FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
想像を絶すること
2015年04月05日 (日) 22:23 | 編集

天気が悪く寒の戻りで肌寒い日曜日、、、
午前中は野暮用をこなしまして、午後は少しランニングでもしようかなと思っていたのですが、肌寒い上に弱い雨が降る中を走る気はとても起きませんで、、、
しかし世の中にはこんな天気はモノともせず、走っている人達の多いこと。本当に頭が下がります。
しかし、先週の水曜日に2週間振りに運動して汗をかいたら、これが気持ちいいんですよね。
あの運動後の爽快感が忘れられない、、、ということで横須賀まで遠征しまして「スコヤカン」に行ってしまいました。


さて、声帯がん治療のため療養していた歌手で音楽プロデューサーのつんく♂さんが4日、母校・近畿大学の入学式に登場し、祝辞の中で声帯の摘出手術を受けて声を失ったことを告白したことについてです。

歌手が声を失うということの辛さが想像を絶するわけで、、、プロデューサーとして確固たる地位を築いていたのがまだ救いか、、、これが純然たる歌手だったらと思うと。。。
しかし彼の場合、バラエティー番組などでのトークも面白かったですから、彼の声をもう聞けないのかと思うと本当に寂しいものがあります。

彼の祝辞の要旨を御紹介しますが、、、重みがありますね。(以下転載)

なぜ、今、私は声にして祝辞を読み上げることができないのか、、、それは、私が声帯を摘出したからです。去年から喉の治療をしてきていましたが、結果的にがんが治りきらず、摘出するより他ならなかったから、一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました。また振り出しです。
私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です。こんな私だから出来る事。こんな私にしか出来ない事。そんなことをこれから考えながら生きていこうと思います。
皆さんもあなただから出来る事。あなたにしか出来ない事。それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、あなたの代わりでは無理なんだ、という人生が待っていると思います。
仲間や友人をたくさん作り、世界に目をむけた人生を歩んでください。私も皆さんに負けないように、新しい人生を進んでいきます!



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.