incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
たしかに女性の方が見映えはイイやね
2016年11月18日 (金) 22:25 | 編集
 
東京都の小池知事は今日の定例会見で、築地市場から豊洲市場への移転について、条件がクリアすれば17年冬にも実施できるとの見通しを示しました。
小池知事は8月31日の会見で、11月7日に予定されていた豊洲市場の会場延期を表明していましたが、具体的な移転時期に言及するのは初めてで、築地市場は少なくともあと1年以上、現在のまま運営されることになりました。
具体的には、来年1月に出る第9回の地下水モニタリング結果や、4月の専門家会議の審議・評価、5月の市場問題プロジェクトチームの報告書を踏まえて6~7月に環境影響評価(アセスメント)を審議。アセスメントのやり直しが必要ないと判断された場合、17年冬~18年春に移転できるとの見通しです。
アセスメントがやり直しになった場合は追加工事などが発生するため、さらにもう1年、移転は18年冬~19年春にずれ込むとのこと。


news_20161118194258-thumb-645xauto-98914.jpg


おいら、ネットサーフィンしていて「気になった文章」があると、コピペして保存しておいて、ブログの引用に使ったりしています。
で、以下の文章も先月15日にコピペしたまでは良かったのですが、なかなか引用できず、今日まで1ヶ月以上も保存し続けてしまいました。

「実のところ豊洲新市場の移転問題というのは、検証が不十分なタレコミ情報を元に小池知事が拳を振り上げた結果、社会全体のコストが無駄に増大しているだけとなっています。都民に負担を強いる一方で、よく分からない自称専門家が小遣い稼ぎをし、マスコミが視聴率のエサにしているような状況です。」

小池知事の人気は今でも絶大ですが、1ヶ月前の彼女の人気はあまりにフィーバーし過ぎていて、上記のような文章を当時引用しようものなら、ブログが炎上しかねなかったので、ずっと保存しつづけることとなってしまいました。
今日になって、ようやくこの文章の的確性が明瞭になってきたという感じですかね。
ただ、まぁ小池百合子氏という人は「機を見るに敏」な人ですから、振り上げた拳を降ろすタイミングは常に計っておられていて、「市場関係者の不満の噴出」と「都民全体の不満」とを天秤にかけながら、場合によってはサプライズな移転の前倒しを行なって「大英断を演出!」するくらいは構想の内でしょう。


さて、話題は変わって、、、
安倍首相は、日本時間の本日午前7時前から、ニューヨーク市内の「トランプタワー」で、トランプ次期大統領との初めての会談に臨みました。


14794335980001.jpg


それにしても、スゴい趣味の内装ですなぁ、、、日本人の感覚だと、仏壇的に見えなくもないような。。。
それでもまぁ、少し引いた画像だと、一応は洋風建築的な内装なんだと分かるわけですが、それにしたって金ピカ度合いが凄すぎます。


14794335980046.jpg


そして、トランプ氏の長女さんが一番エラそうに写っているという、オマケつきwww



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.