FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
言葉より文字の方が強かったりする、、、だから怖いかも
2009年03月12日 (木) 23:41 | 編集
村上春樹氏が「ネット空間にはびこる正論原理主義を怖いと思う」と発言、、、

「正論原理主義」という言葉を見て、正直ハッとしました。


もしかすると、既に自分もそれに片足をつっこみかけているかも、、、と思ったからです。


村上氏が言うところの「正論原理主義」というのは、「純粋な理屈を強い言葉で言い立て、大上段に論理を振りかざす」ことだそうで、「正論=悪」ということではないようです。


(以下抜粋)


その「正論原理主義者」たちは、「反対派」だけではなく、言葉を慎重に選んだり、いろんな立場の人々のことを慮ったりしてなかなか口を開けない人たちを「日和見主義者」だと強く批判して押しつぶしたり、追い出してしまう。
そして、「正しさ」はどんどん先鋭化して、「異端を排除する」ことにばかり向かっていくのです。
結果的には、社会を変革することよりも、内部での「正しさ比べ」になってしまい、それについていけない人たちは脱落していくばかり。



最近、何となく感じていた「怖さ」はこれかも、、、と思った次第。




さて、今日の1枚の写真は、ひょんなところで拾得したコレ。


太陽の悪戯ですネ。



tokyomusen.jpg



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.