FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
昨今の「配慮」ってのは・・・
2012年11月01日 (木) 22:25 | 編集
 
今日は13時まえ〜17時すぎまで身障者歯科診療所の当番なので診療室を抜け出させていただきました。
3週に1度の昼休みのない日なわけですが、マンネリ打破の「変化」という意味ではこれはこれで結構アリなんですな。
昼休みがあると思っていてアクシデント的に無くなるとダメージがデカイですが、最初からないと判っていると大丈夫。
人間って単純です。


さて、以下は読売新聞の記事なのですが、、、

『県文書「自殺」→「自死」へ 来年度から』
 島根県は30日、自殺防止の施策をまとめた県の「自殺対策総合計画」の名称について、「自殺」という言葉の使用をやめ、来年度から「自死対策総合計画」に改める方針を示した。中身も「自死」の言葉を使う。遺族の感情に配慮したといい、県の文書では今後、可能な限り「自死」に統一する。
 この日、松江市で開かれた県自殺総合対策連絡協議会で明らかにした。2007年度に策定した自殺対策総合計画が改訂されるのに合わせて変更する。
 「自殺」という言葉を巡っては、「殺す」という文言が含まれ、罪人のようなイメージがあることから、県内の遺族らが「自死」とするよう県に求めていた。新たな計画は13年度から5年間。市民から意見を募るパブリックコメントなどを経て、策定する。
 自死遺族自助グループ「しまね分かち合いの会・虹」代表で協議会メンバーの桑原正好さん(62)は「訴えが実りうれしい。自殺という言葉で、多くの遺族が傷ついてきた。同様の動きが全国に広まってほしい」と話していた。
 一方、内閣府は今年9月に策定した新たな「自殺総合対策大綱」で、「自殺」という言葉を用いている。
(2012年10月31日 読売新聞)



アホですよね〜。ホントにアホ。
昨今の「配慮」って、アホがやることなんですかね。

自衛隊とアメリカ軍による離島防衛訓練が、中国に「配慮」した日本の要請で中止されたそうですが、このアホさ加減、、、強い不快感を示したキャンベル国務次官補じゃないですけど、マジで「理解しかねる」わな〜。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.