incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
好感度高いかも
2016年12月05日 (月) 22:20 | 編集
 
お昼に診療室を抜けさせていただき、横須賀の神奈川歯科大学に行ってきました。
途中、昼食を調達するために、逗葉新道沿いにある「葉山ステーション」に寄ってみました。
今年9月にオープンした葉山のアンテナショップや地元の銘店が入ったショッピングプラザです。
オシャレな道の駅のような感じで、イートインもあって平日だというのに結構混んでいました。休日はエラい混雑でしょうね。
「ブレドール」も出店していたので、今夜のワインの友にパンを買って帰りました。


さて、辞書や教科書などの出版社として知られる三省堂で辞書を編む人たちが選んだ「今年の新語2016」が発表されました。
結果は以下の通りです。

大賞:ほぼほぼ(「ほぼ」を重ねて、100%ではないものの「ほぼ」よりも100%に近い状態を表す)
第2位:エモい(感情に訴えかけるようなことがあったことを示す)
第3位:ゲスい(卑しいこと)
第4位:レガシー(先人の遺物)
第5位:ヘイト(憎悪、対象を憎むこと)
第6位:スカーチョ(スカートとガウチョパンツのいいとこ取りをしたファッションアイテム)
第7位:VR(バーチャルリアリティ、仮想現実)
第8位:食レポ(食べ物・飲み物の感想を伝えるレポート)
第9位:エゴサ(「エゴサーチ」の略、自分の名前や自分に関連する事物の名称で検索を行うこと)
第10位:パリピ(「パーティーピープル」→「パーリーピーポー」→「パリピ」。クラブやイベントで楽しく騒いでいるような人)

あくまでも新語であって流行語じゃないところがポイントですが、意外と全てをスンナリ受け入れることができるのが不思議です。
辞書を編む人たちが選ぶとこうなるんだ〜、、、って感じですかね。
あと、中立的な立場で選んでいるということも伝わってくるので、好感度も◎です。


さて再び話は変わって、気象庁によれば、今秋(9~11月)は低気圧や前線などの影響で全国的に日照時間が少なく、統計を開始した1946年以降、最も少なかったとのことでしたが、それは当院の電気料金からも如実に窺い知ることが出来るというお話です。


wwgrwgjg8w347.png


ちなみに、12月の電気料金は11月の電気使用量が反映されますので、今年の11月が昨年と比べていかに寒かったかということがわかりますね。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.