incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
常套中継場所の怪
2016年01月05日 (火) 22:07 | 編集
 
本日5日から新年の仕事始めです。
大晦日まで仕事だったこともあり、元日からの4日間だけの休暇とあって、それほど「休んだ〜!」感はありません。
でもまぁ周囲の年末年始モードに晒されて、正月気分を味わいました。
診療室も5日間だけしか空けていなかったわけで、しかも年末年始期間中でしたから、留守電もFAXも郵便物も大して溜まっていないんですね。
昨年11月の慰安旅行が良い例ですけど、通常期にまとまった休暇をいただくと、旅費は安くて素晴らしいのですけど、帰ってきた時の恐怖たるや、、、まぁこれぞ「ツケが溜まる」というやつですわなぁ。
世の中の皆様と同じ時期に休むということは、有名どころの観光地や食事処は何処も混んでいるし、料金も交通費や宿泊費を中心に高いし、悪いことだらけのように見えますけど、休み明けの事後処理だけはラクであります。

ところで、今年は3日がUターンのピークで、交通機関は大混雑だったようです。
毎年不思議に思うんですけど、TVのニュースの場合、このUターンラッシュの中継場所が、判を押したようにJR博多駅の新幹線ホームなんですよ。
40年前に新幹線が博多開業した1975年以来の伝統的な中継場所なんでしょうけど、その当時は確かに博多から首都圏までの移動は新幹線が主流だったかもしれませんが、今や九州から首都圏への移動は航空機利用が圧倒的なのは自明の理。
博多から乗車した人達の多くは関西圏で下車、せいぜい中京圏までですわ。博多発東京行の新幹線の乗客は途中でその多くが入れ替わるわけですね。
というわけで、関東で放送されているニュースで、博多駅の新幹線ホームを発車する東京行きの「のぞみ」の映像を象徴的に流すのは、世相の実態とは異なるわけで、報道としては如何なものかと、、、まぁ「帰省ラッシュの中継は東京駅、Uターンラッシュは博多駅、これでいいじゃん!」って感じなんでしょうね。
TVのニュースが必ずしも正しいことを報じているわけではない、ということは既に皆様御周知の通りでございます、はい。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.