FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
一般人がテロリストに接触できる時代
2015年01月25日 (日) 21:51 | 編集
 
イスラム国により拘束された人質の殺害予告に関連する報道が連日なされる中、まだあまり知られていないのが、日本人のツイッター利用者が、イスラム国の関係者と思われるツイッター利用者のアカウントに対して行った「ISISクソコラグランプリ」という『攻撃』です。

日本人のツイッター利用者が、人質2人と黒づくめのテロリストの顔などを入れ替えたり、別の画像と入れ替えたりするなどして加工し、イスラム国関係者の思われる利用者に送り付け、ツイッター上でイスラム国と思われるアカウントが炎上しているのだそうです。

通常、常識的な人ならば、「不謹慎である」「人質の命にかかわるのですぐにやめるべきだ」と思うのが自然でありましょう。
しかし、この『馬鹿げた攻撃』を、意外にも海外メディアは全否定せずに報じているのだそうで、「テロの恐怖にユーモアを交えてイスラム国を嘲笑うことで対抗」とか「アメリカ政府ですら成し得なかったイスラム国のプロパガンダへの対応を日本人が実現している」「はっきりしていることは、日本のツイッター利用者が日本政府に対し身代金を支払うように圧力をかけろというテロリストの要求に対して、それを拒否しているということだ」などとむしろ『肯定的にとらえている』のだとか。

思えば、「暴走族」を「珍走団」と言い換えることが、弱体化に意外な効果を上げているそうで、それに通じるものがあるかもしれません。
「テロリストが参加者を増やすことで力を増していることを考慮すれば、日本人がイスラム国を嘲笑うことによって,世界にそのメッセージを発したことが、新たな参加者を妨げる唯一の方法となるだろう」
「北風と太陽」とは少しちがうとは思いますが、「怒り」で対応するよりも「嘲笑」で対応した方が新たな参加者を減らす効果はあるような気がします。

コラを作った人達には、おそらく崇高な理念などないでしょうし、いずれにせよ「不謹慎」であることは間違いないのですが。。。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.