incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
本日解禁日!・・・でも色々考えさせられますなぁ
2009年06月17日 (水) 23:59 | 編集
さて、今日は昨夜のゲリラ豪雨から一転、
積乱雲の多い夏の青空です。

昼前からから昼過ぎにかけては健康増進のためというわけではないですが、サイクリング。

午後に20分ほど昼寝して、夕方は横須賀に行きました。
途中、葉山に寄り道して久々にブレドールでパンを買いました。

横須賀到着後はスコヤカンに行って汗を流しました。

さて、帰宅後は10日ぶりの飲酒!!!
なんか、超ウレしいです。
ああ、、、発泡酒と赤ワインが美味い、、、

でも、暫く酒を断っていると酔いのまわるのが早いのねん。
以前はアルコール(アセトアルデヒド)耐性が出来ていたんだな、ということを実感。

アルコールは肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドという有害物質になるんですが、つまりアセトアルデヒドが悪酔いや2日酔いの元凶というわけですね。
で、アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により酢酸になり、最終的には無害な炭酸ガスと水にまで分解されます。

んで、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)にはアセトアルデヒドが低濃度の時に働くALDH2と、高濃度にならないと働かないALDH1があるんですが、このALDH2の方を遺伝的にたくさん持っている人が、元々お酒に強い人というわけですね。

一方、アセトアルデヒドはミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS)という酵素でも分解されるんです。
MEOSは鍛えるとその力が強くなってきますから、酒に弱い人が飲んでいるうちにだんだん強くなるというのはこのパターンです。
ただし、MEOSは数週間お酒をやめていればもとの状態に戻ってしまうんですね。

要するに、おいらの場合は、このALDH2が少ないタイプ(日本人の多くがこれ)なんですね。

MEOSを使い過ぎると肝障害を起こしやすくなるそうなので、もともと酒に強くない人が強くなったというのは、体にとっては危険なことなんですね。

なんか、、、10日振りに酒が飲めたのは嬉しかったんですけど、
以前の生活が間違っていたのかしらん的な懺悔の念にも陥ります。



さて、話は変わるんですけど、、、
おいらがガキの頃って、
「雷が鳴るともうすぐ梅雨明け」って大人から教わった記憶があります。

今や、そんなの全然関係なくなっちゃってますよね。
要するに、梅雨のシトシト&ジメジメなんて雰囲気じゃなくて、
いきなりザーザーピカドンガラガラドッカーンですから。

カタツムリもさぞや住みにくいに違いない。



w09617c106.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Let's GO GO!!
おめでとう!!

さぁ・・行くぜっ!!
2009/06/18(木) 20:31 | URL | NGM #-[編集]
ラジャー!
にぎわい御膳ですね!!!
2009/06/19(金) 00:29 | URL | MG #Qi8cNrCA[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.