FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
対岸の火事にあらず
2019年09月30日 (月) 22:15 | 編集
 
今日は9月30日、9月最後の日でありますよ。
で、明日の10月1日から、消費税率が5年半ぶりに引き上げられて10%になります。
これまでの消費増税と違うのは、皆様ご周知のとおり、商品によって8%で据え置かれる「軽減税率」や、キャッシュレス決済をすると支払額の一部が戻ってくる「ポイント還元制度」が同時に始まる点です。
なんとも複雑で、テイクアウトを扱う飲食店や食品を売るお店は大変だよなぁ、、、と対岸の火事のように思っておりました。
 
軽減税率の対象で、増税後も8%に据え置かれるのは、外食とお酒を除く飲食品と、定期購読の新聞です。
生鮮食料品やカップラーメン、カレールーなどの加工食品、お菓子は8%で、ティッシュペーパーなどの日用雑貨は税率が10%です。
飲料用のミネラルウォーターは8%なのに水道水は10%、飲み物用の氷は8%なのに保冷用の氷は10%です。
オロナミンCなど「清涼飲料水」の栄養ドリンクは8%ですが、「医薬品」や「医薬部外品」の栄養ドリンク(リポビタンDなど)は10%です。
 
飲食品におもちゃなどが付いたものは、飲食品の価値が3分の2以上を占め、商品価格が1万円以下なら軽減税率の対象ですが、そうでないと10%になるんだそうな。
プロ野球チップスは、付属の野球選手カードの価値が高いから10%だって。
  
お酒は軽減税率の対象外ですが、アルコール度数が高い本みりんも10%になる一方で、アルコール度数が1%未満の「みりん風調味料」は8%、ノンアルコールビールと甘酒は軽減税率が適用されて8%です。


AS20190929002238_comm.jpg


でもまぁウチは医療機関だし、過去の増税時と同様に、自費料金や歯ブラシなどの物品販売を単純に8%から10%に価格変更すれば良いだけだから、、、とタカをくくっておりましたが、なんと、キシリトールガムは食品なので、軽減税率が適用されて8%据え置きということに、一昨日の時点で初めて気づいたのです。
あと、ロイテリ菌のタブレットも食品ですし、う〜む、これは大変だぁ。
同業者の皆様、心中お察し申し上げます。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.