incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
てるみくらぶ
2017年03月31日 (金) 22:17 | 編集
 
破産して世の中を騒がせている格安旅行会社の「てるみくらぶ」ですが、この会社、おいらも利用してみようかと検討したことがあります。
当たり前なのですが、ツアー代金は安いに越したことないですものね。
そもそも、海外旅行のツアーなんてものは、添乗員付きでもなければ、どの旅行会社のツアーだろうが旅行中に受けるサービスに差がないのは当然です。
要するに、飛行機なんて乗ってしまえば、ホテルなんてチェックインしてしまえば、どの旅行会社で手配したものであろうが同じということです。
遥か昔には、特に年配の方々を中心に「何処の馬の骨ともわからないH.I.Sとかいう会社よりも交通公社の方が安心」という漠然としたものもあったかもしれませんが、手配さえ済んでしまえば、旅行に出発してしまえば、価格による差なんて皆無と言って良かったわけですね。

今から8年半ほど前にタイのプーケットに行った時、反政府組織によりバンコクのスワンナプーム国際空港が占拠されて完全封鎖になり、バンコク経由で帰国予定だった我々は帰国のめどが立たなくなってしまったことがありました。
その時は我が国の旅行会社の中では老舗も老舗、天下の日本旅行のパッケージツアーだったわけですが、現地で政変まがいのことがが起きてしまえば、保障の対象外なので、もうどうしようもありません。
頼れるのは現地の旅行会社だけです。その時の現地旅行会社(ハロープーケット)の日本人スタッフの対応は迅速かつ的確で素晴らしいものでして、当日発のシンガポール経由成田行きの航空券(今になって思えばまさにプラチナチケット!)を発券してくれて、脱出に成功しました。
もちろん当時の正規料金の約7万円がかかりましたけど、それはもう仕方がないですね。
あの時は日本人だけでも2万人近くが、外国人も含めると35万人が現地で足止めされて、その後は10日間以上にわたりパニックでしたから、脱出できただけでも感謝しないと。
写真はその時の機内にあった新聞です。


IMG_3573_201704011404556f4.jpg


ちなみに、おいら「てるみくらぶ」は、結果的に利用しませんでした。
理由は利用航空会社に「ある程度」こだわるからなんですね。
基本的に中国系の航空会社(香港系を除く)は利用したくない方針ですし、大韓航空やアシアナ航空も(超格安ならば利用するかもしれませんが)できれば避けたいことにくわえて発着時間帯が良くなかった、、、LCCもたしかに安いは安いですけど乗り継ぎが非常に悪かったりで、、、あと、当時連続で事故を起こしていたマレーシア航空利用のツアーも安かったですけど発着時間帯が悪い。。。
発着時間帯や乗り継ぎが悪ければ、ちょっとくらい安くてもですね、場合によっては空港近くに前後泊が必要なんてことになれば、費用は相殺されちゃいます。
それに、仕事を休んで旅行に行くわけですから、移動に要する時間が長くなったり、前泊が必要になったりすれば、仕事を多く休む分、収入が減って旅行代金の安さも相殺されるという。。。
結局のところ、タイのプーケットに行くなら、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、全日空、日本航空の5つが候補になるわけですけど、日系2社利用のツアーはどうしても高くなりますんで、実質3社から選ぶことになります。
そうなると「てるみくらぶ」は割と自然に選択肢から外れてしまったと。

今回の「てるみくらぶ」の件は、結果として「安物買いの銭失い」になっちゃったわけですけど、海外旅行の場合は、安いパッケージツアーでも、高いツアーと内容的に何ら変わらないものがあるのは事実ですから、「あ〜、安いからって怪しい商品に手を出しちゃってぇ、自業自得でしょ」とは言い切れないところがありますなぁ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.