FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
一時代の終焉
2018年01月19日 (金) 22:14 | 編集
 
『週刊文春』で看護師との不倫疑惑が報じられた小室哲哉さんが本日、記者会見を開いて「けじめとして引退を決意しました」と発表しましたが、ちょうど昼休みだったので会見の一部を見ました。
個人的感想としては、よくある不倫報道を受けての釈明会見とは違った印象を受けたというのが正直なところです。
今回を機に、「文春砲」に対する賛否の割合が大きく変動するような予感がします。


2018011900092_1.jpg


ネット上でも色々な人たちがコメントを寄せておりますが、その中でも医師でタレントの友利新という人の発言に目が止まりました。
「介護って本当に出口がないというが、終わりが見えない、すごくきれい事では済まされないことがたくさんあるんですね」「そういった中でつい、、、もちろん倫理的にはいけないことですけれども、求めてしまう気持ちを抑えることが私たち他人ができるのか。この夫婦にとって、いびつかもしれないけど、夫婦の関係を保っていたとしたら、この報道に何の意味があったのか」
、、、介護する側と、介護される側の違いこそあれ、「いびつかもしれないけど、夫婦の関係を保っていた」という点で、乙武さんの不倫報道の時の議論に通じるところがあるかな、と思いました。

小室さんの音楽的功績に関しては、今さら申し上げるまでもないのですが、ある音楽関係者が書いたこの文章が簡潔かつ適切に彼を評していると思います。
「小室哲哉は、ただの敏腕プロデューサーではない。数多くの名曲を生み、ヒットソングをシーンに広めた功績者というだけではない。彼は、常に革新的なことを取り入れ、あくまでメジャーシーンという、大衆が耳にするという場所で、あらゆるアプローチの楽曲を世に広め、斬新な手法を、その後のミュージシャンがごく自然に共有できる手法として多く広めた人物である。」

ちなみに、彼の残した「実績」を数字で示すと、このような驚愕の結果になってしまうのだそうで、、、

▽歴代作詞家シングル総売上 TOP5
1位 12,383.8万枚 秋元康
2位 6,834.5万枚 阿久悠
3位 4,986.6万枚 松本隆
4位 4,231.3万枚 小室哲哉
5位 3,853.0万枚 つんく

▽歴代作曲家シングル総売上 TOP5
1位 7560.2万枚 筒美京平
2位 7184.3万枚 小室哲哉
3位 4179.3万枚 織田哲郎
4位 3893.7万枚 桑田佳祐
5位 3811.9万枚 松本孝弘

▽歴代編曲家シングル総売上 TOP5
1位 6,128.6万枚 小室哲哉
2位 4,135.8万枚 船山基紀
3位 3,973.3万枚 萩田光雄
4位 3,747.1万枚 筒美京平
5位 3,594.2万枚 葉山たけし

日本の音楽シーンの一時代が終焉すると言っても過言ではないですね。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.