FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
だって笑うしかないじゃんね
2015年02月26日 (木) 22:19 | 編集
 
川崎市の河川敷で中学1年の男子生徒が殺害された事件で、TVでは連日報道が続いています。
被害者の男子生徒の左目周囲に黒いアザがあったり、額に傷があったりする写真が流されたとき、一部の、しかし一定数のコメンテーターが、男子生徒が「笑顔で撮られている」ことに対して「不自然だ」と言うんですね。
「、、、でもこの写真、、、笑って写ってますよね、、、」みたいな感じで。

こういう発言をするコメンテーターって、自分が「いじめられる側」になったことがないんでしょう。いや、良いことなんですけどね、いじめられた経験が無いというのは素晴らしいことです。
でも、幼児期にではなく小学校高学年以降になってから「いじめられる側」を経験したことがある人は解ると思うんですよ、いじめられている時って「泣けない」んです。何故か「笑うしかない」んですよね、、、
この心理って、いじめられる側になった時に生じる独特なもので、「周囲に心配をかけたくない」とかいう単純なものじゃないんです。これがいじめの発見を遅らせる最大の原因なんですけど。

そういえば、過去にも似たような記事を書きました。よろしければそちらもどうぞ。。。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.