incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
撮り鉄捕物帳
2016年09月08日 (木) 22:09 | 編集
 
JR東海は、東海道新幹線の男性運転士(29)が、運転台に足を上げた状態で運転していたと発表しました。
この運転士は今月6日、東京発新大阪行き「こだま653号」に乗務し、掛川―浜松駅間で、運転台に足を上げた状態で運転しているところをたまたま撮影されて、ツイッターで公開されていたのした。

で、件の写真がコレ、、、


14733185300001.jpg


あちゃー、、、やってしまいましたな〜。。。
まぁ、安全性という意味では、ほとんど大丈夫なレベルなんですけどね、、、新幹線の場合、ATCという自動運転システムにより、もしこの状態のまま運転士が意識を失ったとしても、前を走る列車が緊急停止しても追突することはないし、前の列車が通常走行すれば、この列車は次の駅で安全に停車することでしょう。
ただし、通常にはない急減速や急加速をしたり、停車時には非常ブレーキがかかるので、立っている乗客が転んで怪我をすることはあるかもしれませんが、いわゆる列車事故にはならないでしょう。
しかし、そういった問題ではなく、この運転士の行為が極めて不適切であることは当然で、到底言い逃れ出来ない事象であることは明らかです。
おそらく今後この男性が列車を運転することはないでしょうね。

ところで、ネットでは「こんな写真、よく撮れたな」という意見が多いですが、まぁ撮り鉄だったら普通に撮るような写真です。
別に「足をあげていたから撮った」のではなく、たまたま撮った列車の運転士が足をあげていたということでしょうね。
鉄ちゃんの中には列車の編成番号を確認する人がいまして、ちなみにこの列車は700系でJR西日本所有のB14編成なわけですけど、運転席の窓ガラスにB14と記してあるので、興味がある人だったら運転席周りを拡大して確かめても全く不思議はないというわけですナ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.