FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
要はカルト宗教と同じ手法だというのが心配
2009年07月20日 (月) 22:01 | 編集
今日は連休最終日。

午前中は2時間ほどチャリを漕いで海岸沿いを中心にその辺を廻りました。

日に焼けたぁ、、、、



夜は片瀬海岸で灯籠流しと納涼花火を観ました。

相変わらずこのイベントは人出が少なくてゆっくり花火が観れて、、、

ビール片手に最高です。



夜は自宅でカチョカバロという絶品チーズをアテにワインを飲みまくり。

少々飲みが過ぎました。反省。





さて、話は変わって、、、





遥か遠く離れて暫く会っていない旧知の歯科医院のHPとかブログを見ると、
そこには経営コンサルに影響を受け過ぎた内容がたんまりと。。。


なんでも、毎日が日々新たな感動と幸せに満ちあふれているらしいのです。



自己啓発セミナーねぇ、、、
いや、悪くはないんですよ。
自己を啓発するということも時には大切です。
セミナーからパワーをもらうことも大切でしょう。
でもそれは、自らがセミナーを利用してやろうという気概があれば、、、という話。
実際は、セミナー受講者の多くが逆にセミナーに利用されてしまっている。。。



毎日が幸せと感動の連続、、、
そんな今現在の自分をおかしいと思ったことはないのかな?
世界中に幸せや感動に満ち満ちた生活をしている人間が一体どれだけいるのでしょうか?



一緒にセミナーを受けている他の人や、自分の職場のスタッフがセミナー受講中に感動のあまり涙を流している、、、
「ああ、感動してるのは自分だけじゃないんだ、、、」
「一緒に感動できて幸せだ」と心から感激しているんでしょうけど、
でもそれは、百戦錬磨の講師の先生の卓越した話術とテクニックによって涙を流させていただいているんです。



今までのあなたの人生で、多くの人達が一堂に会した場所で、大多数の皆が感動を共有できる場所なんて、それほどなかったはずですよね。
でも、それって極めて普通のことです。
もしそういう場所があったとしても、それは偶然であり、たまたま自然にそういう雰囲気になったのであって、誰かが意図的に仕組んだものではなかったはずです。
それが人生においては普通なんです。



きっと、あなたが最近体験していることは異常なんですよ。
ただ、皆が一斉に感動してしまっているものですから、誰も言い出せないんです。
全員があとに引けない状態になってしまっているんです。



その場に居合わせた全員が感動を共有できる一体感なんてのは、スポーツとか誰の思惑も入り込めない偶然に起こりうるものによるのであって、それ以外では、コンサートとかのその場に居合わせた人間個々の予めの強い思い入れ無くしてはあり得ないことなのです。
啓発セミナーのたった1人の講師の思うがままになるものではないのです。

それとも既に相当強い思い入れができてしまっているのでしょうか。



おいらは自分のことを幸せだとは思いますよ。
でも、決して毎日が感動の連続ではありません。
もちろん日々の暮らしや仕事で不満もそれなりにあるけど、
感動しっぱなしではないけど、それなりに周囲に恵まれて、
家族にも恵まれて、結構運のいい人生を送らせてもらったし、
トータルではかなりの幸せ者なんだろうな、、、と。



ねぇ、あなたはこの歳になって何をそんなに激しく感動しているの???
もしかしたら今まで「感動した」経験って皆無だったの?
いや、長い人生ですから、何度か凄く感動したことはあったはずです。

でもきっと「このセミナーを受けるまでは、これほどまで感動したことはなかった」って言うんでしょうね。
そうだとしたらそれはそれで良いんだけど、



今までのあなたはどれだけつまらない人間だったの???
だったら、あなたに惚れて結婚した奥様の当時のキミを見る目は何だったの?



「今は皆で感動を共有できて僕は凄く幸せなんだからいいじゃないか」と言うんでしょうね。
他のみんなにも、自分が今感じているこの幸せと感動を一緒に感じてほしいんですよね。
分けてあげたいんですよね。
わかります。。。
う~ん、、、でも、やはりそれはちがうなぁ、、、



世の中、感動と幸せばかりじゃないんですよ。
嫌なことも、たんまりとあるんです。
でも、切磋琢磨、丁々発止、相互扶助、まぁそんなこんなで楽しく生きているんです。



あなたは「皆が感動して幸せに」なんて言ってるけど、
最終の目標到達点は「自分が地域で一番に」って思ってるんじゃないのかな。
今の幸せや感動は自分が「地域で一番」になるためのステップ。


そうでしょ?



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.