incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
「加計ありき」de「安倍叩き」
2017年07月26日 (水) 22:22 | 編集
 
ようやく梅雨らしくなってきましたね、、、つーか、いわゆるひとつの「戻り梅雨」というやつですね。
梅雨前線が南下して関東南部に停滞して、天気図的にも今年最も梅雨らしい1日だったかもしれません。


17072618.png


そんなわけで、明日もぐずつき気味の梅雨らしい天気だそうです。なんだかなぁww

さて、本日の昼食は「箱根そば」でしたが、かき揚げ天麩羅の揚げ具合がイイ感じで嬉しい気持ちになりました。


IMG_8653.jpg


さて、話は変わって、、、
安倍政権の支持率低下が止まりません。
まぁ、これだけTVや新聞が安倍叩きに徹すれば、当然ですよね。
加計問題の閉会中審査に関する報道も、ニュースで切り取られるのは安倍首相に不利な場面だけ。
質問に立って舌鋒鋭く追及する民進党の玉木雄一郎議員が獣医師連盟から100万円の献金を受けている、要するに「岩盤規制の側に立っている」ことには一切触れませんから。


66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373.png


結局のところ、当ブログで何度も書いているように、安倍さんが森友問題が持ち上がった時の初動で「私や妻が関係していたということになれば、これはもうまさに総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきり申し上げておきたい」って言ってしまったのが全ての元凶なわけです。
その発言を受けて、「総理、関係が少しでもあれば辞職するんですね?、言いましたよねっ!」と野党が色めき立ち、マスコミも全力を挙げて報道。
そんなわけで、森友問題のときには「関与」という言葉が、今回は「加計ありき」がキーワードになってしまいました。
現在、テレビや新聞が総力を挙げて報じている「加計ありき」というのは、「総理と理事長が友人だから特別扱いをした」という視点からのものです。
しかし「加計ありき」の実態は、「10年以上にわたり、今治市と加計学園が協力して学部の新設を念頭に準備を進めてきたのだから、京産大よりも加計学園が特区の趣旨に合うのは当然」というものですが、こちらからの視点はほとんど報道されません。
だから行政の手続上は「加計ありき」で別に問題ないわけですが、今更になって政府がそれを認めてしまうと、野党やマスコミから安倍首相個人と強引に結び付けられ、様々な形で揚げ足を取られることが予想されるわけで、ただの一点すら認めることができなくなっているのでしょう。
結果論になってしまいますが、政府は最初から「長年にわたり準備をしてきた加計学園と準備不足を認めた京産大とでは加計が優先されるのは当然である」と、要するに「加計ありきでした」と、堂々と説明していた方が様々な事柄に辻褄が合うことになり、これほどまでに問題がこじれなかったのではないか、、、と思います。

そして、これも何度も言いますが、「口利き」は政治家の仕事です。
日本全国津々浦々で日常的に行われている「陳情」は、政治家による「口利き」とそれに対して「忖度」が行政に生じることを期待して行われているわけで、贈収賄がなければ一連の流れに違法性は一切ないということです。

それにしても、下記は毎日新聞の最近のコラム一覧ですが、いやはや、、すごいですねぇ。。。

<「こんな人たち」で民心離れ 支持率低下の決定打>
<安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚>
<支持率急落に慌て?記者会見 謝罪風の言葉並べ自己弁護>
<「辞めろ」コールに敵意むき出し 街頭演説で市民煽る「裸の王様」>
<安倍首相、すぐキレるワケ>
<安倍政権の傲慢さ、噴出 国の倫理、転落の危機>
<前文科次官が反乱した本当の理由 安倍“暴走”政権と霞が関の「致命的な軋轢」>



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「口利き」は政治家の仕事というより、 政治家の仕事って、「口利き」だけでしょう。
唯一のお仕事。

霞が関はは官僚が運営しているのだから。
 
MOGIちゃん、理事職頑張ってくだはい。
身体に気を付けて!  
2017/07/27(木) 08:57 | URL | KID #-[編集]
ですよね。
今年になってから世の中の風潮が「口利き=悪」みたいになっちゃってますもの。
これじゃ「政治家=悪」みたいになっちゃう、、、まぁそういう人もいるけどwww
理事職に関しては、、、ありがとうございます、2年間何とか乗り切りま〜す。
2017/07/27(木) 10:13 | URL | MG #Qi8cNrCA[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.