incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
おかしな世の中です
2017年03月14日 (火) 22:15 | 編集
 
先月末、そして昨日と「中森明菜さんは1984年が最強!」説を語っているうちに、「嗚呼、彼女のCDが欲しい!」、、、という衝動に駆られまして、思わず購入してしまいましたwww。
「え?、あんだけ語っているくせにCD持ってなかったの?」という声も聞こえてまいりますが、そうなんですよ。
当時の貧乏学生にはCDを買う余裕などなく、レンタルCDからカセットテープに録音して聴いていたわけでして、今でも当時のカセットテープは保管されているものの、今のクルマのカーステでは再生できませんから。。。


71sSfZqAd9LX522.jpg


で、買っちゃったのは「中森明菜 ベスト 1 1982〜1985」という16曲入りでして、個人的に彼女の旬だと信じて疑わない1984年の名曲群がバッチリ収まっております。

1. スローモーション
2. 少女A
3. セカンド・ラブ
4. 1/2の神話
5. 温 ( ぬくもり )
6. トワイライト 夕暮れ便り
7. 禁区
8. 北ウイング
9. サザン・ウインド
10. 十戒 ( 1984 )
11. 飾りじゃないのよ涙は
12. BLUE BAY STORY
13. ミ・アモーレ
14. 予感
15. SAND BEIGE 砂漠へ
16. SOLITUDE

しかも2012年デジタルリマスターとのことで、当時は聴こえなかった楽器の音がたくさん聴こえて、スッゲー得した気分になりました。
これが¥1310で買えてしまうというね、、、しかもおいらはAmazonのプライム会員だもんで、朝の始業前に注文したら夜の終業時には既に届いているという、、、しかも送料無料。まったくもって、おかしな世の中ですよ。

さて、今日の動画は「サザン・ウインド」です。
この曲、流行っていた当時は間奏が好きではなかったんですねぇ。
だって、イエスの「ロンリーハート」の完全パクリですから。
当時19歳のおいらにとって「洋楽は神」でしたから。しかもこの「ロンリーハート」は、当時「なんてカッコイイ曲なんだ、、、」と心底思っていましたから。





でも、年老いた今となっては、そんなパクリも全然許せちゃいます。
今日ご紹介する「サザン・ウインド」の動画ですが、明菜さんのボーカルにエコーがほとんどかかっていないんですよ。
それでも、ここまで聴かせる歌唱力!!





当時のTVの歌番組って、演奏するバンドによってアレンジが違ったり、番組の進行状況によって曲のテンポも変わったりで、歌い手にとっては難しい環境だったでしょうけど、いや〜本当に歌が上手いですよね。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.