incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
快挙?愚行?それとも暴挙?
2017年09月20日 (水) 22:22 | 編集
 
以下は産経新聞の記事からの抜粋です。

トランプ米大統領は19日、米ニューヨークの国連本部で、就任後初めて国連総会の一般討論演説を行い、「13歳の日本人の少女を拉致した」と指摘し、横田めぐみさん(52)=拉致当時(13)=を念頭に北朝鮮による日本人拉致事件を非難した。
核・ミサイル開発を進める北朝鮮の金正恩体制は「下劣」だと強く批判し、世界の平和にとっての脅威だと強調。米国が自国や同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を「完全に破壊」するしかなくなるとした。


ネット上では様々な反応が見られます。
「国連の場で、ミサイル連発国家が誘拐ロリコンミサイル連発国家に格上げされましたw」
「めぐみさん拉致に言及したのが人権を謳うオバマではなくトランプだったとは」
、、、日本人の反応としては、概ね好感を持って受け止められており、いわゆる「西側の国々」の反応も意外と肯定的で、、、
「今までのような優等生的な演説では現実に起きている問題をうやむやにするだけであって、はっきりとした言葉を用いなければ、問題を直視し、危機感を持って解決しようとしないことを証明した」
などなど、、、

ただし、あえて穿った見方をするならば、「アメリカは被害者を出して北を攻撃する大義が欲しいわけで、それが日本になる可能性も高い」のかもしれないし、「北朝鮮の核とミサイルの問題に対して武力行使する際に、日本を確実に当事者として関わらせるための布石」なのかもしれません。なにせ「日本の世論は当事者意識が乏しい」ですから。

近く行われるであろう衆議院解散〜総選挙に関しても、民進党がガタガタしているうちにとか、ファーストの会が体制を固める前に、などが理由だと言われておりますが、もちろんそれは大きな理由でしょうけど、以下のようにも考えられます。
衆議院議員の任期は残り1年3ヶ月余り、年明けから3月までは新年度予算作成で選挙は無理。その間に北朝鮮問題が解決する可能性が高いか低いかを考えれば、トランプ大統領来日前でアメリカが積極的な行動に出る可能性が低いうちに総選挙を行いたいと考えているのかもしれません。
今度の選挙は、誰も表立っては言わないけれど、国防が裏のテーマになる可能性が高いと思います。


さて、話は変わって、、、
今日は水曜日なので、休診日です。
朝からチャリを駆って保健医療センターに行きまして、肺がん検診を受けてきました。
帰りは引地川親水公園を通って秋の気配を感じ、、、


IMG_9476.jpg


マイナスイオンを吸い込みました。


IMG_9479.jpg


お昼は軽くランニングをして、午後から夜は屋内に篭って学会関連の仕事をシコシコとこなしました。
夜は仕事終わりの嫁さんと「ココス」で待ち合わせをいたしました。


IMG_9481.jpg


4ヶ月以上ぶりの居酒屋ココスです。


IMG_9482.jpg


ホーレン草ソテーの後はお約束のタコサラダ。


IMG_9483.jpg


日頃の鬱憤をサラダにぶつける嫁さんです。


IMG_9485.jpg


ここで赤ワインにシフトチェンジしまして、、、


IMG_9488.jpg


ジューシーな鳥の唐揚げと、、、


IMG_9489.jpg


ギューシーな100%ビーフアンバーグにカキフライを添えて、、、


IMG_9490.jpg


さて、〆はどうしようかと思案した結果、、、人によってはこれを「暴挙」や「愚行」と評する人がおられるでしょうし、中には「凶行」と言い切ってしまう人もおられるかもしれませんが、「快挙」とおっしゃる方は皆無でありましょう。


IMG_9492.jpg


「豚丼(アタマの大盛り)@吉野家」であります。


IMG_9494.jpg


吉野家といえば温かいお茶が嬉しいですよね〜。


IMG_9495.jpg


もちろん牛丼も食べちゃいます。


IMG_9496.jpg


もうね、お腹いっぱい胸いっぱいです。


IMG_9497.jpg


明日の朝になると後悔するんだろうなぁ。。。



スポンサーサイト
酔っていたのに鮮明な記憶
2017年09月11日 (月) 22:36 | 編集
 
今日は9月11日、世に言う「9.11」であります。
今から16年前の今日、世界を震撼させるあの同時多発テロ事件が起きたわけです。
あの日のことは今でもよく憶えています。

2001年の9月11日火曜日、当時はまだ横須賀市民だったおいらは、仕事終わりで横須賀に戻って来て、翌日が休診日で休みだったこともあり、横須賀市街に飲みに出ました。
行き先は当時の行きつけのスナック「魔の巣」でありまして、マスターのミヤさんと色々な話しをしながら、飲み食いをしておりました。

他にお客さんはいなくて、何の話をしていたのかは記憶にないのですが、22時を回った頃に電話が入りました。
電話の主はカツミ社長でありまして、「大変なことになってるよ、すぐテレビ見た方がいい」というものでした。
店内にテレビはなかったので、急いでラジオをつけました。
当時、緊急ニュース時のNHKのラジオ音声はテレビの音声と共通だったので、結果的には映像のないTVでの緊急臨時ニュースの音声を聴くことになったわけですが、アナウンサーが発した今でも忘れられないフレーズがあります。

「これは映画ではありません、現実の映像です」

この時は、頭の中で想像を掻き立てるしかなかったわけで「ニューヨークの超高層ビルに旅客機が突っ込んだ」ということが、どういうことなのかが今ひとつ実感として湧かなかったことを記憶しています。

そして、帰宅してすぐテレビをつけたところ、もちろん臨時ニュースは継続中で、例の映像を繰り返し流しておりました。
想像を掻き立てて掻き立てて、満を持して映像を見ることになったわけですが、その映像は想像を超えていました。
ここまで「映像として見事に」旅客機が突っ込んでいる瞬間がとらえられているとは思っていなかったのです。
「これは映画ではありません、現実の映像です」と言ったアナウンサーの気持ちが理解できました。


06_20170912084716ba0.jpg


「これは世界が変わってしまうかもしれないな〜、、、」という漠然とした不安に襲われましたが、しかし酔いも回っていたので、TV画面に釘付けになったのは30分程度。そのまま入眠してしまいました。
で、翌朝のテレビは、それはもう各局共に大騒ぎになっていたのでありました。



価値観の違い極まれり
2017年08月14日 (月) 22:19 | 編集
 
8月になってから雨の降らなかった日が1日もないという、、、しかもこの戻り梅雨だか秋雨だかの天候がしばらくは続くそうで、、、気分も落ち込みがちになりますね。
 
さて、韓国ソウル市のバス運行会社が本日、慰安婦を象徴する少女像を座席に置いた路線バスの運行を始めました。
少女像はプラスチック製で、ソウルの日本大使館公報文化院近くを走る路線バス34台のうち、5台の座席部分に1体ずつ据え付けられたそうな。
バスはソウル市の中心部と北部を結んでおり、バス運行会社の林真社長は「多く利用する学生たちに少女像を見ながら歴史について考えてほしかった」としています。
さらには、朴元淳ソウル市長がこのバスに試乗し、慰安婦問題に取り組む姿勢をアピールしました。
試乗後に市長は、「バスに乗って少女像を見れば、慰安婦として犠牲になった女性たちを追慕する機会になる」と述べて、この取り組みを評価しました。

一方、この路線バスは日本人観光客も多く訪れるエリアを走るだけに、日韓関係に悪影響を与える懸念が指摘されています。
ソウル市民の間では、「公共交通機関に設置するのは適切ではない」とか、「行き過ぎた政治的なパフォーマンスだ」といった批判も出ているものの、バス会社を評価する声の方が目立つようです。


9940d_1231_1cd578ee49ec454be7ac839104a0223a.jpg


まぁなんつうか、、、こういうセンスというか、価値観の違いというか、、、国民性という言葉で済ませてしまえば簡単なんでしょうけど。。。



偶然とはいえ、、、
2017年08月13日 (日) 22:18 | 編集
 
一昨日〜昨日と、世の中の出来事に少々無頓着でありましたが、色々あったみたいですね。

まずは、宮迫博之さんが11日、フジテレビ系「バイキング」に出演し、生放送で不倫報道について釈明した件。
宮迫さんは番組の中で、ホテルで女性と二人きりになったことを認めましたが「何もないです」と不倫関係を否定した模様です。
妻と今回の一件を話し合ったことを明かした上で、「30年近い芸人の能力をかけて誠意をもってしゃべってこいと言われた」と説明。今後、女性たちとは距離を置く考えを示したとのこと。
「家族が一番大事、一生かけて償います」と謝罪したんだとか。
殺人現場に血まみれで包丁持って立ってたけど「何もないです」みたいな話、、、まぁお酒が入っていれば年齢的にもそろそろ何もないのかもしれませんけどね。

さて、次は全く笑えない話ですが、、、
12日午後6時半ごろ、羽田18:00発大阪行きの全日空37便(ボーイング777-200型機)が、機内の気圧が急激に低下したとして、羽田空港に引き返し、20分後に緊急着陸したニュース。
全日空によると、当時、機体は上昇しながら飛行中で、異変に気づいた機長が客室に酸素マスクを下ろしたとのこと。





8月12日、羽田18時発大阪行、離陸してすぐの与圧トラブル、酸素マスク、緊急降下、羽田に引き返す。。。
あまりにも共通点だらけで、鳥肌が立ちます。

32年前の日本航空123便と違うのは羽田に無事に帰ってこれたという点です。
無事で何よりでした。もしこの日にまた航空機事故があったら、もう飛行機には乗らないと言う人が増えそうです。

おいらスピリチュアル的なことは、あまり信じていないんですけど、さすがにここまで共通点が多いと、これは32年前の日航機墜落事故を風化させないようにとの、何かしらの啓示かもしれません。
 
そのそもこのお盆休みに入る8月12日というのは、日本の航空機事故の歴史では「呪われた日」でもあります。
今からちょうど59年前の1958年8月12日に、全日空のDCー3型機が伊豆下田沖にて墜落しています。
 
さらには2005年8月12日、福岡発ホノルル行のJALウェイズ58便(DC-10型機)が、福岡空港を離陸20秒後に突然左エンジンが破損して火を噴き、約30分後に福岡空港に引き返しています。

旅客機が安全な乗り物であることは言を待ちませんが、ひとたび事故が起きれば大惨事になる可能性が高いですから、安全には十分なコストをかけてほしいものであります。


20170812-00000004-awire-000-7-view.jpg



マイナースポーツ認知度向上委員会
2017年08月04日 (金) 22:19 | 編集
 
首相官邸に入ったのはホンダNSX、真っ青なスポーツカーで首相官邸に乗りつけたのは、インディ500で日本人初の優勝を果たした佐藤琢磨選手でありました。
本日、安倍首相から総理大臣顕彰を授与されたわけですが、顕彰や表彰を受ける人が自ら車を運転して官邸に入るのは異例中の異例とのこと。

世界三大レースのひとつであるインディ500での優勝がこういう形で讃えられることは非常に意義あることだと思います。
日本は自動車大国であるにも関わらず、モータースポーツに対する報道があまりに少なく、自動車メーカーの社員ですら自社のモータースポーツ活動を知らないことが多々あるといいます。

日本のモータースポーツ史に永遠に刻まれる大偉業にもかかわらず、優勝した直後のメディアの扱いが少なすぎて、腹に据えかねていたモータスポーツファンも多かったことでありましょう。
この表彰でやっと溜飲が下がった人も少なくないはずです。


20170804-00149313-rcg-000-8-view.jpg


さて、そんな「世間の認知度が低いスポーツ」つながりということで、、、
以下は、就職活動の際に企業側から見た「学生時代に所属していた部活の好感度」だそうです。


img_172d56aeba3fb453630eba9957a740cd104215.jpg


要するに、最も就活に有利な部活はラグビー部だということです。
まぁね、上位はほぼ団体競技で占められていますから、採用する企業側の思惑が透けて見えますよね。
個人主義の人よりも、組織に対して己を犠牲にできる人材が欲しいという、そんな感じでしょうか。
肉体的にキツくても音を上げない人材、厳しい規律にも耐えられる人材、要するに昔ながらの体育会系イメージの人材が今でも暗に求められているということですかね?
超メジャースポーツのサッカーがベスト3に入れず、ラグビー、野球、アメフトの後塵を拝しているというのも、審判にアピールするために大げさに転倒してみたり、必要以上に痛がってみせたり、、、そういうイメージが日本企業の人事担当者にとってはマイナスなのかもしれません。

それにしても、声を大にして言いたいことは「ハンドボール部はどこいった??」ということですな。
もうね、マイナースポーツだということは重々承知しておりましたが、完全ランク外とは、、、
生粋の団体競技なんですけどね、一応。。。



小池都知事はスゴイ人
2017年07月21日 (金) 22:18 | 編集
 
一昨日の水曜日にようやく梅雨も明けて、昨日今日と待ちに待った夏空が、、、って、今年ほど「ようやく」とか「待ちに待った」とかが似合わない梅雨明け宣言はなかったですね。

さて、東京都は豊洲市場の移転問題を巡って、土壌や地下水の汚染を環境基準値以下にする「無害化」の方針を断念。「地上の安全に万全を期する」などとする新たな方針を発表しました。
、、、ああ、やっぱり、というか、最初からわかっていたことでしょう?。
要するに、結果論になるかもしれませんが、当初の計画通りに移転していれば良かったということ。

前任者の施策に文句をつけ、自分は巨悪な既成勢力に立ち向かっております!と政治的パフォーマンスで大騒ぎするものの、着地点は元の場所と結局同じ、いわゆる「マッチポンプ」が、小池都知事の得意技。
今回の「都民ファースト」という名の下に行われた一連のマッチポンプにかかったコストは400億円超です。
東京都の1世帯当たりに換算すると、約6千円になります。意外と難なく払えちゃう金額ですか?、そうですか。

新都知事が就任早々手柄を欲しがったというのは明らかであるものの、百歩譲って「豊洲移転を決めた手続きの過程が不透明」ということで再検証を指示したその意義は認めるといたしましょう。
しかし、その後の地下水モニタリング調査の結果が環境基準を上回った際に、専門家からは「その地下水を市場で使用するわけではないので安全である」という報告があったにもかかわらず、「安全」だけでなく「安心」にもこだわりたいと、都知事は振り上げた拳を降ろさなかったわけです。そもそも一番不安を煽ったのは誰???って話なんですけどね。
結局のところ、当初から他の選択肢がないことは解りきっていたんだけど、都議選が終わるまではパフォーマンス優先で、、、選挙で大勝利することもできたので、ようやく振り上げた拳を下ろしたということですな。


thumb_1986000001.jpg


結局のところ、都民は彼女に騙されちゃっているんですね。
ただし、騙されている側が「自分は騙されている」という認識さえなければ、もしくは気持ちよく騙されているのならば、それには別にお金がかかっても良い、と。
スナックのママさんやキャバクラのお姉さんに熱をあげるのと似ているかもしれません。

それにしても小池百合子という人は「自分ファースト」な表現力に秀でているのはもちろんのこと、機を見るに敏というか、超高性能な風見鶏というか、そちらの才能が本当にすごいと思います。
今や安倍内閣の支持率は急落し、野党はもとよりマスコミも安倍政権打倒に向けて一気呵成の様相を呈しておりますが、これでもし小池さんが自民党から離れていなかったら、今回の件は巨額の税金の無駄遣いということで相当に叩かれていたと思うんですよね。
「政党渡り鳥」という異名の如く、彼女は政治家としての「運」も持っている人だと思います。



損得勘定
2017年07月03日 (月) 22:05 | 編集
 
都議選での大勝利から一夜明けた本日、小池百合子知事は「都民ファーストの会」の代表を辞任すると発表。その理由については「二元代表制などで、ご懸念がある。都知事の職務に専念したい」と言っておられます。
「都議会がチェック機能を果たせない」という批判が予想されるので「スピード感を持った対応」をしたというのが建前なんでしょうけど、裏を返せば「選挙期間中だけ代表になりました」というのが本音ですものね。
小池さんが党首か否かで、小池チルドレン達の得票数は雲泥の差だったことでありましょう。
自民党を辞めるタイミングといい、本当にタイミング良くカードを切るのが上手い人であります。
そんな一連の彼女の心中があからさまに見えてしまうので、おいら小池さんのことは好きじゃないんですけど、都民の皆さんって小池さんのことを大好きな人達ばかりですものね。
大阪の橋下さんって、人気は絶大だったけど、その反面、アンチも非常に多かった、、、そこへゆくと小池さんって本当にアンチが少ないですよね、、、でもまぁ東京ってところは、あの蓮舫さんがブッチギリの得票数で当選してしまう土地柄ですから。。。


o-NODA-570.jpg


そして、小池フィーバーの陰に隠れてはいますけど、公明党も出馬した全候補者が当選というね、、、国政では自民党について、都政では都民ファーストの会につくという、、、損得勘定なら小池さんよりはるかに老獪かもしれない、というしたたかさを感じます。
やはり支持者(信者か?)の囲い込みでは一日の長がありますね。



こんなことなら、、、文春砲炸裂?
2017年06月28日 (水) 22:22 | 編集
 
「この、ハゲーーーっ!」の豊田衆院議員の暴言問題や、稲田防衛相の「○○候補(※実際の演説では実名)をお願いしたい。防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい。」と演説した問題など、都議選を前に自民党関連の様々な問題が噴出しまくっております。
安倍政権を打倒したい野党やマスコミにとっては、今こそ一気呵成で!、というところでしょうね。

まぁ稲田さんに関しては、もうこれでダメ押しというか、将来の出世の目は完全になくなりましたね。
小池百合子都知事にとっては、この稲田さんの存在こそが都知事選に立候補した大きな要因だったでしょうから、ここまで稲田さんがズダボロになった今、「こんなことなら自民党に残っていれば良かった」「都知事選になんて出なきゃ良かった」と思っているかもしれません。
初の女性都知事なんて回り道をしなくても、自民党の中の女性の一番手の地位は安泰だったでしょうし、自身の存在感はますます増して「初の女性首相」の可能性も、、、今となっては都民ファーストの会の代表として頑張って、そこからどのように国政に戻るかを模索するしかないのですが。

まぁこれで今のところ、都議選に関しては自民党は惨敗しそうな予感です。
さらに本日、文春砲が炸裂しました。
週刊文春によると、「下村博文元文科相 加計学園から200万円違法献金の疑い」だそうで、、、


img_8c9d3391a177ff46238922cd47b302521002212.jpg


今までおいら「加計学園の問題って、何が問題なの?」って思っていました。だって何も違法性がないどころか、「50年以上にわたり獣医学部の新設を認めてこなかった」というガチガチに歪んだ文部行政にようやく穴を開けたわけで、まさに「政治主導で歪んだ官僚行政を正した」わけでしょ?
これが問題だと言うなら、全国津々浦々で日常的に行われている陳情もダメってことで、「行政は全て官僚の皆さんに牛耳ってもらいましょう」ということですからね。

しかし、裏で政治家が見返りの金を貰っていたとなると、これが一転して大問題になるわけで、まさに違法も違法、、、この文春のスクープが本当だとすると、これは安倍政権にとって非常に大きなダメージです。
都議選惨敗にこの問題が重なって、支持率急落、、、支持率が急落すれば安倍内閣退陣がにわかに現実味を帯びてきます。
さぁどうなることやら。



双方美人
2017年06月20日 (火) 22:18 | 編集
 
前任者の施策に文句をつけ、自分は巨悪な既成勢力に立ち向かっております!と大騒ぎするものの、着地点は元の場所と大差がない、いわゆる「マッチポンプ」が、この人の就任以来の常套手段。
そして、この人の凄いところは、わかりやすい言葉を卓越した話術で巧みに使って、都政や都の実務に関心の薄い層を取り込んで、自らの支持層にしてきたこと。

しかし、さすがに豊洲移転問題では「都知事の判断で移転を延期」してきたこともあって、すでに巨額のコストが費やされていることから、「マッチポンプはもう通用しない」と感じ取ったか、将来的に築地と豊洲の双方に市場機能を持たせつつ、両立させるとした基本方針を公表した小池百合子知事。

そもそも、築地市場が手狭すぎるから十分な規模を確保した豊洲市場に移転する計画だったわけですけど、築地市場での取扱量は年々減ってきていて、この15年間で3割減なわけです。
なのに、豊洲と築地の二股というのは、将来を見据えた行政の方針として通常ではあり得ないことです。
とりあえずは都議会議員選挙直前ということで、豊洲移転推進派と反対派の双方に「いい顔」をしようということなんでしょうね。

築地市場跡地の売却代金(4000億円超)で豊洲への移転費用を賄うから都民には一切負担がかかりません、というのが当初の計画だったわけです。
今となっては政治的パフォーマンスの移転延期と追加工事で400億円のコストをかけた上に、そのあおりで環状2号線の整備は大幅に遅れてオリンピックに間に合わなくなる可能性が生じています。
さらには、築地市場跡地の売却で財源化するはずだった4000億円超に加えて、築地再開発にかかる巨額な費用も都民に負担させることになります。
しかも、再開発後の築地に造った新施設を民間に貸し出したとして、60年後にもまだ元が取れていないという試算、、、もちろんその頃に御自身が御存命とは到底思えず。。。

だいたいにおいて、築地市場の土壌の30カ所で有害物質が基準値超えしており、土壌汚染が判明しているわけですけど、こちらも860億円かけて「無害化」してから再開発して市場を整備し直すのでしょうか? 、、、豊洲であれだけ安全だけでなく「安心」にもこだわったんですから、新たな築地市場でも当然やるんですよね?

あと、築地に戻りたいという業者には何らかの援助するって仰っていましたけど、その援助っていうのも結局は税金ですよね。

まぁ、この人のホンネとしては、「いずれ築地に戻れますから♡」って言っておいて、とりあえず選挙は有利に戦って、、、豊洲に移転してしばらくすれば「住めば都だなぁ、、別に戻らなくていいや」って思うでしょ、どうせ。。。という作戦なのでしょうか?

最近連発なさっている「築地ブランド」という言葉にしても、魂胆が透けて見えるような気がするのは、おいらだけではないような気がいたします。


000201702201.jpg



「待ち時間660分」ってアンタ、11時間待ちでしょうがwww
2017年06月15日 (木) 22:08 | 編集
 
回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」が、食べ放題プランを期間限定で始めたところ、各店に客が殺到して最大660分待ちの大混雑の状況が続いているのだそうな。
食べ放題プランは、平日の14~17時限定で、70分の制限時間内にサイドメニューも含め80種以上を自由に食べられて、男性は税抜1580円、女性は同1380円ですと。
全国の20店舗限定で6月13日から7月14日までの1か月間限定です。


20170614-00000010-jct-000-3-view.jpg

安いのにウマイのは相変わらず大好きですが、安いのに大量なのは最近はどうも、、、昔は「量も味のうち」だったんだけどな〜、、、
歳をとった証拠ですかね、、、つーか、元を取る自信もないし。。。



Powered by . / Template by sukechan.