incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
画期的対応発見の巻
2015年10月30日 (金) 22:09 | 編集
 
たまたまネット上で見つけた風刺画ですが、、、英国ってところは面白いですね。
先日の訪英時には国賓待遇だったにもかかわらず、エリザベス女王が手袋をしたまま握手したり、晩餐会で出た高級ワインが天安門事件の年のものだったり、、、結構意地悪。


85e86188.jpg


さて、話は変わって、胆嚢痛のお話。
先月の24日に発生したばかりだったので、まだ1ヶ月少々しか経っていないのですが、本日発生しちゃいました。
いつも通りの、脂っこいものを食べて3〜4時間後に発症して痛みで目が覚めるパターンです。
ちなみに脂っこいものを食べれば必ず発症するというわけではなく、発症しないことが多いというか、殆どの場合は発症しません。
しかし発症する時は、その前に必ず脂っこいものを食べているので、原因は脂肪分の多量摂取であることに間違いありません。
で、本日は2時過ぎに発症して目が覚めて、暫し寝床で悶えておりました。

ここでふと、或る考えが思い浮かびました。
いつもだと、このまま早朝まで眠れずに悶え苦しんで、胃の中のものが完全消化されて小腸に移動したであろう頃に痛みが消えて、朝にチョロっとだけ眠るパターンです。
「まてよ、蒲団の上で寝ていると消化が遅いんじゃないか?、、、散歩すれば消化が促進されるんじゃないか?」
ということで、どうせ眠れないんだし深夜の散歩に出掛けることにいたしまして、、、果たしてこれが大成功。
小1時間散歩をしたらかなり楽になりました。胆嚢付近に違和感は残るものの痛みはなくなり、早朝まで悶え苦しむことから見事に開放されました。
しかも散歩中は気が紛れるというか、寝床で横になっているときより痛みも緩和されるので遥かに楽。これは良い発見をしました。

しかし、もし天気が悪い時に発症したらどうするんだろ、、、台風や大雪の時なんか絶対無理ですものね。
それから、酔って帰ってきた時とかに、深夜に散歩している人(明らかに酔っぱらいではなく散歩です)をたまに目撃することことがあって「こんな丑三つ時に何故散歩しているんだろ?」と訝しがったものでしたが、その人も胆嚢痛を抱えていたのかもしれませんね。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.