FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
かなり歴史的な日
2019年05月01日 (水) 22:20 | 編集
 
令和元年5月1日、本日より令和の時代に入りました。

まずは朝から所用のためクルマでお出かけしましたが、今日は朝から交通量が多めです。
こりゃぁ帰ってくるときには結構な渋滞になっているぞ、、、と少々ブルーになります。
所用終わりで休日出勤の嫁さんを職場に送り届けまして、帰り道は予想どおり、渋滞が発生しているようなので、海岸線は避けて迂回をしながら、、、そんな折、クルマのラジオからは新天皇陛下の即位後朝見の儀でのお言葉が流れまして、令和の時代の幕開けを実感いたしました。


98rh4rvj3rv409hv.jpg


その後は午後〜夜にかけて診療室に篭って、月初めのお約束:レセ作業を中心に事務仕事に勤しみました。

しかし、今回の改元は当初予想していた以上に明るい雰囲気となりました。
現在、生きている人の殆どが、昭和〜平成の改元しか知らないわけで、平成のスタートは昭和天皇の崩御の翌日だっただけに全てが自粛ムードでしたから、今回が明るく感じられるのは当たり前なんですけどね。
それでも、過去に譲位が行われたのは200年以上前とのことで、その頃にはラジオも新聞もなかったわけで、日本全体が情報共有できるわけもなく、身分の差を越えてお祝いムードになったはずもなく、今日が有志以来初めての出来事の可能性が非常に高いわけで、歴史的な日であることは間違い無いでしょう。


AS20190501002011_comm.jpg


さて、新天皇即位における最初の儀式である、歴代天皇に伝わる剣や曲玉などを受け継ぐ「剣璽等承継の儀」ですが、この儀式に参列できる皇族は、皇位継承資格のある成年の男性皇族に限定されている点を、海外メディアなどは「女性差別」という視点で取り上げています。
日本のマスコミは特に海外からの目を気にするので、この関連の報道は大きくなりがちです。

まぁ、色々な意見があって良いとは思いますが、そもそも「出自で選ばれる天皇制」という世界の平等原則から最も遠いものを認めている以上、皇室制度に対して平等論を展開しても、あまり意味のないことだと思います。
世論調査を行うと、女性天皇容認が7割とのことですけど、女性天皇と女系天皇の違いについて、どこまで理解しての調査結果なのか、甚だ疑わしいと思わざるを得ません。(ちなみに過去の天皇は例外なく男系であり、男系の女性天皇は複数存在しますが、女系の女性天皇はもちろん、女系の男性天皇も1人として存在しません)
2000年レベルで続いてきた伝統を覆して良いのかどうか、一度壊したら歴史の重みが失われ、天皇制そのものの存続が危うくなることを念頭に置いて議論する必要があると思います。



スポンサーサイト
Powered by . / Template by sukechan.