incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
価値観の違い極まれり
2017年08月14日 (月) 22:19 | 編集
 
8月になってから雨の降らなかった日が1日もないという、、、しかもこの戻り梅雨だか秋雨だかの天候がしばらくは続くそうで、、、気分も落ち込みがちになりますね。
 
さて、韓国ソウル市のバス運行会社が本日、慰安婦を象徴する少女像を座席に置いた路線バスの運行を始めました。
少女像はプラスチック製で、ソウルの日本大使館公報文化院近くを走る路線バス34台のうち、5台の座席部分に1体ずつ据え付けられたそうな。
バスはソウル市の中心部と北部を結んでおり、バス運行会社の林真社長は「多く利用する学生たちに少女像を見ながら歴史について考えてほしかった」としています。
さらには、朴元淳ソウル市長がこのバスに試乗し、慰安婦問題に取り組む姿勢をアピールしました。
試乗後に市長は、「バスに乗って少女像を見れば、慰安婦として犠牲になった女性たちを追慕する機会になる」と述べて、この取り組みを評価しました。

一方、この路線バスは日本人観光客も多く訪れるエリアを走るだけに、日韓関係に悪影響を与える懸念が指摘されています。
ソウル市民の間では、「公共交通機関に設置するのは適切ではない」とか、「行き過ぎた政治的なパフォーマンスだ」といった批判も出ているものの、バス会社を評価する声の方が目立つようです。


9940d_1231_1cd578ee49ec454be7ac839104a0223a.jpg


まぁなんつうか、、、こういうセンスというか、価値観の違いというか、、、国民性という言葉で済ませてしまえば簡単なんでしょうけど。。。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.