぜひ夜の西湘バイパスあたりを走ってやろうと思います。





この「北ウイング」の動画を見るにつけて、歌が非常に上手いのは今更言を俟たないわけですが、なんと言いますか、、、まだ彼女が数々の苦難を経験する前なんでしょうねぇ、、、表情が柔らかくていいですね。
女の人達は皆さん「痩せたい!」とおっしゃいますけど、中森明菜さんは容姿に関しても1984年が最強なんです。(これもあくまで持論ですけど)


smile.jpg


それ以降は、年々痩せていってしまって観ているこちらが辛くなってしまったものでした。



とばさない広告
2017年03月06日 (月) 22:18 | 編集
 
YouTubeで動画を見る際に、よく冒頭に広告が入るじゃないですか。
まぁほとんどの場合、スキップするわけですが、たまに思わず見入ってしまう広告というのがあります。





最近、猫を使った広告は非常に増えておりますが、その中でも秀逸ですねぇ。
2分28秒と長めの広告なのですが、おいら完全に引き込まれてしまいましたww
演技が上手すぎ!、、、というか、演技をしているはずがないのですが、顔の表情とかね、まるで演技をしているかのようですね。


d23580-1-595661-6.jpg



男らしいは優しいことだと言ってくれ
2017年03月02日 (木) 23:43 | 編集
 
かまやつひろしさん(ムッシュかまやつ)が亡くなりました。


20170302s00041000468000p_view.jpg


ある年代にとっては、かまやつさんといえばスパイダーズで「フリフリ」とか「バン・バン・バン」なんでしょうけど、おいらにとってそれは懐かしの映像で見る感じなので、やはり当時のライブで感じた歌は「我が良き友よ」なんですね。
これはおいらが10歳の時の大ヒット曲なんですけど、当時何故だか小学4年生の琴線に触れてしまって、とっても好きな歌でした。
でも母親からは「こんな下品な歌は聴いちゃダメです!」と禁止令が出ましてね、、、録音したカセットテープで隠れて聴いていましたねぇ、、、なんでも「女郎屋通いを自慢する」とか「暑中見舞いが返ってきたのは秋だった」とか「女房子供に手を焼きながらも生きている」とかの歌詞が下品で不謹慎という理由らしいです。禁止令が出ると更に聴きたくなるのは世の常ですよね、はい。





その後、歳をとって、たまにこの曲を聴くと本当に良い歌詞なんですよね、、、特に大学時代の友人って、地元の友人ではなく、地方から集まった友人が多くて、今は遠くに離れて生活しているわけですけど、「俺と同じあの星見つめて何思う」とか「今も昔もこの酒注げば心地よし」とか、琴線に触れる歌詞の宝庫なんですよ。
まぁ要するにこの歌を作った吉田拓郎が当時何歳だったか?っていうのを考えると、あまりに若すぎてビックリなんですけどね、、、でも、吉田拓郎の歌唱よりもやはりかまやつさんの歌唱が心に残っているんですよね、この歌は。。。

合掌



今聴いても視てもスゴイ
2017年03月01日 (水) 22:24 | 編集
 
今日は水曜日、平日の休みを有効利用しなくては、、、ということで、午前中は軽くランニング、午後は診療室に篭ってレセ作業、夕方から横須賀に行って「スコヤカン」で汗を流し、帰りしなに「ユニオン鵠沼店」に寄って惣菜の半額見切り品を漁るという、、、月初の水曜日の典型的な過ごし方をしてしまいました。

さて、昨日は19歳の中森明菜さんの歌が上手い!、若いのに妖艶!、個人的には全盛期でしょう、、、と記したわけですが、同じく19歳で妖艶といえば、やはり山口百恵さんをおいて他にありません。
もうね、百恵さんといえば歌唱力が云々というより、なんといってもこの圧倒的な存在感ですよ。





本当に19歳とは思えない貫禄、、、でも、背中とか肩から腕のラインはとっても若々しいんです。
あと、この動画、「夜のヒットスタジオ」ですから完全生演奏&生放送ですよ。唄も演奏も照明もカメラワークも完全アナログですけど、上手いですね〜。
そして、「プレイバックpart2」といえば、当時は斬新だった曲の途中での無音状態をあえて作ったとか、前年の大ヒット曲「勝手にしやがれ」へのアンサーソングだったりとか、とにかく話題に事欠かなかったわけですが、今聴いてもやはり趣深い名曲なのであります。


o0480046313215064882.jpg



こりゃ〜売れるわ
2017年02月28日 (火) 22:21 | 編集
 
先日、飛行機に乗った時、シートのアームレストのヘッドホンジャックに手持ちのイヤホーンを差し込んでみたところ、たまたま80年代のヒット曲特集というのをやっておりまして、、、久々に中森明菜さんの曲を聞いたんですけど、いや〜、やはり上手いんですよ。
彼女、おいらと同い年ですから、1984年時点で19歳、、、素晴らしいですね。
こりゃ〜売れるわけだわ。





この頃はまだビブラートが強くないし、荒削りだけど若さあふれる感じもあって、それでいて妖艶さも兼ね備えていて、歌唱力が1曲ごとに磨きがかかってゆく感じがして、個人的には大好きな頃でした。
1984年は、禁区〜北ウイング〜サザン・ウインド〜十戒〜飾りじゃないのよ涙は〜ミ・アモーレという、まさに彼女の全盛期(あくまで個人的な好みですけど)でありました。


hqdefault_20170301141806c5a.jpg



逃げ場は必要?
2017年02月27日 (月) 22:18 | 編集
 
2020年の東京五輪に向けて、受動喫煙防止のための法案が提出されようとしています。
飲食店も含めて「公共の場」、要するに「不特定多数の人が会する場」では原則禁煙なのが望ましいことは、言うまでもありません。
しかし、あくまでも個人的な意見ではありますが、あまりに性急に理想を求めすぎるのは逆効果だと思っています。

自分が今まで所属してきた職場や組織でも経験してきたことですが、喫煙所を設けることなく全面禁煙にした場合、ほぼ全てのケースで成功しなかったというのが実情です。
禁煙外来が健康保険適応であることからもわかるように、タバコ依存症は「病気」です。
屋内を全面禁煙にすれば、必ず屋外で吸う人が現れ、敷地内を全面禁煙にすれば、必ず路上で吸う人が現れます。
路上で吸う人が増えれば近隣から苦情が発生し、結局は敷地内に喫煙所を設けたという例は枚挙に暇がありません。

医療機関や小中学校に関しては、屋内はもちろん敷地内も完全禁煙が妥当でしょう。
しかしそれ以外の施設では、煙が漏れない構造の喫煙所を設けるなどして「逃げ場所」を用意することが得策だと思います。
飲食店は、大規模店舗では全席禁煙とするものの、喫煙所を設けるのを認める一方で、喫煙所を設けることが難しい小規模店舗では、店内を禁煙とするかどうかは各店ごとの判断で良いのではないでしょうか。
ただし、禁煙の店なのか喫煙可の店なのかは、入り口の見やすい所に大きく表示することを義務付けるようにします、、、最初は喫煙可の店も多いと予想されますが、きっと徐々に禁煙店の割合が高くなってゆくと思います。

海外の先進国、特に欧州では屋内がほぼ全面禁煙ですが、その代わりに路上喫煙が社会問題になっているようです。
日本人はモラルの遵守率が高いので、ほぼ全面禁煙を基本にしつつも、一定の「逃げ場所」さえ作れば、それ以外の場所では殆ど吸わなくなる国民性だと思うので、そこを利用するのが得策ではないでしょうか。


smokefree1.gif



Powered by . / Template by sukechan.