FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
技術革新かぁ
2008年05月12日 (月) 09:37 | 編集
北京五輪へ向けて、競泳界ではspeedo社製の水着の話題で持ち切り。

なんせ、speedoの水着を着るとタイムが1秒以上違うってんだから尋常じゃありません。


ミズノやデサントは、大阪の山本化学工業社製の素材の導入を急遽検討しているそうです。
日本の中小企業の技術力で世界を唸らせて欲しいもんです。はい。




それにしても、、、う~む、、、なにやら競泳界もF1のようになってきましたぜ。


速いクルマに乗らないと勝てない、、、
という図式です。



まぁF1の場合、強いドライバーには速いクルマを持つチームからオファーがあるから、最終的にはほぼ実力通りの結果となっているのですが、、、。

でも、世界を転戦しながら年間16戦とかを戦うF1と違って、4年に1度の五輪がすべての競泳の場合、どこのメーカーと契約したかで明暗が思いっきり分かれるわけで、、、

これって、スポーツとしてどうなのよ?
そんな疑問が湧くわけですな。


TVで某コメンテーターが「何故こんなに大騒ぎしているのか私には全く理解できない。そもそもスポーツの進化は道具の進化だと言っていい。棒高跳びもゴルフもテニスもスキーも全て道具の進化とともに高さも飛距離も球速もタイムも進化してきたんだから。」と言ってました。



、、、う~ん、、、その論法は無理がないか?

あなたが例に挙げたスポーツは全て、道具を使うことが前提のスポーツですからね。



走り高跳びの選手がドクター中松の靴を履いていたら、、、ヤバいでしょ。
(ま、あの靴で飛びやすいかどうかは別として、、、ですけど)



古代オリンピックじゃないけど、そもそも競技なんてものは、元々は全裸でやっていたものでありまして、、、
しかしながら、近代以降は全裸だと何かと色々な問題が多々あるから水着をつけているわけでして、、、


かのイアン・ソープが全身を覆う水着で初めて我々の前に現れた時、違和感を覚えたのはおいらだけじゃないはず。



まぁ↓このぐらいの水着でいいんじゃないの?、、、この方がカッコイイしさ。



speedo01.jpg




関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.