FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
なんだかなぁ、、、いや尖閣の話です
2011年01月21日 (金) 22:21 | 編集
 
昼休みに、昨日と一昨日の先輩の奥様の葬儀でお手伝いに名乗り出ていただいた方々の名簿や、当日撮った写真をCDに焼いて先輩の元に届けました。

撮った写真は約250枚、、、昔の24枚撮りフィルムじゃこんなに撮れませんものね。まさにデジカメ時代ならではの枚数です。

しかし葬儀の写真なんて今まで撮ったことがなかったもので、会場内をどこまでウロチョロして良いものやら勝手がまるでわからずじまいでした。あんな写真で良かったんだろか?


夜は家族で近所の焼肉屋さんに行きました。

平日半額ならぬ、平日倍量の素晴らしきお店ですが、今日は敢えて満腹まで食わずに断腸の思いで箸を置き、帰宅。

しかし、結果的にこれがなかなか良いのです。
これからはこうしよう!



以下は時事ネタ。

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突とビデオ映像流出事件で、東京、那覇両地検は21日、国家公務員法(守秘義務)違反容疑で書類送検されていた第5管区海上保安本部の一色正春・元海上保安官(44)=退職=と、公務執行妨害容疑で逮捕、送検された後に釈放された中国人船長を、それぞれ不起訴処分(起訴猶予)としたと発表した。これにより一連の事件の捜査は終結した。

 昨年9月7日、尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突、翌8日に漁船の中国人船長が公務執行妨害容疑で逮捕されたが、那覇地検は勾留中の25日、日中関係への影響などを考慮して釈放した。

 11月には動画投稿サイト「ユーチューブ」に事故の映像が流出。警視庁は「自分が投稿した」と名乗り出た一色元保安官を12月22日、国家公務員法違反容疑で書類送検した。元保安官は同日、停職12カ月の懲戒処分を受けて退職していた。



20110121k0000e040096000p_size5.jpg

trl11012115520082-p1.jpg


領海侵犯して巡視船に体当たりしてきた、アタマのいかれた船長は、母国で「道徳模範」の一人として表彰されたり、中国紙で「中国で最も影響力があった100人」に選出されたり英雄扱い・・・

一方、国民に真実を伝えようとして公務員という安定した生き方を犠牲にした海保保安官は、犯罪者扱いを受けて謝罪・・・

この差は一体どうなっちゃってるんでしょうね。


 起訴猶予となった一色正春元海上保安官が21日、公表したコメントの主な内容は次の通り。

 ご迷惑をおかけした関係各位、国民の皆さんに深くおわび申し上げます。

 何度もためらい、悩んだ末に安定した職を捨て、あのような形でビデオを公開したのは、事件の真相を知っていただき、尖閣諸島の問題、日本の領海を脅かす外国船の問題など、どうすべきか考えてほしかったことが唯一の理由です。公開の方法が正しかったか今なお判断が付きかねますが、黙っていたら後悔していたとも思っています。

 起訴猶予は、寛大な処置とは思いますが、なぜ、あのビデオが国民に秘密とされ、公開が許されないのか明らかにならないまま終わってしまうことを残念に思います。私の処分が終わることによって、本当に大事な問題が置き去りにならないことを心より願っております。




スポンサーサイト



Powered by . / Template by sukechan.