FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
中韓の思う壷はイヤ
2006年02月26日 (日) 20:38 | 編集
名作.gif
先日注文していた本が届きました。

ちなみにこれは所謂続編の第2弾。
以前に買った第1弾の方は40~50万部も売れたんですってね。

で、今日読んだんですけど、可哀想な隣国については概ね正しいことが書かれているんじゃないでしょうか。
でも小生に言わせれば、この本、やはり極端なんですわ。

現在、中韓が主張していることが「歴史の捏造」であることは間違いのないところです。
けど、それに対して「戦前の日本のしたことは全て正しい」というような、この本のスタンスもどうかと思うわけです。
戦前の日本に失政が少なからずあり、それを止めることが出来なかったことは事実ですから。

まぁ民間が出版している本ですからね。
そういうアタマで読めば良いんです、、、教科書じゃないからね~。

ただですね、昨今ニューヨークタイムズやボストングローブも麻生外相の右傾発言に批判の記事を載せているそうじゃないですか。
いや、批判の記事自体は別に良いと思うんですがね。

ただ最近、中韓の主張するところの「日本政府の歴史認識批判」を国際社会が相応に受け入れつつある、、、というこの雰囲気はいかがなものか、、、と。
このままじゃ中韓の思う壷でしょ、、、それだけは避けたいと。

だからもっとバランス感覚の適正な売れ筋のマンガ本が登場してくれないと、、、。

、、、と、書いたところで気づきました。
内容が極端じゃないと売れないんですわ。
部数売るには民族の自尊心をくすぐることも必要なのでした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by sukechan.