FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
綺麗なお姉さんは好きですか
2009年01月22日 (木) 23:22 | 編集

さて、昨日、人間ドックに行って思ったことを少々、、、

おいら、40歳になってから、毎年ドックに行くことにしております。


で、昨日がこの病院への4回目:要するに4年目の受診だったわけですが、、、


来年は行かなくていいかな?、、、と。

その後も数年に1回でいいかな?、、、と。



この病院、検査専門の病院です。治療はしておりません。

検査費用も高いんです、、、でもサービスがメチャメチャ良いのがウリ。

まさにちょっとしたホテルのよう、、、
(といっても内装は小綺麗なビジネスホテルといった感じですが)

ちなみに、ここで言う「サービス」とは医療の本質部分とは関係ない、いわゆる「接遇」だったり、「お茶のサービス」だったり、そういう面の「サービス」を指します。


ところが、4年連続で通っていると、年々サービスが低下してゆくのが分かるんですよ。

加えて色々なところでコスト削減しているのが垣間見えるんですね。



それから、受付のスチュワーデスのようなスーツの似合う綺麗なお姉さんの応対、、、

非常に丁寧な言葉で対応してくれるんですが、おそらく丸暗記しているんでしょうな。まったく感情がこもっていないんです。

感情がこもっていないのに加えて、後々の患者からのクレーム防止の為の「釘さし条項」をこれまた丸暗記したであろう丁寧な言葉で「よどみもなく」お話しになるのです。

検査前と後の注意事項ももちろんよどみなくすらすらと丁寧な日本語で、、、
ちなみにその間、コチラを向いてお話しになるのですが、何故か目が微妙に合わない、、、

きっとおいらの額か髪の毛の生え際あたりを視て話しているんでしょうなぁ。


綺麗な女性が無表情で、非の打ちどころがないほどに丁寧な日本語で書かれた注意事項を丸暗記の上でよどみもなく、おいらの視線から数センチズレるようにこちらを見ながら話すのって、なんて気持ちの悪いものなんでしょう。



やはり医療たるものは、ホテルでもなく高級バーでもなく高級フレンチでもなく、元気な女将さんのいる民宿や居酒屋または定食屋であるべきと心新たにいたしました。



5607-1-1.jpg


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.