FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
半人前を実感
2006年03月03日 (金) 09:48 | 編集
w06303b107-1.jpg
診療中に電話がありました。
今週の月曜日(2月27日)に来院された患者さんからの電話です。

なんでも、公共交通機関の高齢者用無料パスが無くなったらしいのです。
それがどうも、ウチに来院された時に保険証と高齢者受給者票を提出していただいて一時お預かりしたわけですが、それらと同じケースに入れていたのでその時に無くなったのでは?、、、ということなのです。

こちらにしてみればまさに晴天の霹靂、、、「え?、、なにそれ??、、どういうこと???」、、、という感じでした。
そのせいで少々気が動転したのか、当方の正当性を主張するような言葉が思わず口を突いて出てしまったようです。

その後、患者さんの語気が荒くなっていくのが解りました。
普段は穏やかにお話しになる方なので、これに小生も驚きを隠せませんでした。
そうなるとこちらの電話口での応対がますますおかしな方向に向かって行くような気がしました。

この患者さんは何年も前から存じ上げていた方だったので、いわゆる「難癖をつけて」いるのでない、、、これは間違いありません。
小生も27日当日のことを思い出そうと必死になりましたが、急なことだったのと、他の患者さんをお待たせしているということもあって、頭の中がどんどん混乱してゆくのが分かりました。

とりあえず、一旦電話を切らせていただいて仕事に戻りましたが、そのことがどうしても頭から離れません。
その後、いくら思い返してみてもその時のことはやはりハッキリとは思い出せず、、、もちろん故意にそのパスを抜き取るなどということはスタッフも含め有り得ないことですが。
やはり当日の記憶は曖昧です。

診療が終了してから診療室内を探しました。やはり件のパスは見つかりません。
、、、開業すると嫌でもこういうトラブルを経験しないとならないわけで、、、開業なんてしなければよかった、、、という思いが脳裏をよぎります。

いくら探しても見つからず、、、しかし夜遅くなると電話も出来なくなります。
もっと探して明日の朝に電話をした方が良いのか、それとも今日中にした方が良いのか、、、悩んだ挙げ句、とりあえず本日中に連絡することを決心し、受話器をとりました。

電話の向こうの声はいつもの穏やかな声に戻っていらっしゃいまして、、、当方もそれで妙に落ち着きまして、、、素直に謝ることが出来ました。
探したけれど見つからなかったことと、このままでは申し訳ないので本来なら無料になるはずの交通費を支払わせていただきたい旨を申し上げると、「もう仕方がないから」と言っていただき、交通費に関してはやんわりとお断りになられました。

「パスに関してはもう諦めます」、、、と言って下さいましたが、「それではこちらも困るので」、、、ということになり、押し問答のような時間が数分、、、、、
結局それに関しては結論は出ませんでしたが、、、

、、、今回の事でいろいろと勉強になりました。
先ずは相手の気持ちになれ、、、頭では解っているつもりでも、とっさに自己保身に入ってしまう小生は小さな男。情けなさの極みですな。

電話を切る段には、「確認しなかったこちらも悪い」、、、とか、「わざわざ連絡をくれてありがとう」、、、などと言っていただくという、、、。
、、、半人前とは小生のようなヤツのことを指すのでしょう。ちゃんちゃん。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by sukechan.