incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
共通点アリの巻
2015年09月01日 (火) 22:09 | 編集
 
東京五輪の公式エンブレムの使用中止が決まりました。
以下はデザイナーの佐野氏のコメント。

(前略)
模倣や盗作は断じてしていないことを、誓って申し上げます。
(中略)
残念ながら一部のメディアであしきイメージが増幅され、私の他の作品についても、あたかもすべてが何かの模倣だと報じられ、 話題となりさらには作ったこともないデザインにまで、佐野研二郎の盗作作品となって世に紹介されてしまう程の騒動に発展してしまいました。
自宅や実家、事務所にメディアの取材が昼夜、休日問わず、来ています。事実関係の確認がなされないまま断片的に、報道されることもしばしばありました。
(中略)
今の状況はコンペに参加した当時の自分の思いとは、全く別の方向に向かってしまいました。 もうこれ以上は、人間として耐えられない限界状況だと思うに至りました。
(後略)


個人的な印象としては「潔白を強調&恨み節&魂の限界っ!」、、、あれ?、STAP細胞を思い出したのはおいらだけ?

共通するのは、双方とも「あからさまなコピペ」に頼り過ぎているという、、、しかも、かたや世紀の大発見、かたや公式五輪エンブレム、、、「仕事が大きくなると責任も大きくなる」のは当然で、「つい出来心で」では済まなくなるという、当たり前のことを当の本人が認識していなかった点。
かたや夏休みの自由研究の延長程度の認識、かたやスーパーのチラシの延長程度の認識、といったところでしょうか。

厳密に言えば「五輪エンブレム」はコピペとは違うのでしょうが、それに関連するものや、彼の過去の仕事の数々があまりにあからさまな「コピペ合成」なので、そういうイメージになってしまいます。

物事にはシャレになるか、シャレにならないかという、大きな境界線があって、巨額の税金が絡み、しかも個人ではなく組織ぐるみで、ということになれば、当然シャレにならないわけですが、どうやらこの点も共通しそうです。

一連のSTAP細胞事件のせいで日本のサイエンス界のイメージは墜ちました。五輪エンブレム事件のせいで日本のデザイン界のイメージも墜ちました。

今でも小保方氏を擁護する意見は多いです。彼女の人格とか人間性を叩くのはダメですけど、科学者としては叩かれて当然です。それほどの事をしてしまいました。
佐野氏に関しても、彼の人格とか人間性を叩くのはダメですけど、デザイナーとしては叩かれて当然でしょう。


世の中には「日本人のこの異常なまでのバッシングはおかしい!」「可哀想!」と言って擁護する層は確実にいらっしゃるでしょうけど、これに関してはSTAP細胞の勝ち、、、人相というかキャラの勝負だとどうしても、、、ね。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.