incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
テレ朝、、、リアルなロンドンハーツ? 
2018年04月19日 (木) 22:14 | 編集
 
診療室を早めに抜けさせていただいて、口腔保健センターに行きました。
今日は障害者歯科診療所の班長会です。
班長会終わりには「ヤオコー」に寄って、、、いやいや、さすがに3夜連続は無いわ〜。


IMG_2708_2018042002335378d.jpg


さて、財務省の福田淳一事務次官によるテレビ朝日の女性記者へのセクハラ疑惑で、福田氏が辞任に追い込まれた件について。

まず前提として、セクハラはダメです。
違法行為じゃなくても、法的な罰則はないからといって、やってはダメ、それが大前提です。
ちなみに「この程度なら良いでしょ」っていう許容範囲は「相手が決めること」なので、相手の女性記者が嫌がっていたのにやめないのであれば、これは絶対にアウト!、です。

今回の問題について、デーブ・スペクター氏は、件の女性記者がテレ朝の社員だということが判る前、昨日の午前の時点で(フジテレビのとくダネ!に出演して)こう言ってます。

「女性記者が名乗り出にくいって言っている一方、今の、♯me too の時代、もっと不愉快なセクハラの被害を受けている女性たちにどんどん告発しなさいって言っている割には、発信力のある記者、しかも新聞ではなくテレビの記者だって聞いているんですけど、その人が出てこない」
「あの音声テープの雑な途切れ途切れの編集、そんなの平気で出しておいて、動機もよく分からない、仕事に弊害が出るから出てこれないって言っているのは、非常に邪道だと思う。私服刑事じゃあるまいし、守られた職業ですので他の取材だっていくらでもできるわけです」
「それに本当にこれがスクープだったら、自分が所属している媒体が出すんですよ絶対に。出さない理由は何なのか。もし上司に却下されていたなら、自分が所属している媒体に、それもジャーナリズム的に問題があると思うんです」

そして日付が今日に変わってすぐ、テレビ朝日が「自局の記者がセクハラにあっていた」と発表、、、それを受けての池田信夫氏(アゴラ研究所所長)の意見を以下に引用します

(前略)
福田氏の発言がセクハラかどうかは本人が争っているのでグレーだが、テレ朝が明らかにしたのは、次のような事実だ。
・少なくとも2016年11月から今年4月まで、女性記者が福田氏とのオフレコの会話を無断で録音した。
・記者は問題を報道しようとしたが、上司が握りつぶした。
・このため女性記者は、音声データを週刊新潮に提供した(金銭の授受はないと主張している)。
この女性記者は懲戒処分にあたる。無断録音を公開したのは取材先との信頼関係を壊すオフレコ破りであり、録音データの週刊誌への提供は前代未聞のルール違反だ。
(中略)
セクハラというのは、女性に対して雇用関係や契約などの優越的地位を濫用することだから、この場合は彼女が苦情を申し立てているのに1年半も取材させた上司の行為がセクハラにあたる。
テレ朝の説明には、不審な点が多い。女性記者が問題を申し立てていたのなら、なぜ1年半も「福田番」のままにしたのか。主計局長から事務次官まで同一人物の番記者をやらせるローテーションは異例で、癒着が起こりやすい。
ありそうなのはテレ朝も女性記者も承知の上で、スケベオヤジを利用していたが、最近、人間関係が壊れたという推測だ。あるいは単に女性記者が番記者をはずれて、復讐してやろうと思ったのかもしれない。
公平にみて、福田氏がスケベオヤジであることは事実だろうが、そんなことは事務次官の業務とは関係ない。こんなくだらない事件で行政を混乱させたテレビ朝日は関係者を処分し、全社員に報道倫理を教育すべきだ。
(引用終わり)

両氏の意見にはいくつかの頷ける点もありますが、、、
しかしながら、セクハラを防ぐ方法が「女性の仕事を制限する」ことであるうちは、男女の格差はいつまで経っても縮まらないとも言えます。

では「本当に変わるべきは誰?」なんでしょうか。

以下はホリエモンこと堀江貴文氏のツイッターでの意見です。

「私は検察に逮捕される直前に、親しいテレビ朝日の女性記者から心配してる事を装って携帯電話に電話がかかってきて、会話を全部録音されて逮捕後に放送された経験があります」
「あと、これは日本テレビの男性記者にですが、逮捕される一ヶ月くらい前に女子アナ合コンに誘われて、机の下に隠したテレビカメラでその様子を盗撮され、やはり逮捕後に放送されたことがあります」

セクハラをした福田氏を擁護することはできませんが、マスコミの体質(特にテレビ局の体質)に問題があることは間違い無いでしょう。
要するに「セクハラされるかもしれないけどハニートラップ仕掛けてこい」っていう社内土壌があるんじゃないかと思うんですよ、、、勝手な推測ですけどね。
少なくとも今回、マスコミ各社は「女性からの匿名の告発で財務省の事務次官のクビが飛ばせる」ことを確認したはずです。



スポンサーサイト
まさかここまで、、、ですよね
2018年04月07日 (土) 22:15 | 編集
 
大谷選手、すごいですね〜。
しかしホームラン3戦連発とは、、、まさか初っ端からここまで活躍するとは思っていなかった、というのが全ての人の感想ではないでしょうか。


20180407-00118942-fullcount-000-6-view.jpg


高校を卒業してプロ入りするにあたって、多くの先人たちは「常識的に考えて無理 」「二刀流なんて通用するわけない」「このままでは中途半端で終わる」「プロを舐めるな」というようなことを言っておりました。
そしてメジャーリーグに行くにあたっても、似たようなことを言われながら渡米しましたし、まぁなんと言いますか、過去に例のない試みに対しては否定的な意見が多く出るというのは、野球に限らず世の常でありますわな。
もちろん長期的に見てこれから先どれだけ活躍できるのかは未知数ですが、全ては彼の人生なんですから彼自身で決めれば良いことなんでね、、、我々はただただ応援するのみであります。
あとは大きな怪我をしないように、、、これに尽きますね。



救急車に「停まれ」と言ったようなもの
2018年04月05日 (木) 22:18 | 編集
 
昨日に引き続き、舞鶴市で開催された大相撲の地方巡業で、舞鶴市長があいさつ中に意識を失って土俵上で倒れた際に、女性看護師が土俵に上がって救命処置をしている時に「女性は土俵から下りてください」と、場内アナウンスが行われた件について、です。
今日のTVのニュースなどでも意外なほどに小さな扱いなんですよ、、、これって相撲協会の体質を如実に現した事象だと思うんですけどね。
それとも救命救急において「倒れた直後の数分の処置が生死を分ける」ということがマスコミ界では意外と知られていないんですかね?

昨日も書きましたけど、大相撲というのは神事であり伝統行事ということで、伝統的なしきたりを一般常識より優先させる、、、要するに祭礼を1年中やっているようなもので、世の常識とは乖離した価値観や優先順位で運営されていることが、改めて明らかになったわけです。
祭礼で、山車や神輿が道路を練り歩いて大渋滞が起きようと、お囃子が真夜中や未明に大きな音を鳴らしながら住宅街を練り歩こうが、許容されているのは、地元の皆さんが毎年行われる祭りを楽しみにしている、というのはもちろんありますが、年に一度のことだからであり、これがもしも年がら年中行われていたら、さすがに苦情も出るし、そもそもそんな街には誰も住まなくなりますわ。

それに、山車や神輿が道を塞いでいる時だって、さすがに救急車は通れるでしょ?
まさか救急車より山車や神輿が優先、、、ではないですよね?
今回の件は「そこの救急車、停まりなさい、神輿が通りますから迂回してください!」って言ったようなものですから。

もし、祭礼が日常的に行われていて、神事や伝統的なしきたりが優先される街、救急車よりも山車や神輿が優先される人命が軽い街、、、そんな街に住みたくないですよね。
要するに自分の息子を相撲部屋に入れたいか?、って話です。
つまりは今後の大相撲の存亡に関わる話です。


f44h44oivovjeg.jpg
(この写真の状況は、神輿が救急車の進行を妨害しているわけではありません)


あ、そうそう、相撲レポーターのヨコノ氏ですけど、、、「理事長の対応、早かったですね〜」「お客さんが、土俵に女性を上げていいのか!って騒いだせいで、気が動転して若い行事があのようなアナウンスをしてしまったようです」とコメントしていました。
さすが、相撲協会の御用レポーター(笑)。



このさい朝日新聞を証人喚問して文書の入手ルートを話してもらうのはいかが?
2018年03月29日 (木) 22:12 | 編集
 
森友問題〜加計学園問題〜財務省の公文書改ざん問題、、、国会ではかれこれ1年以上もの間、この一連のことしか議論されていないんじゃないか?という印象さえあります。
もちろん「森友学園に対する国有地の払い下げで超異例の値引きが行われた」ことは問題ですし、「公文書の改ざん」は違法も違法、、、しかしこれ以上の真相究明は国会では無理でしょ?、ここは捜査のプロの検察に任せましょうよ。
佐川前財務省理財局長の証人喚問なんて、素人が取り調べをしているようなもので、質問に立つ野党議員の皆さんを見ていると、真相究明をするというよりも、自身のパフォーマンスの方が重要なんじゃないの?と思わせるところがアリアリですもの。

結局のところ、当ブログで何度も書いているように、ここまでこじれたのは安倍首相の失言のせいであります。
昨年の2月17日に安倍さんが国会答弁で「私や妻が関係していたということになれば、これはもうまさに総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきり申し上げておきたい」って言っちゃった、、、全てはこれが原因。
これは本当に軽率も軽率、結果的には大失言ということですね、今となっては。。。
だって、どう考えても少しは関係あるでしょ、、、一切関係ないわけがない。
いやね、いいんですよ、関係してたって。仮に森友学園に寄付してたっていいんです、もらっていないんですから、あげてるんですから、しかも自分の選挙区じゃないんですから。
仮に口利きしたっていいんです、口利きは政治家の仕事ですから(見返りに金銭をもらったら当然違法ですけど)。

この安倍首相の大失言を受けて、「総理、関係が少しでもあれば辞職するんですね?、言いましたよねっ!」と野党が色めき立ち、マスコミも全力を挙げて何とか辞任しないか、と報道しているのが未だに続いているということですものね。
安倍さんも今さら「関係が全くないというのは誤りで、少なくとも家内はある程度の関係がありました。しかし私や家内が関係省庁に便宜を図るよう働けきかけたということは一切ありません。」などと訂正したくないですものね、、、それをやったら「1年以上にわたり国会を混乱させた責任をとれ」って言われちゃいますもの。

そして、今や完全に常用単語となった「忖度」ですが、これが違法ではないということを国会議員やTVのコメンテーターの皆さんは御存知ないのでしょうか?。
そもそも「陳情」なんていうのは「忖度」が行われるのを期待しているから日々全国津々浦々で行われているのです。
おいらが属する藤沢市歯科医師会だって、市民のために(もちろん巡り巡って自分たちのためにもですけど)様々な公衆保健活動を行っているのですが、市に協力をお願いしても皆様ご存知のように役所というのはお堅い組織なので、なかなか思うように動いてくれない、、、そんな時は市議会議員さんに対して必要性などを訴えるわけですよ。まさにその後の忖度を期待しているわけです。
具体的には障害者歯科診療の予算を藤沢市は毎年削減しようとしているんです、、、もちろん市とは直接交渉していますけど、交渉が難航すれば、市議さんにも障害者歯科診療の現状を維持する必要性を訴えるわけです。

ちなみに、官僚が政治家の顔色を伺いまくる極端な政治主導と、官僚が政治家のことを無視して行政を遂行する極端な官僚主導のどちらが良いか?、といえば、それは政治主導の方が良いわけです。なぜならば、官僚が悪事を働いても我々国民は辞めさせることはできないですけど、政治家が悪事を働いたならば選挙で落とすことができますから。


tamaki-2.jpg



方言最強説
2018年02月26日 (月) 21:32 | 編集
 
平昌五輪も終わりましたね〜
それにしても、カーリング女子のブームというか、彼女たちの人気ぶりはすごいですねぇ。
生中継された3位決定戦の瞬間最高視聴率も42.3%を記録したそうで、これはもう国民的人気でありますよ。


gjj89.jpg


日本では彼女たちの発する北海道弁の「そだねー」が流行語大賞になりそうなくらいに話題ですが、海外では彼女たちがハイタッチしながら発する「ナイスー」(正確には「ナイッスー」ですかね?)が人気なんだとか。
英国BBCのカーリングを実況したアナウンサーも彼女たちの「ナイスー」がお気に入りだそうで、、、ちなみに海外では彼女たちの発する「ナイスー」は「NICE」ではなく「NAISU」と表記されております。


thumb-12160-1747869-entame.jpg


なるほど、彼女たちの「ナイスー」も英語圏の人たちにとってみれば「方言」ということですね。
やはり世の皆さん、笑顔を絶やさず一所懸命頑張る女子が方言を話している姿に「萌える」んですかね。
そういえば、かつて卓球の福原愛さんが中国で大人気になったのも、頑張って中国語を話そうとする姿が理由だったそうで、しかもそれがある地域の方言だったそうですから。
例えば海外から日本のチームに武者修行しにきた可愛い選手が頑張って日本語を話せるようになって、それが例えば東北弁だったとしたら、、、そりゃ人気出ますわな。


11001194.jpg


ちなみにウチの嫁さんは、カーリング女子の「ナイッスー」は軽くイラっとくるらしいです、はい。



この表情以外にない
2018年02月09日 (金) 21:05 | 編集
 
昨日は左の肋骨部が本当に痛くて辛かったわけですけど、今日になって、痛みも少し和らいで、痛みの範囲も心もち小さくなりまして、だいたいどの辺が痛いかも分かってきました。
これは単なる打撲なのか、、、その割にはアザとかは出来ていないんですよね〜、、、肋骨の最下縁なので、もしかすると骨ではなくて筋肉が痛いのかもしれません。身体をひねると痛みが走りますから。。。
まぁ何にせよ、一昨日の夜を反省し、昨日に引き続き本日も休肝日としたのでありました。

さて、平昌五輪の開会式出席のため韓国を訪問している安倍晋三首相は、文在寅大統領と会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に政策を変更させるため、米国とも連携して「圧力を最大限まで高めていく」方針を確認しました。


20180209-00000110-jij-000-12-view.jpg


まぁ、なんと言いますか、、、この2人の表情ですよ。
両者とも「これ以外に選択肢はない」という表情をしていますよね。
文大統領は五輪のホスト国として笑わないわけにはいかないし、安倍さんは昨今の韓国の迷走ぶりからして笑ってはダメなわけで。
両国のスタンスというか、お家事情というか、、、そういうのが透けて見えますなぁ。



日本は、ムシ歯治療をやめよう。
2018年02月06日 (火) 22:16 | 編集

バレンタインデー、、、日本のチョコレートの年間消費量の2割程度がこの日に消費されると言われる、ある意味で「異常な日」であります。
もし、年間降水量の2割が特定の日に集中して降ったら、これはもう土砂災害警戒情報が出され、避難の指示が出て、ニュースでは「今まで経験したことのないような大雨が、、」と大騒ぎするレベルであります。
そうなんです、お菓子メーカーとしては「無くなったら絶対に困る日」なのであります。

そんな中、2月1日の日本経済新聞に掲載されたゴディバジャパンの新聞広告が話題になっております。
「日本は義理チョコをやめよう」という言葉は、チョコレート会社のコピーとしては極めて異例であると、、、
広告には「義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘン」「気を使う、お金も使う、でも自分からはやめづらい、それが毎年もどかしい」などと、それっぽい理屈が書かれていて、「それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。いや、この時代、ないほうがいい。」などとカッコよく結論づけているのですが、「おいおい、それって本音?」「ある種の売名行為?」「炎上商法みたいなもの?」という疑惑も持ち上がってまいります。


634ea_650_065ff81f_b2c475fd.jpg


例えば、日本歯科医師会が「ムシ歯をなくしましょう!」と言えば、「でも本当にムシ歯が無くなったら歯医者さん困るでしょ?」という声が上がるのと、似ているかもしれません。
我々歯科医師の立場からすれば、たしかに「ムシ歯はなくなってほしいけど、誰も歯科医院を受診しなくなったら困る」のは本当です。
もっとわかりやすくいうと「ムシ歯が痛くなったら」ではなく「ムシ歯ができたら」でもなく「ムシ歯ができないように」定期的に来てほしい、「駆け込む」のではなく「計画的に」来てほしいということですね。
きっと、ゴディバも「バレンタインデーが来るから慌てて買う」のではなく、1年を通して「定期的にチョコチョコ買ってね」と言いたいのかもしれません。それをカッコつけて言うと、、、違うかな(笑)

それにしても、このニクいまでの広告手法、日本歯科医師会も見習ってほしいものであります。
「日本はムシ歯治療をやめよう」くらいのコピーで新聞広告打ってくださいな。



女性の仕事を奪うのは女性?
2018年02月02日 (金) 22:16 | 編集
 
雪、積もらなかったですねぇ。
湘南地方では下界は全く積もらず、診療室のある片瀬山はさすがにウッスラと積もりましたけど、しかしまぁ雪かきをするレベルではありませんでした。
天気図を見ても、今回は南岸低気圧がスーパーマイルドだったことに加えて、八丈島の南を通ったたため、降雪量自体が少なかったようですね。


18020206.png
 

さて、自動車レースのフォーミュラ・ワン(いわゆるF-1ですね)が、今年からグリッドガール(スターティンググリッドに選手名が書かれたボードを持って立つ女性ですね)を廃止することを、公式サイトで発表しました。
F-1側は廃止の経緯について、グリッドガールが「ブランドバリューにそぐわず、現代社会の規範と調和しない」と説明しており、その背景には「女性差別」批判があったことは想像に難くありません。


9d826492.jpg


一方で現場の女性たちを中心に反発もあり、廃止の是非について議論が巻き起こっています。
実際にグリッドガールとして活動しているという女性は、、、
「フェミニストたちのせいで、私たちは職を失った。私は8年間グリッドガールをしているけど、不快に思ったことは一度もない。私はこの仕事を愛しているし、そうじゃなければやっていない。誰からも強制されていないし、これは私たちが選んだ仕事だ」
「必死に働き、好きなことを仕事にしている私たちにとって、とても悲しく、腹立たしい週だ」


314b41a1.jpg


スターティンググリッドに無理矢理立たされて嫌々仕事している人なんていないのに、彼女たちを見た人が「差別だ!」「不快だ!」と感じたから、自粛〜廃止となるわけですものね。


f1-malaysian-gp-2015-grid-girl-lewis-hamilton-mercedes-amg-f1-team.jpg


で、代わりにマッチョな男性がグリッドに並んだら、それはそれで活動団体が「女性排除だ!」「女性の社会進出を阻む象徴!」だとか言い出すのでありましょうか、、、まぁ言わないでしょうけどねwww

どの分野でもそうなんですけど、自粛や規制って、やり過ぎると「かえって逆効果」になることはママありましてね、、、↓これはインドネシアでの事例。


scmp-180131-thumb-720xauto.jpg



一時代の終焉
2018年01月19日 (金) 22:14 | 編集
 
『週刊文春』で看護師との不倫疑惑が報じられた小室哲哉さんが本日、記者会見を開いて「けじめとして引退を決意しました」と発表しましたが、ちょうど昼休みだったので会見の一部を見ました。
個人的感想としては、よくある不倫報道を受けての釈明会見とは違った印象を受けたというのが正直なところです。
今回を機に、「文春砲」に対する賛否の割合が大きく変動するような予感がします。


2018011900092_1.jpg


ネット上でも色々な人たちがコメントを寄せておりますが、その中でも医師でタレントの友利新という人の発言に目が止まりました。
「介護って本当に出口がないというが、終わりが見えない、すごくきれい事では済まされないことがたくさんあるんですね」「そういった中でつい、、、もちろん倫理的にはいけないことですけれども、求めてしまう気持ちを抑えることが私たち他人ができるのか。この夫婦にとって、いびつかもしれないけど、夫婦の関係を保っていたとしたら、この報道に何の意味があったのか」
、、、介護する側と、介護される側の違いこそあれ、「いびつかもしれないけど、夫婦の関係を保っていた」という点で、乙武さんの不倫報道の時の議論に通じるところがあるかな、と思いました。

小室さんの音楽的功績に関しては、今さら申し上げるまでもないのですが、ある音楽関係者が書いたこの文章が簡潔かつ適切に彼を評していると思います。
「小室哲哉は、ただの敏腕プロデューサーではない。数多くの名曲を生み、ヒットソングをシーンに広めた功績者というだけではない。彼は、常に革新的なことを取り入れ、あくまでメジャーシーンという、大衆が耳にするという場所で、あらゆるアプローチの楽曲を世に広め、斬新な手法を、その後のミュージシャンがごく自然に共有できる手法として多く広めた人物である。」

ちなみに、彼の残した「実績」を数字で示すと、このような驚愕の結果になってしまうのだそうで、、、

▽歴代作詞家シングル総売上 TOP5
1位 12,383.8万枚 秋元康
2位 6,834.5万枚 阿久悠
3位 4,986.6万枚 松本隆
4位 4,231.3万枚 小室哲哉
5位 3,853.0万枚 つんく

▽歴代作曲家シングル総売上 TOP5
1位 7560.2万枚 筒美京平
2位 7184.3万枚 小室哲哉
3位 4179.3万枚 織田哲郎
4位 3893.7万枚 桑田佳祐
5位 3811.9万枚 松本孝弘

▽歴代編曲家シングル総売上 TOP5
1位 6,128.6万枚 小室哲哉
2位 4,135.8万枚 船山基紀
3位 3,973.3万枚 萩田光雄
4位 3,747.1万枚 筒美京平
5位 3,594.2万枚 葉山たけし

日本の音楽シーンの一時代が終焉すると言っても過言ではないですね。



くじけるなよ! 必ず戻ってこい
2018年01月09日 (火) 21:15 | 編集
 
今日から仕事始めです。
今年は成人の日が8日だったもので、迷ったのですが、昨年末の仕事納めを遅らせて、9日を仕事始めにさせていただきました。

で、いきなりのものすごい風ですよ。
天気図を見ると、低気圧が物凄〜く発達しちゃっているじゃないですかぁ。
こりゃ大変だ〜


18010912.png


さて、4日に亡くなった星野仙一さんですが、やはりというべきか、関係者が色々なエピソードを語っておられます。
たしかにエピソードには枚挙に遑がない人でしたよね、、、闘志むき出しの熱い男として語られると同時に、気遣いに富んだ温かみある後日談が多い人でもありました。

個人的に印象に残っているのは、これ、、、





おいら、アンチジャイアンツなわけですけど、巨人の選手が嫌いなのではなく、いやむしろ好きな選手は多いです。
要するに球団というか、その上が嫌いだったんですね。
だから、原さんが監督解任された時、前年日本一に輝いたにもかかわらず、3位で解任されたことに納得がいかなかったことに加えて、本拠地最終戦の東京ドームでは何のセレモニーもなく、、、で、敵地甲子園での最終戦ですよ、敵将の星野監督が企てたささやかな、しかし熱いメッセージの詰まったこのセレモニーですよ。
阪神ファンからの「原コール」も当時は驚きましたけど、結局のところ、野球ファンの「思うところは一つ」だったんですよね。
それを当時の星野監督が行動に移してくれた、、、そんな感じでありました。


033400bfbc41a1ef8600651032fe0525_640px.jpg



Powered by . / Template by sukechan.