incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
おいら達のガキの頃じゃん
2017年07月28日 (金) 22:18 | 編集
 
昨日の木曜日に、市役所から2週に1度の宿題の束が届きました。
早速やり始めましたが、1日で終わるはずがなく、今日も時間を見つけてはシコシコと、、、もちろん今日で終わるわけもなく、というか、終わらせる気がないです。
来週の水曜日の時点で終わっていれば良いので、気楽に考えることにしているんですけど、相変わらず慣れない仕事であります。
さすがに自宅に持ち帰ることだけは避けています。とにかく早く慣れなきゃ。


IMG_8654.jpg


さて、話は変わって、、、
中国では暑さを凌ぐために人民達が涼しい場所に集まっているというのですが、特にショッピングモールの電気製品売り場に集まる傾向にあるのだとか。


003-32.jpg


クーラーや扇風機売り場の前に座り込み、スマホや本を見て過ごし、特に買い物をするわけでもなく、そこに開店から閉店まで居座るとのこと。


001-89.jpg


電気製品売り場だけでなく、地下鉄の駅にも多くの人が寝転がっており、家族そろってこういった場所に涼みに来ているのだ。


008-1.jpg


これって、、、おいら達のガキの頃じゃん。
その昔、家にクーラーなんてあるはずもなかった汗臭い少年は、買い物をするわけでもないのにデパートに行って涼んでいたものでした。おもちゃ売り場でおもちゃを眺めているだけで楽しかったですもん。
藤沢駅前のデパートは全て制覇していましたね。さいか屋、十字屋、志澤、、、一番居心地が良かったのは江ノ電百貨店(現在の小田急百貨店)ですね。良い意味で無駄な空間が多くて、特に階段の踊り場とトイレが広くて快適でした(このチャームポイントは今の小田急百貨店でも引き継がれています)。

あと、銀行ね、これまた用もないのに涼むためによく行ったものでした。
さすがにデパートのようには長居できなかったですけど、昔の銀行って冷水機があったじゃないですかぁ、、、もうね、小遣いでジュースも買えないガキ共には砂漠のオアシスのような存在でした。

で、思ったんですけど、要するに中国の人達ってのは、大人も子供も老若男女の「全てが子供」なんですね。
そう考えると、世界各地の中国人観光客の「あの感じ」も理解できますね。
お金を手に入れた体格が異様に良い子供達。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.