FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
これで事実上のカーズ消滅
2019年09月17日 (火) 22:21 | 編集
 
昨日、「米国のロックバンド『カーズ』のボーカル兼ギターのリック・オケイセックが15日、ニューヨーク・マンハッタンの自宅で遺体となって発見された」というニュースを知って、「あ〜、カーズがほぼ消えた」と思いました。
2000年にベース兼ボーカルのベンジャミン・オールが亡くなっていますから、、、これでボーカルを担当した2人がいなくなってしまったというね。

個人的にカーズは非常に好きなバンドでして、80年代に彼らの音楽と出会ってから、今日に至るまでずっと聴き続けてきました。
当院の患者さんの中には「そういえば診療室でかかっている曲はカーズの割合が高いな〜」と思っていた人は多いかもしれませんね。


20190916-00000179-spnannex-000-9-view.jpg


個人的に1番好きな曲は、非常に迷うのですが『BYE BYE LOVE』でしょうか、、、カーズの曲はキーボードのフレーズが非常に効果的に使われる印象が強いのですが、この曲もまさにそれに該当します。





そして、彼らのビルボードチャートでの最大のヒットは『ドライブ』なんですけど、80年代の日本の洋楽ファンの印象に残ってるのは『ユー・マイト・シンク』じゃないかと思います。
『ユー・マイト・シンク』は、当時の人気番組「ベストヒットUSA」で曲とともに流れるPVが非常に印象的でした。





『ユー・マイト・シンク』は、MTVミュージックアワードの第1回受賞曲なんですけど、なんてったってあのマイケル・ジャクソンの『スリラー』を抑えての受賞ですからね、その偉業としての凄さを思い知るというものです。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.