FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
決戦は金曜日!
2010年01月21日 (木) 22:43 | 編集
今日、1月21日はミヤさんの命日でした。
あれからもう4年かぁ、、、時が経つのは早いです。



さて、DREAMS COME TRUE、、、言わずと知れたドリカムです。

昔は好きだったなぁ、、、
デビューアルバムから何枚も持ってたし、、、

いい曲多いなぁ、と思ってたし、歌も上手いしね、、、
でもちょっとした「あること」がきっかけで一気に冷めちゃったんですけど。。。





彼らの代表曲と言えば、やはりこの「決戦は金曜日」ですね。
100万枚を超える大ヒット、、、
当時、本当にカッコイイ曲だなぁ、と思ってました。

しかし、あるとき、カーラジオから「ある曲」が流れてきて、、、
耳を疑いましたよ。
でも、すぐに全てを理解しました。
あ~、「決戦・・・」は、この曲のパクリだったわけね、、、と。

その「ある曲」は、後に CHERYL LYNN の「GOT TO BE REAL」という曲だということが分かったんですけど、、、




後半へゆくに従ってどんどん似てくるんですけど、特に3分半過ぎからはもう、、、(笑)


どうやら後日談でドリカムの中村さんも、パクリというか、CHERYL LYNN へのリスペクトであることを認めているらしいんですけど(なんでもラジオ番組の企画で作曲したとか?)、当時のおいらにとってはそんなことはどうでもよくて、ラジオからいきなり「GOT TO BE REAL」が流れてきた時の衝撃と失望感といったらなかったですね。

なんつうのかなぁ、、、同じパクリでも奥田民生がやっているパクリは微笑ましいというか、パクリ元に対する愛が感じられて余裕で許せるんですけど(聴いた瞬間に「あ~、パクってるパクってる(笑)」って感じで)、「決戦・・・」の方はどうにも受け入れられないパクリ方なんですよね。

そもそも「GOT TO BE REAL」を聴く前から、Earth,Wind & Fire の「LET'S GROOVE」にアレンジが似ているよな~、、、とは思っていたんですけどね。

要するに2つの名曲を足して2で割ったという、、、
なんか、ウマくやったよな~、、、っていう感じがして嫌悪感。
というわけで、それ以来、ドリカムは聴かなくなっちゃいました。

では、Earth,Wind & Fire の「LET'S GROOVE」をどうぞ!


ナ~マムギ ナ~マタ~マゴ ナマムギ ナマタマゴ、、、



いや~、やはりアースはファンキーですね~。
遥か昔のPVなのに、何とも言えないイイ感じです。
特にモーリスホワイトの存在感たるや、もう、、。
こういう雰囲気の映像って、東洋人が逆立ちしても絶対に出せない雰囲気で、なんつうか良い意味でワキガの香りが漂ってくるというか、ブラックミュージックの聖域みたいなもんですかね(笑)。


ちなみにコチラ↓は、オマケ。 紀香さんが、、(笑)、、ヤバいです。





ま、アースをパクるなんざ10年早かったということですナ。



さて、もうひとつ。
少年時代に「いい歌だな~」と思っていたら、後にパクリだったと判って「え~っ」と思った例があります。
それは、野口五郎の「19:00の街」です。





で、後になってBarbra Streisand の「Woman in Love」を聴いて、ショック!。





「決戦は・・・」ほどの嫌悪感は不思議と感じないですけど、まぁ完全にパクリでしょうナ。


やはりこれも「決戦は・・・」と同様に、さらにもうひとつ別のパクリ元がありまして、、、





これもやはり、ウマいことやったな、、、という感じですね。



そしてそして、あまりにもアザト過ぎて、失望感というよりも、呆れちゃうのがコチラです。





そして、パクった犯人はコチラ↓。





これ、カバー曲じゃないですからね(笑)。

ちなみに、後に原曲側からクレームがつき、八神さんもパクリを認めざるを得なくなって、原曲スタッフの名前を曲クレジットに加えたというオチまでついているそうな。



中国はたしかにパクリ大国ですけど、音楽に関しては日本もあまりエラそうに言えたもんじゃないですね。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うっ、宮さんの命日忘れとった!
もう、4年ですか、、、早いのぉ、、。
2010/01/22(金) 10:06 | URL | オレ #-[編集]
本当に早いのぉ。
我々も再来年にはミヤさんの享年と同じになるのぉ。
2010/01/22(金) 13:58 | URL | MG #Qi8cNrCA[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.