incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
なにせ相手は犯罪国家です
2017年11月16日 (木) 22:20 | 編集
 
昨日の11月15日、当時13歳だった横田めぐみさんが北朝鮮に拉致され姿を消して、ちょうど丸15年が経ちました。

先月の10月15日には拉致被害者5人が帰国してから丸15年を迎えています。
その当時、この帰国を機に拉致問題が一気に解決するかもしれない、という淡い期待もないではなかったのですが、結果的に他の拉致被害者の帰国は未だ実現していません。

2002年9月に当時の小泉純一郎首相が電撃的に北朝鮮を訪問し、当時の金正日総書記と会談。この時、初めて北朝鮮が公式に拉致を認めて謝罪をしたわけでして、まさに国をあげて日本に工作員を侵入させて誘拐をしていたと、そんな「国家犯罪」が現実にあることが証明されたのです。
今では信じられないことですが、北朝鮮が公式に認めるまでは、日本の国会議員の中にも「まさか拉致なんてあるわけないじゃん」と真剣に言っていた人が相当数いたんですよ。いやマジで。


exa1409180945001-p1.jpg


写真の後ろには、当時は官房副長官だった安倍さんが写っています。当たり前ですけど若いですね。

そして15年前、羽田空港で政府チャーター機のタラップを下りたのは、地村さん夫妻と蓮池さん夫妻と曽我さんの5人。
1970年代後半に拉致されて2002年に帰国するまでの20数年間、北朝鮮で暮らしていたわけです。
その当時の第一印象は、やはり歯医者としての職業柄、口元に目がいくからでしょうね、「皆さん歯が悪いな、、、」というものでした。
特に曽我さんの口元は多数のムシ歯があって長年放置状態だったんだろうということが容易に推測できました。同時に彼の国での暮らしぶりや、国としての医療の浸透度も想像がつきました。
帰国後、すぐに歯科治療を受けられたのでしょう、1年後の口元は別人のようでありました。


2017101900053_1.jpg


帰国時の曽我さんは本当に痩せておられました。
数年後には見違えるくらいにふくよかになられて、彼の国の栄養状態が劣悪であったことを伺わせたものです。

今の若い方達は知らないかもしれませんが、羽田空港でタラップを降りたこの時点では、まだ「一時帰国」という両国間の取り決めでの帰国だったんですね。
しかしこの後、日本政府は「国家の意思として帰さない」と方針を対話から圧力路線に変更して、北朝鮮に通達したわけで、当時としては「随分と強硬路線を取るんだな」と思ったものでした。
しかし、そもそも拉致は犯罪なわけで、その犯罪者に人質を返してどうするの?、ということ。そして、もしも5人が2度と日本に帰れなかったら、、、という可能性も否定できず、今思えば妥当な決断だったということでしょう。
北朝鮮としてみれば「謝罪もしたしこれで一件落着」「日本政府は約束を守って返すだろう」と、舐めていたわけでして、、、この後の北朝鮮は態度を硬化させ、日朝交渉は一進一退で、今に至るまで何も進展していないのですが。

ちなみに、あまり知られていないことですが、北朝鮮に残していた地村さんの3人の子どもは1年7カ月遅れて日本へ来ているんですね。
曽我さんの夫のジェンキンスさんと二人の娘さんも日本に来て暮らしているし、蓮池さんの子供たちも帰国して、結果的には家族分断とはならなかったわけで、今の北朝鮮と比べると、少しは人間的だったということですかね。


さて、話は変わって、、、
今日は夕方に診療室を抜けさせていただいて、口腔保健センターに行って、障害者歯科診療の班長会に出席してまいりました。
会議終わりで帰宅途中に初めて「ヤオコー」に寄りました。
いや〜、店内が広いです。
試しにローストビーフの切り落としの3割引(¥258なり)を購入してみました。
食べてみたところ、とっても美味しかったので、今後また色々と試してみたいと思ったのでした。



スポンサーサイト
JR利益が過去最高
2017年11月15日 (水) 22:19 | 編集
 
JRの2017年4〜9月期連結決算が出そろい、東日本、東海、西日本の本州3社は景気の回復や観光需要の増加を背景に売上高、当期利益が過去最高を更新したとのこと。
新幹線は大都市間を結ぶ路線が好調で、特に東海道新幹線はビジネス・観光ともに需要が旺盛。
さらに目立つところでは、グリーン車の利用が増えたのが特徴なんだとか。

う〜ん、わかるなぁ、、、新幹線のグリーン車って割引商品が出ているので、普通車指定席よりも安く乗れるケースがあることも手伝って、本当に混んでいますもの。


fratgreen.jpg


普通列車のグリーン車が混んでいるのは今や定説で、通勤時間帯だけでなく、休日とかでも本当に混んでいますよね。
そりゃ、景気が良いんですから、当然っちゃ当然です。

以前から何度か書いてきましたけど、数年前から本当に景気は良くなっていると思います。
おいら、食事会や飲み会の幹事をすることが多いんですけど、ある程度以上の人数になると、直前に予約を取るのは本当に大変です。あとホテルの予約も以前とは比べ物にならないくらいに予約が大変。

よく「景気が良いと言われてもその実感が湧かない」ということが報道されますが、たしかに小規模企業を中心に「実感が湧かない」人たちは相当数いることでしょう。おいらだって収入面では好景気を実感できませんから。
でも、間違いなく大手企業の人たちは実感しているはずです。だって多くの企業で業績絶好調でしょ。そうじゃなきゃ、グリーン車や飲食店がこれだけ混んでいる理由が説明つきませんもの。

たしかに今の好景気は、景気上昇が長く緩やかであることに加え、過去にリーマンショックを経験した企業の経営者が慎重になっていて、利益の多くを内部留保や株主への配当に回してしまうせいで、賃金に反映されにくく、業績が良いからといって、昔のようには給料が急激には上がらないのもまた事実でしょう。
特に、日本人というのはインタビューを受けたり、アンケートに答える時に、緩やかに給料が上昇したところで余程急激に上がらない限り「いやいやまだまだ全然、、、」と謙遜して答えてしまう気質を持っておりますのでね。

あと、朝日や毎日、テレ朝やTBSなどの左派メディアの場合、「アベノミクスは失敗でした」という印象を国民に与えようと頑張るので、「好景気を実感できない人がほとんどです」という報道になってしまう、というのもありますね。



トンカツに専念!
2017年11月14日 (火) 22:17 | 編集
 
本日のニュース、、、希望の党の小池百合子代表は、都政に専念する必要があると判断し、代表を辞任する意向を固めた、、、って、だっったら最初から専念しとけよ〜、結局なにがやりたかったの?、、、って思っている人は多いことでしょうなぁ。。。
結局、自分ファーストの勢いで女性初の総理大臣にという目論見は当面無理、、、希望の党は元民主党の人達に乗っ取られてどうにもできなくなったと判断して、得意の「逃げ足の速さ」を使ったということですね。

しかしまぁなんですなぁ、、、今や小池さんのことを殊更に持ち上げるメディアってほぼ消滅しましたけど、去年の7月31日に都知事選で大勝利して、それから数ヶ月間の小池旋風とでもいうべき小池都知事の人気ぶりときたら、それはもう半端ではありませんでした。
少しでも批判めいたことを言おうものなら「そんなことはない、小池さんは本当に頑張っているよ」って反論されたものです。

当ブログにおいても、去年の9月29日の記事で、「こんな状況でちょっとでも小池知事批判なんぞしようものなら、どんな炎上が待ち構えているかと思うと、オイソレと個人的感想すらつぶやけないのであります」と言い訳しながら、小池都政への批判を「恐る恐る」歯切れ悪く書いております。

ついでに過去の記事を紐解いてみたところ、10年近く前の2008年9月12日のブログでは、「政治家というのは信用できない人物が多いわけでありますが、特に小池百合子って女だけは絶対信用できないもんね~」って書いていて、これには我ながら笑ってしまいました。
結局のところ、おいらってば、昔から第六感的に好きじゃなかったんですね。


koizumiKoike1_20171115061239d64.jpg


さて、今夜は仕事終わりで院内勉強会をして、その後は「とんかつ大関」に行きました。
ここでは絶滅危惧種の大ジョッキでビールが飲めるのが嬉しいところ。


IMG_0097_20171115061232a51.jpg


例によってカツミ社長も一緒です。


IMG_0098_201711150612353ca.jpg


仕事帰りの嫁さんは途中の藤沢駅で拾いました。


IMG_0099_2017111506123704a.jpg


このお店の刺身コンニャク、実は隠れた逸品だったりします。


IMG_0100_2017111506123646a.jpg


例によっての特ロース定食は、もはやテッパンの旨さでして、豚肉の厚みと脂のギューシーさが最高ですね!


IMG_0101_20171115061238371.jpg


というわけで、お腹いっぱいになって帰宅できる幸せを豚肉共々噛みしめたのでありました。



これぞ道化師の真髄
2017年11月12日 (日) 22:19 | 編集
 
もう1週間近く前の話になるんですけど、安倍首相が6日の夜に迎賓館でトランプ大統領を招いて開いた晩餐会は、一風変わった異例の盛り上がりだったそうなんですね。


6ca86ec1.jpg


まぁたしかに、トランプさんの笑顔がいつもの笑顔と違いますもの。


b18baa63.jpg


通常の晩餐会は同じテーブルを囲む者同士で会話を楽しむらしいのですが、ピコ太郎氏が自席を離れてトランプ大統領の席まで出向いて挨拶をし、安倍首相も交えて談笑し、最終的には記念撮影も行ったと。。。


44b1ca19.jpg


これに触発された人達が、自分も挨拶をして写真を撮ろうと大統領の元に集まりはじめまして、結果的にトランプ大統領の席には行列ができ、首相が一人一人を紹介する展開となり、まさに大規模な結婚披露宴のような雰囲気になったという。。。


ab654aad.jpg


しまいには自席を離れる人だらけになり、あちこちで酒盛りが始まり、外務省幹部が「あんな晩餐会、今まで見たことがない」と語るほどの、まさに「異例の晩餐会」だったようです。
もちろん天皇陛下が主催されていたらこうはならなかったでしょうけどねww


8c91f846.jpg


上の写真、傍にいるのは杉良太郎さんですかね、、、やはり格好いいですね。
そして下の写真は豊田社長ですか、、、これぞ政財界を巻き込んでの大宴会ww


e6ebef3c.jpg


ピコ太郎氏が晩餐会に呼ばれるというニュースを知った時は「え?それってまずいんじゃないの?」と思ったおいらですが、それとは全く逆の結果でありまして、彼はまさに道化師としての役割を完遂したということですね。


309c04a0.jpg


おかげで会場全体が楽しい雰囲気になって、重苦しい雰囲気を嫌いそうなトランプ氏が主賓ですからね、大成功ではないでしょうか。
下の写真はトイレに行ったついでに会場の外で河野外相と撮ったんですかねww


9e7a204c.jpg


元慰安婦を出席させた某国主催の晩餐会より、数倍良い雰囲気だったであろうことは想像に難くありません。



酸素止めちゃった テへッ
2017年11月10日 (金) 22:09 | 編集
 
豊島区のサンシャイン水族館の大水槽「サンシャインラグーン」で、24種の魚1235匹が死んだというニュース、、、生き残ったのが26種73匹のみということで、なんと9割以上が死んでしまったという非常事態であります。
水槽は横12メートル、高さ2.4メートルで、この水族館で最も大きいとのこと。
今回は、一部の魚の病気を治療するために水槽に薬品を投入した際、薬の効果を高めるために、魚の糞などを除去する装置を停止させたんだそうな。

ところが、この装置は酸素供給も担っていたため、水槽内の酸素が欠乏してしまったと、、、うわ〜、人為的な大規模集団呼吸困難ですよこれは、、、まさに人災。
大病院で「人工呼吸器全部止めちゃったんだけどマズかった?」くらいの重大インシデントであります。


cc009581.jpg


魚たちも相当に息苦しかったことでしょう、、って、肺呼吸じゃなくて鰓呼吸ですからっ。

ちなみに事故が起こる前の水槽の様子がコチラで、、、


72d2befe.jpg


ほんでもって事故後がコチラ、、、


1bd22346.jpg


、、、なんか、本来の海中の姿を再現しているのは後者のような気もいたします。



ほほえましきカオス?
2017年10月30日 (月) 22:18 | 編集
 
毎日新聞によると、麻生太郎副総理兼財務相が26日に開かれた自民党議員のパーティーで衆院選の自民大勝に関して「明らかに北朝鮮のおかげも」と発言したとのこと。
、、、うむ、その通りじゃん。つーか、これってむしろ謙虚な発言なんじゃないの?
新聞って、本当に与党幹部の失言が欲しくて仕方がないんですね。
まぁたしかに麻生さんって失言が多い人ですけどwww

さて、7月に79歳で亡くなった平尾昌晃さんを音楽関係者やファンがしのぶ葬儀・告別式(お別れの会)が青山葬儀所で営まれました。
布施明さんと五木ひろしさんの同い年(69歳)の2人が、平尾さんの遺影に向かって一緒に「霧の摩周湖」と「よこはま・たそがれ」を歌ったわけですけど、ニュース映像を見たところ「よこはま・たそがれ」で2人が各自の歌唱法を前面に出しすぎていて、思わず笑ってしまいました。


ent1710300016-p1.jpg


「口づけ、残り香、、、煙草の煙」というくだりがあるじゃないですか。
オリジナルの五木さんは「くちづけっ、、のこりっがっ、、、」って歌うわけですけど、、、
布施さんは「くちづけぇぇ!、、、のこりがああ!!」って歌うんですよ。
これでデュエットしちゃうわけで、もうね、祭壇前はカオス状態でありまして、きっと平尾先生も微笑みながら聴いておられたのではないかと。



19年ぶりの日本シリーズですよ?
2017年10月24日 (火) 22:19 | 編集
 
いや〜、横浜ベイスターズ、やりましたねぇ。
4連勝でクライマックスシリーズファイナルステージを制し、日本選手権シリーズに進出!
浜スタで19年ぶりの日本シリーズ開催!ですよ、、、
もちろん神奈川県民ですから、横浜を応援していましたよ。
でも、通常のように素直には喜べない、、、「なんか違うよなぁ」と。。。
この終戦後の写真が、その全てを物語っておりますね。


20171024-00000215-sph-000-3-view.jpg


いやね、もちろん予め決まっていたルール通りの話なんですから、しかも他所から押し付けられたルールではなく、当事者の12球団で決めたルールなんですから、何も後ろめたいことはございません。
ベイスターズの皆さんには日本シリーズでも堂々と戦って欲しいものであります。

しかしね、やはり思うわけです。レギュラーシーズンの半年以上にわたる143試合というのは何だったのか?、、、と。
なんせ今シーズンの広島と横浜は、14.5ゲーム差という圧倒的大差で決着がついていたわけです。
これをひっくり返すには、直接対決して15勝0敗の必要があるわけですよ。
それが4勝すればひっくり返る、しかもその間に2敗してもOK、、、ファーストステージも勝ち上がらないといけないわけですから、2連勝もしくは2勝1敗で阪神をくだすのが前提条件ですが、それにしたってね。。。

広島ファンの心情を思うと、これはもうね、、、計り知れない喪失感だと思うんですよ。
永年にわたり旦那のために尽くしてきたのに、ぽっと出の若い女に財産総取りされたみたいな、、、これは違うか。
ベイスターズ、別にぽっと出じゃないし。

W杯に出場することを夢見て、、、幾多の苦難を乗り越え掴み取ったW杯初出場!、、、彼の存在があったからこそ成し得たW杯初出場だったのに、本戦直前に日本代表メンバーから外される、、、というくらいの喪失感、、、これもちょっと違いますかね。
う〜む、なにか良い例えはありませんか?

しかし今思えば、8月22日〜24日の3夜連続のサヨナラ勝ち(広島にとってはサヨナラ負け)が、何かを暗示しておりましたわなぁ。。。



台風一過ですねぇ
2017年10月23日 (月) 22:15 | 編集
 
日曜日は衆院選でしたけど、ここ藤沢市ってのは、やはり旧社会党が強い土地なんだな〜ってのを改めて実感。
自民党は小泉進次郎さん〜安倍首相〜菅官房長官の3人が応援演説に来ても勝てませんでしたからね。
さて、全国の選挙結果はといいますと、自民党は議席は少し減らしましたが、衆院の議席総数が解散前より10減っていますから、余裕で単独過半数の圧勝、与党の安定多数です。
それに対して、小池百合子都知事が率いる希望の党は、議席数を伸ばすことができませんでした。
マスコミは敗北の理由を小池さん自身が発した「排除」という言葉だとしておりますが、それ以前に、都政がちゃんとできていなかったことと、自分ファーストな人だということを既に有権者は見抜いていたのでは?

さて、今日はお昼に診療室を抜けさせていただき、内科で喘息のその後を診てもらいました。
とりあえず、聴診しても問題なく、ただし最低でも3ヶ月間はステロイドを吸引して加療が必要とのこと。
その後は横須賀の神奈川歯科大学に行って来ました。
途中の「葉山ステーション」のイートインで昼食、、、スズキヤの鯵たたきとなめろう丼はイマイチでした。
そこへゆくと、旭屋のコロッケは鉄板の味。揚げたてで食せばさらに美味しいです!


IMG_9850.jpg


帰宅後はクライマックスシリーズの横浜vs.広島戦を8回ウラからTV観戦、、、神奈川県民ですからね、もちろん横浜を応援しちゃうわけですけど、、、でもね、もし横浜が日本シリーズに行くことになったら、それはやはり「違うんじゃないか」と思うんです。はい。



まぁそういうこと
2017年10月19日 (木) 22:12 | 編集
 
昨日晴れたと思ったら、今日はまた雨、しかも寒い!
今シーズン一番の寒さで、 東京都心の最高気温は、未明に観測した12.3℃、、、10月中旬に都心で最高気温が13℃を下回るのは1957年以来、60年ぶりとのことですから、おいらが生きて来て一番寒い秋ということになります。


17101915.png


秋雨前線が本州の南に停滞してるので、しばらくは雨が続く予報です。

こんなに寒いのに海水温は高いんですよねぇ、、、しかも台風21号が虎視眈々と関東地方を狙っているもんで、周辺の海水温が高いことと相まって、勢力を強めながら日本列島を襲う公算が高いです。嫌だな〜。

sstD_HQ20171018.png


さて、選挙戦も終盤な衆院選ですけど、ネット上でも色々なネタがあふれております。

若狹「代表!希望の党のテーマソングができました!」
小池「あらっ、よく気がついたじゃない。」
若狹「はい、最近ちょっと逆風なんで、打開策として考えてみました。」
小池「えらいわね、あななに政治的な発言させるとマズイけど、この手の仕事は早いわね。」
若狹「ドングリコロコロの替え歌になってます。」
小池「分かりやすくていいわ、聞かせて。」
若狹「♪みんしん、バラバラ、みんしんしん。♪小池にはまって、さあたいへん。♪若狭がでてきてこんにちわ、都ファも一緒にさわぎましょ・・・どーです。よくできてるっしょ?」
小池「・・・若狹さん!離党して!」


しかし、いくつかのマスコミは枝野さん率いる立憲民主党のことを「筋を通した」とか「志のある人達」とか「政界の良心」だとか思いっきり美化しつつ報道しておられますが、希望の党が「実は思いっきり保守」だということが鮮明になってからというもの、あれほど応援していた小池百合子さんに対しても手のひら返したようにネガティブキャンペーンになりましたし、、、まぁ予想通りといいますか、非常に分かりやすい報道姿勢です。
ちなみに立憲民主党の首脳陣は、あの2011年の菅直人内閣とそっくりという、、、まぁそういうことなんですよねぇ。。。

DMUuWaJVwAA8wwp.jpeg
(この画像はhttps://mobile.twitter.com/satirical_act/status/920192671636865024より引用しました)

あ、そうそう、夜間の咳も出なくなったことですし、今日からお酒を解禁、、、今夜はビールとワイン少々でウォーミングアップしてみました。



混迷深まる衆院選
2017年10月02日 (月) 22:18 | 編集
 
ラスベガスで銃乱射があり、58人が死亡、515人が負傷したとのこと。
アメリカでの銃乱射事件としては「史上最悪の死者数」で、いつも言われることになっちゃいますけど、銃が規制されていない社会というのは、どうしたってこういう事件が繰り返されますよね。

さて、今回の衆院選、TVドラマの題材になってもおかしくないような混乱の様相で、局面が毎日変わっていくという急転直下の連続、いまだかつてない展開になっております。

その中心にいるのはやはり小池新党「希望の党」と、事実上の解党状態の「民進党」であります。
本日、その希望の党が衆院選の公認候補に対して署名を義務付ける「政策協定書」の最終案が判明しました。
憲法改正支持や消費税増税凍結への賛成といった、今まで報道されてきたことに加えて、外国人の地方参政権反対のほか、党への資金提供(1人あたり500万円なんだとか)も求めているんですね。
民進党出身者にはかなり厳しい内容が並んでいて、これ、隠れ左派に対する、まさに「踏み絵」ですわ。


(↓クリックで拡大します)
15069559780001.jpg


協定書の内容は10項目あって、(1)党綱領を支持し「寛容な改革保守政党」を目指す(2)安保法制は憲法に則り適切に運用。不断の見直しを行い現実的な安保政策を支持(3)税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)の徹底(4)憲法改正支持(5)消費税10%への引き上げ凍結容認(6)外国人への地方参政権付与反対(7)政党支部の企業団体献金禁止(8)党の公約順守(9)党への資金提供(10)希望の党が選挙協力する政党への批判禁止−となっています。

そして、元民主党で今は希望の党の細野豪志さんは、1次公認には「合流方針が決まって以降の民進党出身者は含まれないだろう」という認識を示しました。

まずは、細野さんが自身の過去の発言を翻して「まず安保と改憲に賛同いただけるかどうか」とか語ってるのがもうね、笑わずにはいられないわけで、、、沈みそうな船から仲間見捨てていち早く逃げ出した奴が、なぜか偉そうに立ち居振舞っちゃうという、、、う〜ん、これはかなり嫌な奴ですねぇ。

そして、小池さんってのは、やはり凄い(というか怖い)人ですよ、、、だって、この手法って民進党出身者への公認発表をわざと遅らせて、焦らしに焦らして隠れ左派をあぶり出す作戦でしょ?
自分のことを左寄り(つまり公認される可能性が低い)と認識している人は、我慢できずに飛び出しますものね。

ということで、枝野さんは本日ついに左派新党「立憲民主党」を結成いたしました。
小池さん曰く「はい。非常にわかりやすい構図になったと思います」と一言、、、たしかにね。今まで左右ごちゃまぜだった民進党を「リセット」しているんですもの。
数日前に「希望の党とぜひ一緒にやりたいと思う」と発言して「アンタどう考えても左派で小池さんとは真逆でしょ」とツッコミ入れたくなったウチの選挙区の阿部知子さんなんて、早速「新しい独裁者はいらない」と手のひら返すことを言い出してますから。
今後、さらに色んな人が炙り出されていく予感、、、小池女史、マジで怖い人です。

そこへいくと自民党なんて、非常に穏健マイルドで、左派にも優しい中道政党に見えてくるから不思議です。
しかし、その自民党安倍政権ですが、今日のNHKの世論調査で、「支持する」と答えた人が先月行った調査に比べて7ポイント下がって37%、「支持しない」と答えた人が8ポイント上がって44%、なんと再び「不支持」が「支持」を上回っちゃいました。
これでますます混迷の度が深まる衆院選、、、

与党(自公)で過半数をとれば安倍首相の即時退陣はないでしょうけど、自民党単独で過半数を割り込めば、自民党内から安倍退陣論が湧き起こるのは必至です。
周辺国との間に問題山積の現在、安倍さん以上に外交センスのある首相候補って誰かいるんですかね?
さあどうなることやら、、、ますます混沌としてきて、野次馬として観戦する分には非常に面白いのですが、おいらも日本国民だもんで一応当事者だしなぁ。。。



Powered by . / Template by sukechan.