FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
サッカーの「勝ち点」の意味も知らなかったしネ
2005年07月04日 (月) 14:53 | 編集
ダメ男?.gif
報道ステーションを視ていたら、急にお詫びが始まりました。

このお詫びをするに至った事の発端は、さる6月10日に「北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会」に横田夫妻が参考人として出席したわけですが、その日の夜の報道ステーションで古館さんは、
「無神経としかいいようがないんですが、(中略)今日、ある議員がですね、横田夫妻に対して経済制裁というものをすれば、あのニセの遺骨が、今度は本物の遺骨になりかねない、というちょっと信じ難い発言をしているんですね」と言ったんですね。例のアノ大きな声で。

この日、横田夫妻は国会で経済制裁の必要性を訴えたわけですが、自民党の岡田議員は横田夫妻に次のように質問していたのですな。
「経済制裁によって万が一、不測の事態が生じはしないかということが我々も心配でならないわけであります。
前のがニセの遺骨であったならば今度は本物を出そうと、こういうことを考えかねない国だと思うんです。
そうした恐れを抱きながらもなおいま、経済制裁をお求めになるのか」

これに対して横田滋さんは
「そういった懸念はゼロではない」とした上で、そもそもめぐみさんの実名と写真を公表して拉致問題を世間に訴え始めた時点で「リスクはもうゼロではなかった」と発言しています。

古館さんは要するに「知ったかぶり」をしてしまったわけで、しかも背景に「大いなる勉強不足」というのもあるんですね。
当時の岡田議員の質問のVTRを視れば、素人目にも「横田夫妻の決意のほどを国会という場で鮮明にするためのもの」だということが明白です。
古館さんが単にトンチンカンなバカ(敢えてバカと言わせていただきます)だと言ってしまえばそれまでなのですが、彼の周りのスタッフに助言者がいないことを如実に物語っているとも思うんですね。
テレ朝らしいといや、それまでですが。

で、1ヶ月近く経ってからの今日の「お詫び」だったわけですけど、お詫びの文言の殆どを隣の女性アナウンサーに読んでもらうという、、、古館さん、あんたもう辞めた方がいいよ、、、と思ってしまいました。
それにしても古館伊知郎というヒトは、不勉強で、しかも大袈裟な物言いで、そのくせコメント内容が超薄っぺらという、、、報道キャスターとしての致命的欠陥を全て持ち合わせているんですから素晴らしいことこの上ないですな。
スポンサーサイト



Powered by . / Template by sukechan.