FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
地球規模の放火魔
2019年08月30日 (金) 22:17 | 編集
 
アマゾンの大規模森林火災がエライことになっています。

2018年にボルソナロ現ブラジル大統領が選出されて以降、過剰に続けられる森林伐採、、、選挙戦では最大の政策としてアマゾン開発を打ち出し、就任後それを実行してきました。
手っ取り早く開拓するために、森を焼き払うことも多く、アマゾンの森林火災は、大半がこのように人間が火をつけて、その後制御不能に陥ったものなのだとか。
森林破壊により森が失われると、その地域全体が乾燥し、さらなる森林減少をもたらす「負のスパイラル」に陥ります。
アマゾンに降る雨の多くは、熱帯雨林自体から生じているため、森が消えれば降水量も減少し、そのまま乾燥が進むと、やがて回復不能点に達し、熱帯雨林というよりはサバンナと言うべき状況になりかねないのだそうな。

そんな折、米航空宇宙局(NASA)は、南米各地で猛威を振るう森林火災を捉えた衛星画像を公開しました。
オレンジ色の部分が火災発生場所で、都市部は白、森林は黒、サバンナ気候地域は灰色で示されています。


00cafc2e.jpg


ええ〜っ、、、初めてこの画像を見たときの感想がこれですわ。
ニュースで知ったときは「大規模」とは言っても、せいぜい東京都と同じ面積とかだと思っていました。
もうね、想像を遥かに絶するとはこのことですよ。


17962052.png


ちなみに地球の酸素の20%はアマゾンで産生されている(これはガセかもしれません)のだとか。
ホーキング博士は「人類は次のミレニアムを迎える事が出来ないかもしれない」と言ってたし、そもそも「人間は地球のガン細胞」って言った人もいたなぁ。
人類の滅亡って、意外と早いかもしれませんね。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.