incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
終戦の日
2017年08月15日 (火) 22:18 | 編集
 
今年の東日本は8月になってから15日連続の降雨という、40年ぶりの涼しすぎる「変な夏」なわけですが、今年も正午に防災無線から黙祷を呼びかける放送が流れ、おいらも1分間の黙祷をいたしました。

そうです、本日8月15日は日本の終戦記念日です。
ところでアメリカの戦勝記念日ですが、ちなみにこれが9月2日なんだそうですね。
9月2日は東京湾上に浮かぶ米戦艦ミズーリ号で行われた降伏調印式の日です。
日本にとっても本来はこちらが終戦記念日のはずで、8月15日は正式には「停戦記念日」になるわけです。
ご周知のように8月15日は、天皇が「ポツダム宣言の受諾」を日本国民と大日本帝国軍人に「玉音放送」という形で直接語りかけた日であり、国内に向けて停戦宣言をした日だと言えます。
しかも、もっと正確に言えば、日本がポツダム宣言を受諾したのは8月14日であって、世界に向けてはさらに1日早く停戦宣言していたことになり、実際に多くの国々では14日に受諾報道がなされています。

そもそも終戦記念日というのは、各国の事情によって微妙に違うらしく、例えばソ連の場合は9月2日には北方領土の歯舞島攻略作戦を発動していたので、9月3日に戦勝記念式典を行った関係で、3日が戦勝記念日になったそうです。
9月2日は連合国が調印式に参加しているわけで、もちろんソ連も参加しています。調印式に出席しながら歯舞に侵攻しているソ連っていうのは、これマジで酷い国なわけですよ。
その後、ソ連が崩壊して現在のロシアになってから、2010年に他国に合わせて9月2日に変更したそうな。

当時の中国(中華民国〜現在の台湾)では、調印式の翌日から3日間を抗日戦争勝利記念の休暇としたことから、9月3日が戦勝記念日になっています。
終戦から4年後に成立した現在の中国(中華人民共和国)も9月3日を戦勝記念日にしています。

日本の場合はやはり「天皇の玉音放送」というインパクトが強烈で、国民にとって「8月15日が終戦」という認識になるのは、これはまぁ自然な流れですよね。
ちなみに韓国と北朝鮮では双方とも8月15日が記念日です。こちらも正式には9月2日が「日本の統治が終わった日」なわけですけど、やはり日本と戦っていたわけではないから玉音放送の日が優先されるんですかね。


news19450815m.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.