FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
今日は業界の話。解らない人、ごめんなさい。
2010年01月18日 (月) 22:43 | 編集
先日、高校の先輩であり、ウチの患者さんでもあるお医者さんと話をしました。
話題はレセプトオンライン化のこと。

歯科は来年の3月を最終期限にオンライン化が完全義務でありました。
政権が変わって、完全義務は原則義務へと緩和されましたが、少なくとも電子化移行は老齢歯科医師を除いて完全に義務なので、新たな出費を殆どの医療機関に対して強制しているわけですね。(最低でもン十万の出費の強制ですからね、これが仮に増税だったら大変なことですね、、、)
ところが、医科では歯科よりも一足早くオンライン化が現在進行中でありまして、、、
で、やはり、周囲より先んじてオンライン化しちゃった人達は、トラブル続出だそうで、それはもう大変なんだとか。
どんな分野でも何でもそうですが、初期トラブルって絶対にツキモノですものね。

で、件の医者の先輩のところは完全オンライン化にはしないで、紙での提出からCDでの提出に変えただけにしたとのこと。(仕方なく電子化はしたけどオンラインにはしてないというやつですね)
今まで紙に印刷していたモノをCDに焼くだけにしたので、既存のレセコンのバージョンアップだけで済んで、費用も比較的少なく済んだとのこと。
オンライン化のために新たに色々と買い揃えたら、それはそれは超高額だものねぇ。

でも、レセコンメーカーも、当然この機会に真新しいものに買い揃えて欲しいでしょうから、そのために色々と戦略を練っているのは企業としては当然ですわな。

実際、レセコンメーカーのHPを見ると、やはりオンライン請求の美点を前面に出していて「期限ギリギリになるとNTTの窓口も混み合って回線の開通も困難になりますから、早めに導入した方が良いですよ」という旨も書かれています。(メーカーにしてみれば半端じゃない費用を投入して開発して来たでしょうから、この機にしっかり売らなければならないのは当然ですものね、、、それから不具合はなるべく早めに出しておきたいところでしょうし)
また、「ユーザーの声」ということで、昨年9月にいち早くオンライン化した歯科医師の体験談(もちろん悪いことは一切書かれていないです)とかも載ってましたが、この人って「政権交代して涙目」だったんじゃないの?、、、なんて妙に心配になったりしました。

で、お上は今年の3月までに新しくレセコン買ってオンライン化に踏み切れば、補助金が出るぞ~、でも総額には限りがあるから補助金が底をついたら終わりですよ~、早い者勝ちだぞ~、、、と我々の目の前に人ニンジンぶら下げて煽っているし、、、。
我々って、目先に餌をぶら下げておけば我先にと食いついてくる連中だと思われているんでしょうかね。
マッタク、ナメラレテイマスヨネ。

なにやら関係各方面の様々な思惑が見え隠れして、嫌になっちゃいますネ。


件の先輩は「究極の個人情報をオンラインでつなげ?、冗談じゃねぇよ」と言ってましたが、これはおいらも甚だ同意でありんす。


このレセプトオンライン化ってのは、それに関わっている、あるいは過去に関わった役人、政治家、医療産業、経済界、いろんな人のいろんな思惑が渦巻いていて、なんだか魑魅魍魎の感がありますな。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.