FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
山形での休日を堪能するの巻
2019年09月22日 (日) 22:39 | 編集
 
秋分の日の連休を使ってお出かけしました。
まずは上野にやってまいりました。
上野東京ラインのおかげで直通で来れるようになって便利になったものです。


IMG_4082_20190923073600796.jpg


ここで新幹線に乗り換えるわけですが、東京駅と比べて圧倒的に空いているのが魅力です。


IMG_4084_2019092307360144f.jpg


特急料金も確実に安くなりますので、超オススメです。


IMG_4085_20190923073603d3c.jpg


我々を乗せた「やまびこ127号」は一路北を目指します。


IMG_4092_201909230736041b6.jpg


途中、那須の山々が見えてまいりまして、、、


IMG_4094_2019092307360673c.jpg


列車は福島に到着いたしました。


IMG_4097_201909230736075f5.jpg


折角なのでおいらも1枚。


IMG_4098_20190923073609006.jpg


在来線ホームに向かう跨線橋からこれから乗る列車が見えました。


IMG_4099_20190923073610a75.jpg


今日は「とれいゆつばさ1号」に乗車します。


IMG_4101.jpg


先頭車輌では観光客の皆さんが記念撮影中。


IMG_4103_20190923073613164.jpg


この列車は座敷がメインでありまして、、、


IMG_4104_201909230740289f0.jpg


足湯にも浸かることができる特別な列車です。


IMG_4107_20190923074030f3c.jpg


一般席も畳に座布団というね、、、


IMG_4110_2019092307403148e.jpg


くつろぎ感MAXなのであります。


IMG_4113_201909230740331fc.jpg


列車は庭坂の大カーブを抜けて板谷峠を越えて、、、


IMG_4115_20190923074034230.jpg


「かみのやま温泉」駅に到着いたしました。


IMG_4117.jpg


ここで全てが自家製麺という「そば処さかえや」というお店に行きまして、、、


IMG_4119_201909230740371b3.jpg


「中華ぶっかけ」というタマネギの掻揚げが載った冷やしラーメンをいただきました。


IMG_4121_2019092307403952a.jpg


「特に麺が最高!」とのことで、、、


71273719_2533305256750512_2329603696008101888_n.jpg


嫁さんにもエラく気に入っていただき、来た甲斐があるというものです。


IMG_4122_20190923074040611.jpg


その後はレンタカーを駆って、一度行ってみたかった蔵王の御釜に行きました。


IMG_4123_2019092307474901e.jpg


雨が心配されましたが、バッチリ観ることができました。


IMG_4126_20190923074750e3c.jpg


いや〜これは絶景です。


IMG_4133_20190923074752ded.jpg


観光客の皆さんもいるにはいるのですが、、、


IMG_4134_201909230747530b2.jpg


3連休の中日だというのに、全く混雑しておりません。


IMG_4138_201909230747550ba.jpg


きっと雨の予報が出ていたので、皆さん敬遠したのでしょう。


IMG_4143_20190923074756bfb.jpg


長い坂を登って嫁さんはさすがに疲れたようなので、、、


IMG_4144_20190923074758c75.jpg


「蔵王国際ホテル」に移動して日帰り温泉入浴をすることになりました。
料金は¥1080ということで「少々高いかな〜」と思いましたが、それが全くの杞憂に終わるのです。
浴場に向かう廊下も雰囲気があって、徐々に気分が高まります。


6678goh.jpg


脱衣所に入ると、天井が高くて薄暗くなっているので、非日常感が増幅!、、、これは良い感じです。


76fgugg.jpg


さらに、脱衣所には畳のスペースもあり、窓の外には露天風呂が見えます。


i9giup9.jpg


そして内湯ですが、少し薄暗い感じでムードは最高潮。


9g7ggoo.jpg


この時点で料金の元は取ったと言って良いのですが、さらに露天風呂は本当に素晴らしいのです。


igytcigu.jpg


完全掛け流しで加水なし、加温なし、循環なし、ろ過消毒なし、と完璧な天然温泉。
もうね、この白濁したお湯の美しさはどうよ、、、しかも葉っぱや虫が全く浮いていない清潔さ。
細かく白い湯花が舞ってキラキラ輝く最高峰の温泉です。
嫁さんも大満足だったようで何より。


IMG_4148_20190923075440ca3.jpg


温泉でリフレッシュした後は「高橋フルーツランド」に行きました。


IMG_4150_20190923075442742.jpg


ここで巨峰のソフトクリームに舌鼓を打ちまして、さらには各種高級フルーツの試食もさせていただきました。


IMG_4151.jpg


その後は「ホテルメトロポリタン山形」にチェックイン。
連休中に1名1万円以下で泊まれて、この広い室内と駅直結の立地の良さは、特筆に値します。


IMG_4153_2019092307544582b.jpg


夜は山形を代表する居酒屋の名店「伝七」に行きました。
ここは本当に美味しいお店なんですけど、特に野菜が超美味。


IMG_4156_20190923075431930.jpg


なお、今夜は山形徳洲会病院の副院長で整形外科部長、モンテディオ山形のチームドクターを務める中学高校の同級生が夫婦で参戦しております。


IMG_4157_2019092307543382a.jpg


日本酒は「十四代」の「特吟」というなんともレアなお酒、、、もうね、最初っから主役登場のような、口に含んだ瞬間に甘みと旨みを感じ、そして飲み込むのが勿体無いと思わせながら、飲み込めばスッキリ爽やか、、、とっても幸せに気分にさせてくれます。


IMG_4159.jpg


牛タタキと海老はもちろん、傍にある山葵がまた美味いこと。


IMG_4161_20190923075436651.jpg


美味しいお酒と美味い料理を食べるだけで十分に幸せですが、、、


IMG_4162_2019092307543733b.jpg


楽しい会話も加われば、鬼に金棒というものです。


IMG_4164_20190923075439d34.jpg


〆は、この季節の山形といえばお約束の芋煮であります。


IMG_4165_20190923080520c73.jpg


そしてお酒の方は「絹」というスッキリ爽やか系のお酒、、、そして「十四代」の「極上諸白」という桃かマンゴーかのような華やかな香りと瑞々しさを纏ったお酒と続きます。


IMG_4166_20190923080522c1b.jpg


いや〜これまた美味しいお酒で非常に結構。


IMG_4167_20190923080523ea1.jpg


はい、もう、幸せいっぱいです。


IMG_4169_20190923080525070.jpg


2軒目は「Public house & Charcoal The Romp」というお店に行って、美味しい生ビールをいただきました。
おいらはブルックリンラガーの生ビールなんぞを。


IMG_4170_20190923080526e7a.jpg


せっかくなのでステーキを食っちゃいました。


IMG_4171_20190923080528a1a.jpg


最後に店員さんにお願いして記念撮影をしました。


IMG_4175_20190923080529bbe.jpg


そして店の外に出て、またの再会を誓ってお開きになったのでした。


IMG_4178_201909230805316fa.jpg


解散後の我々夫婦は「やはり〆のラーメンでしょう」ということで、、、


IMG_4180.jpg


以前にも利用した「末廣」というお店ですが、この広い店に我々しかいないというね。


IMG_4182.jpg


でもラーメン自体はちゃんと美味しいですから心配無用。


IMG_4183_2019092308101976e.jpg


ネギも入れ放題ですし、、、


IMG_4184_2019092308102163c.jpg


嫁さんも美味そうに啜っておられます。


IMG_4186_201909230810223fe.jpg


夜も更けて閑散とした山形駅構内を通って、、、


IMG_4187_20190923081024911.jpg


無事にホテルに戻って就寝したのでした。
いや〜良き1日でした。
皆様おやすみなさいzzz



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.