FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
相も変わらず、、、
2008年03月02日 (日) 14:57 | 編集
当たり前ですが、午前中から行動開始することができました。

昨夜は飲み過ぎていないですから、、、健康的です。

午前中は昨夜の続きでレセ作業です。



その後、チャリを駆って鵠沼海岸駅の商店街へ行きました。

鵠沼海岸の商店街はなかなか雰囲気がよろしいです。

駅前の小綺麗な歯医者さんは日曜も診療しておりまして、患者さんで賑わっております。

その歯医者さんの近くのラーメン屋さんで昼メシを食ってみました。



ラーメン、なかなか美味しいです。

それにも増して日曜の昼から飲むビールは格別です。



その後はモトマチユニオンでお買い物、、、

ここには自転車用の空気入れがあるんですね。

そこでタイヤの空気を入れたりして。


ほんでもって帰宅して午後は昼寝、、、

なんか、いかにも休日!という感じで、妙に嬉しいです~。


夜はビールとワインとパンとビーフシチュー。

これが美味しくてとても楽しい夕食なんですけど、毎日が今日みたいな生活だったら確実に没落してゆきますナ、、、。



さて、夜に日テレのバンキシャという番組を視ていました。

例によって周産期医療崩壊の問題を取り上げていました。


相も変わらず医師の重労働「だけ」にスポットを当てて、

「国は一刻も早く抜本的対策を!」、、、それだけ。


ばっかじゃないの?


医師不足も過重労働も確かに問題だけど、なんといっても一番の問題は、1度でもミスがあったら医師生命を絶たれるほどにとことん責任追求されること。

ミスがなくても、本来0になるはずのものを、50でなんとかおさめたとしても、100でなければ文句を言われてしまう、、、

医療従事者というものは、患者さんから感謝さえされれば、少々の重労働は何とかなるんです。

今の医師達には使命感を支える心の支えが無くなっているんです。


国民の医療に対する不信感、それを煽動したのはほかならぬマスコミと、そのマスコミにまんまと乗っかって国民の不満を煽った医療ジャーナリストと称する輩。


医師不足と重労働だけにスポットを当てて、国の対策の遅れを批判することに終始するのは、今までしてきたマスコミ自らの罪を隠すためと見るが、どうよ。


gakuzen.gif




関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.