FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
新型肺炎の話
2020年01月21日 (火) 22:12 | 編集
 
中国湖北省武漢市で集団発生している新型コロナウイルスによる肺炎をめぐって、インターネット上に投稿された「感染」を訴える書き込みが削除されたことが分かったとのことで、、、

中国版ツイッター「微博」には16日昼、「父親が9日に肺炎を発症し、母親と自分もここ3日間、発熱が続いている」との投稿があったが、この投稿は夕方には削除され、既に投稿者のアカウントも閉鎖された、、、すごいですねぇ。
SARSの時の中国の隠蔽ぶりは「さすが」と思わせるものがありましたが、今でもやはり隠蔽統制体質はバッチリ健在なんですね。

個人的にショックだったのは14名の医療従事者が感染しているということです。
間違いなくヒトからヒトへ感染しているでしょうね。
この14人という数字も、果たして本当なのかどうかが分からないのが中国クオリティ。


15d62f73.jpg


そして、もうすぐ春節ですから、世界中に感染拡大する可能性が高いです。
そして渡航先第1位は日本ということで、、、

日本政府は検疫を強化するとは言っていますが、基本的に自己申告制ですからねぇ。
わざわざ日本まで来ておいて、体調が悪いと正直に書くかなぁ?、、、 むしろ日本の病院に入院したいと思っている人もいるのでは?

とにかく我々は手洗いをこまめに行いましょう。



スポンサーサイト



ヒゲダンスもタブー?
2020年01月20日 (月) 22:18 | 編集

韓国では、韓国に駐在するハリー・ハリス米大使への批判が高まっているそうで、その原因は彼の口ひげなんだとか。
ハリス大使は日本人の母親を持つ日系米国人ですが、大使の口ひげが、1910~45年の日本植民地時代の総督を思い起こさせるとのこと。

ハリス大使は今月16日の記者会見で、「口ひげは個人の好みの問題であり、批判的な人々は、歴史から都合のよい部分だけを拾い出している」と反論。「両国間に歴史的な反感があることは理解しているものの、私は駐韓日米大使ではなく、駐韓米大使だ」と表明しています。


o94gj4589g4hg03v.png


思い起こさせるほど似ているの?、と思って歴代の朝鮮総督の写真を検索してみたのですが、たしかに歴代の朝鮮総督の多くが口ひげを生やしていました。でも全然似ていないんですね。
もっとも似ていると思しき二代目総督の長谷川好道ですら、どう見ても別人というね。。。


640px-Hasegawa_Yoshimichi.jpg


昨年、韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた際、ハリス大使は韓国政府に強く協定の延長を求めたことから、特に文在寅大統領の支持層から「高圧的」とみられていることもあり、「お前は朝鮮総督かっ」のような感じで今般の批判につながっているらしいです。

、、、まぁしょうがないですな。



やっちゃえ日産
2020年01月09日 (木) 22:18 | 編集
 
カルロス・ゴーンというブラジル出身の男、そういえば2004年に藍綬褒章を受章しているんですよね、、、今となってはお笑いぐさでしかありませんが。
ルノー、日産自動車、三菱自動車工業を統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)を務めていましたが、2018年11月に東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、2019年1月に特別背任罪で追起訴されました。
昨年12月29日にレバノンへ不法逃亡、これはつい先日のことなので、記憶に新しいところです。

日本の司法制度に問題があるかどうかといえば、そりゃ問題はあるでしょうけど、だからと言ってこの男の犯した犯罪が帳消しになるはずもなく、昨夜(1月8日)に開かれた会見での勝ち誇った表情を見るにつけ、なんだかなぁと思うものです、はい。

そんな中での関連ニュースですが、、、
レバノンにあるカルロス・ゴーン被告の「自宅」をめぐり、日産側が「所有権は日産側にある」として立ち退きを求める訴訟を起こしていたことが、弁護士の話で明らかになった。
日産側の弁護士によると、キャロル夫人が「自宅」として出入りする、ベイルート市内の住宅の所有権は、日産の関連会社にあり、現在、立ち退きを求めて係争中だという。


う〜む、笑っちゃいますよね、なんでまた日産名義の物件に逃げ込んでいるんでしょ。
もうね、「私物化してました」って自分で言ってるようなものですから。
この「自宅」こそが日産の金を使い込んでいた物証であり、まさに日産の資産を私物化している現行犯状態というね。

おいらも3年前までは日産車「キャラバン」のオーナーでしたから、おいらの払ったお金の一部がこの男の懐に入っているかと思うと、笑っちゃうけど笑えないwww


119809342156454b9d39b8b.jpg



買い取り拒否ランキングではありません
2019年12月26日 (木) 22:21 | 編集
 
当初は午後から雨模様ということでしたが、良い方向に予報が外れて助かりました。
というのも、お昼に診療室を抜けさせていただき「口腔保健センター」に行くなど、今日は多くの徒歩移動が予定されていたので、心の中に照る照る坊主を幾重にもぶら下げていたのです。

さて口腔保健センターでは、今年最後の障害者歯科診療の当番だったわけですが、やはり年末ですよねぇ、、、おいら担当の患者さんは8名の予約が入っていたのですけど、そのうちの4名がキャンセルでした。
17時過ぎに当番も終わりで我が診療室に戻ったのですけど、その際にも雨は降らず、診療室にて残務仕事をして帰宅した21時過ぎにも雨は降らず、、、本当に嬉しく思うものです。

さて、オリコン2019年間シングルCDランキングについての話題です。
いわゆる年間ヒットチャートというやつですな。
ちなみに、実質集計期間は2018年12月10日から2019年12月8日なので、厳密には2019年の年間ランキングではないのですが、まぁ細かいことはヨシとしましょう。
(以下抜粋です)

01位 AKB48「サステナブル」
02位 AKB48「ジワるDAYS」
03位 乃木坂46「Sing Out!」
04位 乃木坂46「夜明けまで強がらなくてもいい」
05位 欅坂46「黒い羊」
06位 BTS「Lights/Boy With Luv」
07位 嵐「BRAVE」
08位 日向坂46「キュン」
09位 日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」
10位 日向坂46「ドレミソラシド」
11位 米津玄師「馬と鹿」
12位 King&Prince「koi-wazurai」
13位 SKE48「FRUSTRATION」
14位 King&Prince「君を待ってる」
15位 SKE48「Stand by you」
16位 NMB48「床の間正座娘」
17位 TWICE「Breakthrough」
18位 Kis-My-Ft2「君を大好きだ」
19位 TWICE「HAPPY HAPPY」
20位 STU48「風を待つ」
21位 HKT48「意志」
22位 STU48「大好きな人」
23位 NMB48「母校へ帰れ!」
24位 関ジャニ∞ 「友よ」
25位 SEVENTEEN「Happy Ending」
(抜粋ここまで)

ちなみに、第1位のAKB48の『サステナブル』の売上は141万枚ですって。
もうね、余裕のミリオンセラーですよ、なのに知らない曲という摩訶不思議。
そもそも、知っている曲が第11位の1曲だけというね。

まあね、皆様すでにご周知のこととは思いますが、この第1位のCDには特典として、イベント参加券封入(初回限定版のみ)、生写真1種ランダム封入(通常盤のみ)、そして先着外付け特典として、AKB48グループショップオリジナル絵柄生写真1枚が付帯しているという、、、まぁそういうことであります。


pc.jpg


そんな折、ネット上にはこのランキングを分かり易く分類してくれる人が現れるわけです。
(以下転載です)

01位 秋元康
02位 秋元康
03位 秋元康
04位 秋元康
05位 秋元康
06位 韓国
07位 ジャニーズ
08位 秋元康
09位 秋元康
10位 秋元康
11位 米津玄師
12位 ジャニーズ
13位 秋元康
14位 ジャニーズ
15位 秋元康
16位 秋元康
17位 韓国
18位 ジャニーズ
19位 韓国
20位 秋元康
21位 秋元康
22位 秋元康
23位 秋元康
24位 ジャニーズ
25位 韓国
(転載ここまで)

なるほど〜、、、おいらは敢えてノーコメントといたしますが、ネット上に「BOOKOFFの買取拒否ランキングかよ」という秀逸なコメントがありましたので、これを紹介してペンを置きたいと思います。



ジングルベルを鳴らすのは 帰ってくるあなたです
2019年12月20日 (金) 22:18 | 編集
 
12月も終盤戦に突入ということで、皆様はソワソワモードでしょうか?、それともウキウキモードでしょうか?。
今年から天皇誕生日が12月23日じゃなくなったので、クリスマスのイベントを今週末に行うカポー(旧っ)やファミリーも多いことでしょう。

ところで、当院でも診療室内に流れる音楽がクリスマスバージョンになっておりますが、ジョンレノンのハッピークリスマスや、バンドエイドのドゥーゼイノウイッツクリスマスと共に、日本代表として流れるのはやはり、タツローヤマシタによるクリスマスイブですよ。

この曲、元々は今から36年前の1983年に発表された「MELODIES」というアルバムの中の1曲でした。
その後、今から31年前の1988年、深津絵理を起用したJR東海のクリスマス用CMに使われて火が着きます。
ちなみにこの時のCMのキャッチフレーズは「クリスマスエクスプレス」ではなく、「会うのがいちばん」でした。
翌年、今からちょうど30年前の1989年、JR東海は2年続けてこの曲を採用。キャッチフレーズも「クリスマスエクスプレス」となり、時代はバブルの真っ只中、牧瀬里穂を起用したCMは社会現象となり、今でも語り継がれる伝説的CMとなるのです。


picture_pc_7d73f094a762bd4fdb15037e215153a6.jpg


当然のように、曲の方も大ブレイク。オリコンチャートでも1位となり、発売から6年6ヶ月後のチャート1位獲得は当時の最長記録でした。
これを機にクリスマス曲の定番となり、「日本のシングルチャートに連続でチャートインした最多年数の曲」として2016年3月、ギネス世界記録に認定されました。





社会現象になったことを受けて数々のパロディーも作られましたが、やはり当時の勢いが半端じゃなかったフジテレビfeat.とんねるずの存在感が群を抜いておりまして、、、





今でも笑えますwww、、、というか、今じゃこんな映像撮れないし放送もできないでしょうね。



なんだかんだで「さすがアメリカ」なのかな?
2019年11月28日 (木) 22:20 | 編集

アメリカのホワイトハウスは現地時間の27日に、トランプ大統領が香港での人権と民主主義の確立を支援する「香港人権・民主主義法案」に署名したと発表し、これにより法律が成立しました。
法案はアメリカ議会の対中強硬派の議員らが提案し、上下両院で圧倒的多数(反対は1名のみ)で可決されていました。
この法律は、香港での人権抑圧に関わった中国の当局者への制裁を可能にし、香港に高度な自治を認めた一国二制度が中国政府によって損なわれていないか、アメリカ政府に検証を求める内容です。
デモに参加する香港市民が星条旗を振る姿が象徴的ですよね。
当然のように中国は激しく反発していて、米中の対立が深まることは避けられない情勢です。

それにしてもこういうところは、なんだかんだで「さすがアメリカ」なんですよね、、、日本には絶対無理、ですから。
これもまた、アメリカの強い経済力を背景にした、強大な軍事力と保有するだけで倫理に反する核兵器があってこそなわけで、それがなければ今の中国の横暴ぶりは牽制できないと言って良いでしょう。
国際社会の理想と現実と矛盾の象徴のような話ですね。


wor1911280027-p1.jpg


さて、今回の香港人権法案ですが、これは1992年の「米国-香港政策法」に定められた原則を再確認するものです。
「米国-香港政策法」とは、、、1997年に香港がイギリスから中国に返還され、香港は中国の特別行政区となりましたが(いわゆる一国二制度と呼ばれるやつです)、そのことで中国と香港との間が複雑化することが想定されたため、アメリカが間に入って香港の扱いを法律によって決めたのです(いわばアメリカのお墨付きです)。
この政策法により、各国は香港に事業を展開しており、アメリカ国民も8万人以上が移住しています。
事業を展開しているということは当然各国の資産も香港にあります。
各国がそのようにしているのは、香港が高度な自治を認められているためですが、どうもこのところ、選挙法が改定されたり、「逃亡犯条例」の改正案が出たり、デモを武力によって鎮圧するなど、香港の自治が脅かされつつあるのは周知の通り。
中国が香港をコントロールし、アメリカが香港に対して与えていた特別待遇を悪用している可能性も出てきたので、今回の香港人権法案で政策法の強化を狙っているというわけです。

連日のように報道されている香港での抗議活動、、、そもそも、香港市民全てが抗議活動を行っているわけではありませんで、抗議に対して批判的な立場の香港人も多数存在します。
そもそも返還後に中国本土から移住してきた人からしたら、抗議デモに参加している人々の気持ちなんて解るはずがありません。
香港で生まれ育った人でも、主に高齢の人達を中心に抗議活動には批判的だといいます。
抗議活動に参加しているのは若い人達が中心で、世代間格差が生じており、香港市民は決して一枚岩ではないのです。
これには解りやすい理由があって、それは2047年に「一国二制度」が終わることが決まっているからです。
2047年までには28年を残しているにもかかわらず、近年では中国による締め付けが厳しくなり、2047年を待たずに香港を事実上の支配下に置こうとしているのではないか、という不安が蔓延してきました。
穏便にしていれば人生の大半をこのまま平穏に暮らせると思っている高齢者に対し、これからが人生の本番である若者たちにとっては「このまま中国に呑み込まれて今までの自由を失う時期が早まるのではないか」と危機感を持つのは当然ですものね。

最後に香港に行ったのは、トランジットを除けばもう12年前ですが、あの頃のエネルギッシュで自由な雰囲気の香港がこれからも続いて欲しいと思うものです。



理想を語るべき人
2019年11月25日 (月) 22:18 | 編集
 
ローマ・カトリック教会の教皇として38年ぶりに日本を訪れているフランシスコ教皇が昨日(24日)、被爆地の長崎と広島を訪れてスピーチされました。
これが予想以上に踏み込んだ内容で、「核兵器を保有することも倫理に反します」と強調しました。
国際的に核軍縮が停滞する中、核兵器の使用にとどまらず持つこと自体も許されないという考えを被爆地で改めて表明し、核保有国をはじめ各国政府に具体的な行動を迫っています。


PK2019112502100006_size0.jpg


そして今日(25日)の11時、フランシスコ教皇は皇居・宮殿に到着し、天皇陛下が出迎えられました。
このあと宮殿の「竹の間」で、およそ20分間、会見が行われました。
教皇は「私が9歳の時、両親が、長崎、広島の原爆のニュースを聞き、涙を流していたことが強く心に刻まれています。長崎、広島において私は自分の気持ちを込めてメッセージを発出しました」と述べられました。


lif1911250015-p2.jpg


その後は、首相官邸で18時すぎからおよそ30分間、安倍首相と会談しました。
この中で、フランシスコ教皇は、被爆地である長崎と広島をきのう訪問したことを踏まえ、「広島と長崎に投下された原爆によってもたらされた破壊が、2度と繰り返されないよう阻止するために、必要なあらゆる仲介を推し進めてください」と、核兵器の問題に多国間の枠組みで取り組むよう訴えました。


K10012190901_1911251910_1911251918_01_02.jpg


核兵器の保有や開発というのは、いわゆる「大人の事情」の最たるもので、保有していることで、それが核兵器使用を抑止しているという、理想とは程遠い状況なのが世界の現実です。
唯一の戦争被爆国である日本ですら、「いつでも核兵器を開発できる技術を保有している」ということをチラつかせて、抑止力の一助としている現実があります。

ローマ教皇という立場の人が、このような「大人の事情」を排した発言を、しかもかなり踏み込んだ内容でされるということは、非常に意味があると思うものです。
「そんなの理想にすぎないよ」とスルーするのでなく、理想と現実の両者をしっかり見据えて我々は行動したいものです。

そして、フランシスコ教皇は、都内で若者たちの悩みを聞く集いにも参加され、いじめについて「学校や大人だけではこの悲劇を防ぐのは十分ではありません、皆さんで『絶対だめ』といわなければなりません」と呼びかけました。


K10012190231_1911251213_1911251243_01_02.jpg


これ、核兵器にも通じますよね、、、「政府や軍隊だけではこの悲劇を防ぐのは十分ではありません、皆さんで『絶対だめ』といわなければなりません」。
我々って、大人になると「いじめというものは絶対になくならない」「核兵器は絶対になくならない」って言っちゃいますものね。
たしかに「絶対になくならない」ものなのかもしれないけど、「絶対だめ」と誰も言わなくなっちゃったら、、、おしまいですから。

2016年の5月に、オバマ米大統領が「大人の事情」の象徴である核兵器のボタンを傍らに携えつつ、広島を訪問したことも非常に意義あることでしたが、ローマ教皇が長崎や広島で理想を語ることは、人類の良心の最後の砦として、非常に大切なことだと思うものです。

そして本日、東京ドームで行われたミサで教皇は、「お互いを支え、助け合う場であるはずの家、学校、コミュニティーが、利益と効率の追求における過度の競争によってむしばまれています」と述べられました。
これ、我々が携わっている医療の一部にも当てはまることですよね。



長期政権って腐敗していくんですねぇ
2019年11月15日 (金) 22:23 | 編集
 
歴代首相が毎年主催する「桜を見る会」に多額の公金が使われている問題が、拡大の一途を辿っています。
ついには、来年は開催が中止されることが発表されました。
特に近年は招待者数が増加し続けていて、かかる費用も右肩上がり、、、さらには、招待客に安倍首相の地元山口県の後援会関係者などが数百人規模で含まれていることで、公職選挙法に抵触する疑いも出てくるというね。
安倍政権にとっては「もりかけ問題」以上に厄介な懸案事項になりそうです。


20191114-00000002-friday-000-5-view.jpg


もりかけ問題で、安倍首相が100万円の寄付をしたんじゃないの?っていう疑惑がありましたけど、そもそも貰ったんじゃないですからね。仮に事実だったとしても差し上げたんですから、しかも自分の選挙区じゃない人に。
収賄でも贈賄でもないわけで、、、野党って他に追求することないんですか?、、、そういう印象でした。
口利きからの忖度の問題だって、そもそも政治家の仕事って「口利き」でしょ?(もちろんそれでお金は貰っちゃダメです、これ基本)。
そんな野次馬なおいらですから、もりかけ問題って「そこまで騒ぐ問題なの?」って感じでしたけど、ちょっと今度のはヤバいかな、、、って思いますもの。

やはり長期政権って長すぎると良くないんです、腐敗の方向に向かうんです。これは歴史が語っておりますわな。
特に安倍政権って、既定の任期を延長しての今、ですから、なおさら不健全感が付きまとうんですよね。
でも、安倍さんって稀代の外交手腕を持つ人だとも思うので、特に近年の日本の周辺って本当にキナ臭いですから、その代わりになる人がいるのかな〜って。
今、習近平も文在寅も金正恩もシメシメ&ヨシヨシって思ってますから絶対。

でもやっぱり長期すぎる政権ってのはダメになるんですねぇ。。。



1並びの偶然
2019年11月11日 (月) 22:22 | 編集
 
今日は令和元年の11月11日でありまして、いわゆるひとつの1並びの日であります。
こういう時に出てくるのが「鉄ちゃん向けグッズ」でありまして、鉄ちゃんって数字にこだわる人が多くてですね、キップに刻印された日付に1が並んでいるというだけで商品になるわけですから、全国各地では「この機を逃すまじ」と様々な記念切符が発売されるのです。


2019111100000003EBC.jpeg


おいらは別にこの手の趣味はないのですが、好きな人には堪らないコレクションなんでしょうなぁ。


191030_iga_1ticket1.jpg


しかし、偶然というのは本当に偶然に起きるもので、大阪は阪急電鉄の梅田駅で、まさに「1」並びの珍事があったとのこと。
本日、令和元年の11月11日午前11時11分に同駅を発車した神戸三宮行きの電車の車両番号が、なんと「1111」でありまして、 同じ時刻に走る電車でも、運用の都合などで使用される車両は毎日のように変わるので、これは阪急が狙ってやったのかと思いきや、同社広報室は「まったくの偶然で、狙ったわけでもなく、逆に驚きました」と話しているのだとか。


15734883380001.jpg


偶然があまりにハマりすぎ例としては、ネット上では結構有名なこんな写真とか、、、


img_1_201911120752316bd.jpeg


あと意外に知られていないことだと思うんですけど、森繁久弥さん、森光子さん、高倉健さんは命日が一緒で11月10日なんですって、、へぇ〜。。。



還暦のいじわる
2019年11月05日 (火) 22:20 | 編集
 
いや〜、こういうこともあるんですねぇ、、、昨日のニュースですけど、菊池桃子さん(51)と経済産業省の新原浩朗経済産業政策局長(60)が電撃結婚ですよ。


mrg19110605040002-p1.jpg


衝撃度という点では、小泉進次郎&滝川クリステルの何倍でしょうか、まさに電撃です。
おいら、新原経済産業政策局長のことは存じ上げていなかったですけど、なんてったって還暦での初婚の相手が元国民的アイドルですよ。


ef8069075d0d805cd139eec9272f4151.jpg


これは我々に希望を与えるものなのか、それともあくまでバリバリ高級官僚ゆえの特権か、、、いずれにせよ、驚愕的に凄いことであります。
う〜む、おいらもまだまだ頑張ろう!www

さて、今日はウチのセガレの誕生日だったもので、嫁さんがケーキを買って帰ってくれました。
セガレの遅い帰りを待って、家族揃ってケーキを食したわけですけど、そのケーキってのがなんとも巨大なロールケーキなんですわ。


IMG_4640_20191106084943fda.jpg


比較対象物がないから、写真からは大きさが伝わらないと思いますが、これを分け合ったのではなく、1人に1つですからね、、、しかも中心にはシュークリームが埋め込まれているというね。


IMG_4641_20191106084945d53.jpg


はい、もう暴力的に容赦なく腹にズッシリでして、胃袋がキャパオーバーであることは容易に想像できるというものです。
でもまぁ美味かったし、たまにはいいやね。



Powered by . / Template by sukechan.