incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
ちょっとこわいはなし
2013年08月22日 (木) 22:19 | 編集
 
夏休みが明けてからというもの、このところの睡眠の質がすこぶる良好です。
やはり、心のリフレッシュって大切なんだ〜、、と思うおいらです。

さて、昨日の水曜は本来なら休診日でしたが臨時診療しまして、かわりに本日の木曜日を臨時休診とさせていただき身障者歯科診療所の当番に行ってきました。
この診療所のエアコンが強力でキンキンに冷えるわけでして、当院の低容量エアコンと比べて羨ましい限りなのですが、慣れぬ室温に身体がついていけないというか、単純に歳をとったのか、身体が冷えました。
次回からは下着を着ようかな、、、と思うものの、そうすると今度は暑いんだろうなぁ。。。


ところで、話は変わって、、、
青山繁晴氏が言っていたことですけど、「アメリカ政府の現状として、良い人材が政治の世界を志さない、政治家になるのを嫌がるということが現に起きている。その隙を狙うかのように、中国系・韓国系の住民を増やして、やがて中国系合衆国大統領、韓国系合衆国大統領を輩出しようという動きがある。」というんですね。

でっち上げた従軍慰安婦の少女像なるものをみるにつけ、むべなるかな、と思うわけですが、そういう目先のことだけではなくて、それよりも「そのような大統領が輩出された時のアメリカと、日米同盟だからといって日本は、そのアメリカにだけすがって、子々孫々もやっていくんですか?」ということなんですね。

こういうことを考えれば、日本の自立・独立がいかに大切か、ということになるわけです。
ま、韓国系アメリカ大統領がすぐに実現するとは思わないですが、韓国系州知事なんてのが輩出されてしまったら、そこから先は「あっという間」のような気がします。
悠長に考えて良いものではないでしょうね。


img11277_130821-08hirari.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.