FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
テレ朝、、、リアルなロンドンハーツ? 
2018年04月19日 (木) 22:14 | 編集
 
診療室を早めに抜けさせていただいて、口腔保健センターに行きました。
今日は障害者歯科診療所の班長会です。
班長会終わりには「ヤオコー」に寄って、、、いやいや、さすがに3夜連続は無いわ〜。


IMG_2708_2018042002335378d.jpg


さて、財務省の福田淳一事務次官によるテレビ朝日の女性記者へのセクハラ疑惑で、福田氏が辞任に追い込まれた件について。

まず前提として、セクハラはダメです。
違法行為じゃなくても、法的な罰則はないからといって、やってはダメ、それが大前提です。
ちなみに「この程度なら良いでしょ」っていう許容範囲は「相手が決めること」なので、相手の女性記者が嫌がっていたのにやめないのであれば、これは絶対にアウト!、です。

今回の問題について、デーブ・スペクター氏は、件の女性記者がテレ朝の社員だということが判る前、昨日の午前の時点で(フジテレビのとくダネ!に出演して)こう言ってます。

「女性記者が名乗り出にくいって言っている一方、今の、♯me too の時代、もっと不愉快なセクハラの被害を受けている女性たちにどんどん告発しなさいって言っている割には、発信力のある記者、しかも新聞ではなくテレビの記者だって聞いているんですけど、その人が出てこない」
「あの音声テープの雑な途切れ途切れの編集、そんなの平気で出しておいて、動機もよく分からない、仕事に弊害が出るから出てこれないって言っているのは、非常に邪道だと思う。私服刑事じゃあるまいし、守られた職業ですので他の取材だっていくらでもできるわけです」
「それに本当にこれがスクープだったら、自分が所属している媒体が出すんですよ絶対に。出さない理由は何なのか。もし上司に却下されていたなら、自分が所属している媒体に、それもジャーナリズム的に問題があると思うんです」

そして日付が今日に変わってすぐ、テレビ朝日が「自局の記者がセクハラにあっていた」と発表、、、それを受けての池田信夫氏(アゴラ研究所所長)の意見を以下に引用します

(前略)
福田氏の発言がセクハラかどうかは本人が争っているのでグレーだが、テレ朝が明らかにしたのは、次のような事実だ。
・少なくとも2016年11月から今年4月まで、女性記者が福田氏とのオフレコの会話を無断で録音した。
・記者は問題を報道しようとしたが、上司が握りつぶした。
・このため女性記者は、音声データを週刊新潮に提供した(金銭の授受はないと主張している)。
この女性記者は懲戒処分にあたる。無断録音を公開したのは取材先との信頼関係を壊すオフレコ破りであり、録音データの週刊誌への提供は前代未聞のルール違反だ。
(中略)
セクハラというのは、女性に対して雇用関係や契約などの優越的地位を濫用することだから、この場合は彼女が苦情を申し立てているのに1年半も取材させた上司の行為がセクハラにあたる。
テレ朝の説明には、不審な点が多い。女性記者が問題を申し立てていたのなら、なぜ1年半も「福田番」のままにしたのか。主計局長から事務次官まで同一人物の番記者をやらせるローテーションは異例で、癒着が起こりやすい。
ありそうなのはテレ朝も女性記者も承知の上で、スケベオヤジを利用していたが、最近、人間関係が壊れたという推測だ。あるいは単に女性記者が番記者をはずれて、復讐してやろうと思ったのかもしれない。
公平にみて、福田氏がスケベオヤジであることは事実だろうが、そんなことは事務次官の業務とは関係ない。こんなくだらない事件で行政を混乱させたテレビ朝日は関係者を処分し、全社員に報道倫理を教育すべきだ。
(引用終わり)

両氏の意見にはいくつかの頷ける点もありますが、、、
しかしながら、セクハラを防ぐ方法が「女性の仕事を制限する」ことであるうちは、男女の格差はいつまで経っても縮まらないとも言えます。

では「本当に変わるべきは誰?」なんでしょうか。

以下はホリエモンこと堀江貴文氏のツイッターでの意見です。

「私は検察に逮捕される直前に、親しいテレビ朝日の女性記者から心配してる事を装って携帯電話に電話がかかってきて、会話を全部録音されて逮捕後に放送された経験があります」
「あと、これは日本テレビの男性記者にですが、逮捕される一ヶ月くらい前に女子アナ合コンに誘われて、机の下に隠したテレビカメラでその様子を盗撮され、やはり逮捕後に放送されたことがあります」

セクハラをした福田氏を擁護することはできませんが、マスコミの体質(特にテレビ局の体質)に問題があることは間違い無いでしょう。
要するに「セクハラされるかもしれないけどハニートラップ仕掛けてこい」っていう社内土壌があるんじゃないかと思うんですよ、、、勝手な推測ですけどね。
少なくとも今回、マスコミ各社は「女性からの匿名の告発で財務省の事務次官のクビが飛ばせる」ことを確認したはずです。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.