FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
人生いろいろ 性能もいろいろ
2015年01月06日 (火) 22:17 | 編集
 
休暇明けにいつも感じることなのですが、睡眠の質が改善しているんですよね。
やはり休暇って大切です。

日頃、そんなに自分を追いつめているわけではないですし、過労死なんていう言葉は大して身近ではありません。
自分などよりもっともっと毎日を全力疾走で生き抜いて、半端ではない負荷を自らにかけ続けている人って、世の中にたくさんいると思います。
自分もそういう生き方をしなくては、、もっと充実した人生を送らねば、、、と考えたときもありました。
たしかに個人に与えられた時間は有限ですからね、立ち止まっている場合じゃありません。
そのうちに、、、などと考えていると、結局何もしないまま人生が終わってしまいそうです。

ただですね、人間個々の性能って皆同じではないですから。
飛行機に例えるなら、ジェット機〜プロペラ機〜グライダーのように千差万別。
ジェット機って、スピードは物凄いですけど、ジェットエンジンの強力な推進力が無くなった途端に飛べなくなって墜落します。
その点、グライダーなら推進力が無くなっても滑空することが出来ます、スピードは段違いに遅いですけど。

ジェット機のような人生の人っていますよね。
これでもかっていうくらいに前のめりに生きている人。
きっと人生を終えるときの充実感は半端ではないんでしょうね、、それとも元来がハングリーだから最後の最後まで渇望感で一杯なのかしら。
こういう人達って、ジェット機と同じでとにかく走り続けていないとダメなんだと思います。
もちろん走り続けられるだけの高性能なエンジンをお持ちです。
立ち止まっちゃうと、精神的にも肉体的にも調子悪くなるんだと思うんです。

自分はジェット機のような人間ではありません。
少々グライダー寄りの性格なんだと思います。
ジェットエンジンのように強力な推進力はないもんで、スピードはソコソコです。
そんな自分でも、時々性能以上のことをしているかも、、と感じるので、意図的に小休止したり、休暇を取ったりします。
推進力を落としても墜落はしないように、周囲の風を利用して滑空をしています。
その時に、ふと眼下の景色を見ることが出来て、、方向修正なんかもしたりします。

でもまぁ、パッと見だとグライダーよりジェット機をカッコいい!と思うのが人間の性。
そこでやはり一番怖いのは勘違い。
要するに本当はジェット機タイプじゃないのに、そう思い込んでしまってあらぬ方向にガンガン行き過ぎて、ある時にエンジントラブルで失速〜不時着した場所がどこなのか分からない、というパターン。

生粋のジェット機タイプの人達って、動体視力が良いのだと思います。
だから立ち止まらなくても方向修正ができるんです。
自分のような動体視力だと、意識的にスピードを落とさないと誤った方向に進んでいることに気づかないことがありそうです。

、、、こんなことを書くのは歳をとった証拠ですよね。
若いうちは自分がジェット機タイプなのかグライダータイプなのか知りませんし、もちろん性能の限界というのが分かりませんから。
とりあえず、どれだけ出来るか試行錯誤して、失敗して周囲に迷惑をかけてみるのも若いうちの特権です。

だから「若者よ大志をいだけ Boys, be ambitious.」←これはとても正しい言葉だと思います。 



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.