FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
月って昼間でも空が真っ黒だし
2019年07月19日 (金) 22:18 | 編集

今日、Googleを開くとロゴが、、、ああ、アポロ11号から50年なんだぁ、、と。
「僕らが生まれてくるずっとずっと前にはもうアポロ11号は月に行ったっていうのに」という流行歌の歌詞に象徴されるように、「そんな昔にそんな凄いことしちゃったわけ?」って感じなんですよね。


984hgg3r.jpeg


おいら当時は4歳でしたから、人類初の月面着陸の記憶は実のところ殆どないのですが、当時36歳の父親が妙に興奮していたのだけは憶えています。
その後小学生になって、親戚のおじさんかおばさんか忘れましたけど、とにかく誰かからもらった「科学漫画」の中の1冊で、宇宙の巻があったのですが、その巻の半分近くを費やしてアポロ計画の月面着陸の詳細を掲載していました。
それはもうワクワクしながら何度も読みましたよ、、、当時、親から読んでも良いと許可されていた漫画は、小学館の学習雑誌に掲載されている漫画と、その科学漫画だけでしたから。

今になって思うと50年前のことですから、結構「無謀に近い計画」だったわけですよね。
当時のコンピューターって、今と比べたらはるかに巨大で、はるかに低性能だったわけでしょう、、、ましてやアポロ11号本体に積まれたコンピュータなんて、今のスマホ以下の代物であったことは明らかです。
そんな中、1969年7月20日に月に着陸させたわけですもの。
月面に降り立った2名は2時間15分をともに船外で過ごし、21時間半を月面で過ごした後、地球に帰還したんですね。
結構長時間、月面にいたんですね、、、なんせ真空の世界ですから、心身にかかるストレスたるや半端じゃなかったでしょうに。
地球を飛び立ってから帰還するまで8日間以上ですから、これもかなりのストレスですよ。
当時、人類初の有人宇宙飛行が1961年ですから、それからわずか8年で月面まで行って帰還するというね、、、やはり第2次世界大戦から20年程度だと、まだ人命も軽かったんでしょうなぁ。。。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.