incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
内なる声?
2016年02月26日 (金) 22:26 | 編集
 
先週「急患の嵐が止まらない」などと言ってたのがウソのように平穏な金曜日です。
それにしてもなぜ集中するんでしょうね。本当に不思議です。

さて、ニューヨーク大学の調査によると、本などの文章を読む際に、声に出さずに黙読していても頭の中で文章を読み上げる「声」が聞こえる、という人が8割以上を占めていることが明らかになったとのこと。
「読書中の内なる声」については、これまでほとんど研究が行われていない分野であり、幻聴障害の研究にも役立つのではないかと見られているのだそうな。

最初の感想は「え〜っ、8割以上もいるの?」というものでした。

おいら個人に当てはめると、現在は「聞こえない」です。
ただし、若い頃には通常は聞こえないが「聞こえる時がある」でした。
10代の頃が最も聞こえることが多く、20代になって減少し、30代に入って以降は殆ど聞こえたことはありません。
当時の記憶を辿ると、聞こえる時というのは精神的に不安定な時が多かったような気がします。

おいら、あることがきっかけで、20代の後半以降は人間関係において、かなり割り切れるようになって悩むことが激減したんです。もしかしたら、そういったことも背景にあるのかもしれません。
あとは、単なる加齢現象か、それともフツーに感受性が鈍くなったか(笑)ですね。


ad37e20a.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.