incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
功罪の「功」の部分
2017年07月05日 (水) 22:22 | 編集
 
今日は2週に1度の市役所でのお仕事です。
先週は木金土と夜間に時間が取れなかったので、週が明けてからの日月火で何とか宿題を終わらせました。
ふぅ。この仕事、まだ慣れません、、、

お仕事ついでの昼食は「箱根そば」でミニかき揚げトッピングです。
水がヌルかったのが残念。


IMG_8464.jpg


さて、ある新聞に載っていたという渡辺えりさんの人生相談です。

(クリックで拡大します)
vreregerow379e.jpeg


これって、インターネットの功罪の中の「功」の部分だと思うんんですよね。
インターネットのおかげで世の中には「毒親」という存在があることが認知され始めておりますが、渡辺えりさんは「毒親」という存在をよくわかっていらっしゃいます。
以前だったら、この手の質問への回答といえば、ほぼ100%が「それは愛情だから」「お母様にはお母様の気持ちが」「あなたも親になればわかる」といった類のものだったでしょう。
毒親は社会的(世間的)には「良い人」や「人格者」を演じており、家庭内だけでその本性を曝け出しているケースが多いので、子供は周囲からの賛同や共感を一切得られないので、気づかぬままに孤立を深めてゆきます。

そう、離れるしかないんです。
世の中には経済的に自立しても精神的に支配され続け、40過ぎまでそれに気づけなかった人達がたくさんいるいるはずです。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.