FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
少数派からの視点
2020年05月24日 (日) 22:27 | 編集
 
1週間ぶりの良い天気、陽射しも人出もタップリな湘南地方でありました。
海岸沿いの人気飲食店は開店前から大行列、通常通りの日曜日の見慣れた光景であります。
結局のところ、休日で天気が良いのにガラガラな湘南地方って、何日あったんだろ?、、、1日か2日ですかね〜www、、、でもまぁ例年のGWとか、混雑とかいうレベルではなく「壊れている」わけですから、それと比較すれば十分に空いていたわけですけどね。

さて、時事ネタを語るにあたり、色々な方向からの視点を持つことは大切なことだと思いますので、ネット上にあった、少数派とされる側からの視点を3つほど御紹介します。

ロッキード事件のように外国からの情報提供ひとつで端金の収賄事件で一国の総理を刑務所にぶち込むような権限を持ち、批判すべきマスコミがズブズブの関係だとすれば、この組織が暴走した時、一体誰が止めるんでしょうか。

日本は他の国と違って専門家主導のアプローチができた。
政治のリーダーシップが欠けていると批判されたが、それによって医師や専門家が前面に出ることができた。


中国は圧力強化の一環として、台湾を訪れる観光客を制限し、昨年8月から中国から台湾への個人観光旅行を全面的に停止しました。
中国と仲が悪くなることによって、中国の方から事前に感染遮断をしてくれたので、結果的には防疫成功の大きな助けとなりました。




スポンサーサイト



Powered by . / Template by sukechan.