FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
これから帰国します
2008年08月18日 (月) 13:51 | 編集
今日は帰国日。

そういえば毎朝おいらの胃袋がお世話になった、ホテルの朝食を撮っていませんでした。


IMG_3136.jpg


朝飯食って、荷造りして、、、そのまま空港へ。

もう帰国、、、名残惜しいです。






今回、ローマやナポリでイロイロ食って思ったこと、、、


それは今の日本のイタメシのレベルの高さ。

メシを食うのだけが目的で、わざわざイタリアに行くっていうのは、おいらのようなイタメシ大好きな変わり者は別にして、普通の日本人はやめた方が良いのかも。

なんせ今はユーロが高いですからね、、、お得感が少ないんです。


もちろん、味や量の割に値段は安いわけですが、、、


で、今回の総合的な印象としては、イタリアの料理って総じて塩味が強いです。

日本のイタメシは塩味が弱いんですが、その分、ニンニクを効かせてますね。

日本のイタメシってニンニクが結構効いていたんだ、、、とイタリアに行って気づきました。


もちろん、日本が全てニンニクで、イタリアは全て塩、と決めつけられるわけではなく、あくまで大凡の印象ですけど。



でもまぁ、やはり、現地の店の日本では真似の出来ないアノ雰囲気の中で食うのはいいですね。

日本人が逆立ちしても真似出来ない店の雰囲気ってのがやはり確実に厳然と存在するわけで、これはもう現地じゃないと、、、。

そして食材も、特にトマトとチーズそしてワインは、やはり現地じゃないと味わえないものがあります。



でも、繰り返しになりますが、本当に今の日本のイタメシはレベル高いと思います。

逆に言うと、10年以上前の日本人がイタリアに行って本場のを食った時にはぶっ飛んだんだろうな、、、と。

特に当時は円高でしたからね、、、なおさらです。




さて、今回、メシだけを食いに行ったような印象を持たれた方もいらっしゃるかもしれませんが、

観光も少しはしましたよ(笑)。



で、よ~くわかったこと、、、

ローマってのは「世界の観光地」なんですね。

もう世界中の観光客が集結している、、、



そんでもって、日本人以外の観光客のマナーはあまりよろしくないですね。

つうか、総じて日本人はマナー良すぎです。


電車に乗ってもバスに乗っても船に乗ってもウルサいのは、(日本でいうところの)外人ども。

特にラテンの奴ら。

彼らのウルサさは小学生の遠足レベルです(笑)。

もっとも何言っているのか皆目解らないので、それほど気にならないんですがね。



服装に関しても、大聖堂などの宗教関連施設では「服装のチェックが厳しい」と聞いていたんですが、多くの日本人には関係のないことでした。

問題になるのは白人やラテン系の女性です。

彼女達、年齢を問わず、肩や背中や腹、そして胸の谷間から稜線を思い切り露出するのが当たり前ですから。


いや~日本の若者の服装が乱れているとか言われますが、、、日本の若者よ、全く問題ないです(笑)。



現代の日本の若者のマナーやモラルや服装がどうのこうのと言われておりますが、彼らは単にグローバルスタンダードなだけなんじゃないかと。

我々やそれよりも上の世代の日本人が世界的に見ると相当に特殊なんじゃないかと。

もちろん、この「特殊」ってのは悪い意味じゃないですけどね。



それから、ローマは町中が博物館かテーマパークのようでありますが、決して綺麗な街というわけではありません。

空港以外はどこもかしこも落書きだらけですし、、、


IMG_2869.jpg


日本の女子大生がついつい落書きしてしまったの、、、解るなぁ、、、これじゃ無理ないって。


IMG_3070.jpg


地下鉄や郊外電車ならまだしもES(日本でいうところの新幹線)にも落書きが、、、


IMG_2747.jpg


トレビの泉なんて落書きだらけ、、、しかも彫られていますからね。


IMG_2730.jpg


あ、そうそう、、、

それから今回、北京オリンピック期間中だったからか、マナーに関しては最強の中国人観光客がいないんですよ。

通常のローマの観光地の印象はもっと違っているかも、、、

これは重要なポイントだったかもしれません。




んで、おいらが「もう一度ローマやナポリに行きたいか?」っていうと、、、

もちろん、物凄く行きたいです。

もう、やり残したことが多すぎて多すぎて、、、



何かにつけてイロイロと問題のある都市であり、国民性なんですけど、何とも不思議に引きつける魅力があるんですね。

イタリアかぶれになっちゃう人の気持ち、よ~く解りました。





関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.