FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
辛いですね
2014年08月05日 (火) 22:19 | 編集
 
お昼に入ってきた理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井副センター長の自殺のニュースは衝撃的でした。
そして、第1報の数時間後には、小保方氏に宛てた遺書「だけ」内容が漏れたらしく、報道されました。「あなたのせいではない。STAP細胞を必ず再現してください」とのこと。
この異様な迅速さ、、、誰がどういう目的で漏らしたのか知りませんが、なんと胡散臭い。。。

ネット上では早速「もっと寛容であるべきだった」という意見が出始めています。我国には自殺した人のことを悪く言ってはいけないという暗黙の了解がありますが、一連のSTAP細胞事件のせいで日本のサイエンスの良心は地に墜ちました。笹井氏が亡くなったことと、STAP細胞に関する論文のデータ捏造に関することは切り離して論じるべきだと思います。

そもそも、この研究は夏休みの自由研究の延長ではありません。笹井氏は日本のサイエンスのトップ中のトップでした。小保方氏だって、決して駆け出しの科学少女ではありません。大学ならば准教授に相当する地位の、プロ中のプロです。
今年の3月5日、下村文部科学相や山本科学技術相ら4閣僚は、世界的な研究成果を目指す「特定国立研究開発法人」に理化学研究所を指定することで合意しています。この法人に指定されれば、エリート研究者には年俸1億円の高額な給与を税金から支払える、まさに国家プロジェクトです。(その後、論文の不正が発覚して、指定は棚上げになっています)
大きな闇が背景にあるような気がしてなりません。


さて、、、
仕事終わりでお通夜に行ってきました。
辛いお通夜でした。
私が経験した中で、泣いている人の数の最も多いお通夜でした。

合掌




関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.