FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
意外と現実的
2015年01月23日 (金) 22:20 | 編集
 
堀北真希主演の医療ドラマ『まっしろ』(TBS系/火曜22時~)に、世の看護師から不満が漏れているそうな。
同作は、政治家や文化人といったセレブ御用達の最高級病院を舞台に描かれているわけですが、制作会社関係者によると「『まっしろ』は、今後TPPが批准された結果、医療制度が大きく変わり、ホテルのようなホスピタリティーを提供する病院が出てくるだろう、との臆測から立ち上がった企画。そのため、患者が王様のように振る舞い、看護師が召使いのように世話をしている世界が描かれている。しかし、そんな制作側の意図が視聴者にうまく伝わっておらず、一部視聴者の反感を買ってしまった。その点は“演出ミス”ともいえます。」

、、、要するに、テレビドラマならではの「荒唐無稽」な設定ならば一笑に付すところだが、近い将来には本当にそうなる予兆が医療現場では実際にあって、実は結構リアルな設定だったりする、しかも現場の人達の殆どはそうなることを望んでいない、、、それをコメディっぽく描かれても笑えないしシャレにもならない、、、結果的に世の本職から不満が漏れたわけですな。


fee658bb.jpg


まぁ実際に視たところ、たしかにコメディになり切れていないし、将来の医療に対する問題提起にもなっていない、、、
要するに、制作者側は「もしかして将来は、患者が王様のように振る舞い、看護師が召使いのようになっちゃうかもよ〜」ということをあくまで「仮想」として描きたかったのかもしれないけど、現場では「え?もう現実に起きていて、困ってるんですけど」、、、てな感じじゃないでしょうか。
医療ドラマって難しいですね。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.