FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
迎春
2020年01月01日 (水) 22:25 | 編集
 
皆様、新しい年が明けまして2020年、令和2年となりました。
それでは早速、片瀬の街に鳴り響く除夜の鐘を聴きながら出かけることといたしましょう。
江ノ電は終夜運転を実施中ですので、普段なら灯が落ちている江ノ島駅も煌々としておりまして、非日常感が高まるというものです。


IMG_5515_2.jpg


まずは近所の龍口寺に行きました。
除夜の鐘の音を間近で聴くことにより煩悩が吹っ飛び、心が洗われたような気になります。
昨今は近隣からの騒音苦情により除夜の鐘を取りやめるお寺が多いそうですが、この鎌倉時代から続く歴史ある龍口寺までが取りやめてしまったら、もはや笑うしかございません。
少なくとも令和元年〜2年の年越しの時点で、龍口寺の除夜の鐘は健在であります。


IMG_5517_2.jpg


境内は参拝客で賑わっていて、NHKの年跨ぎ番組「ゆく年くる年」の中継画像のような雰囲気がたまりません。


IMG_5518_2.jpg


藤沢市片瀬山などという当時の新興住宅地に居住していた少年時代のおいらは、真夜中に外出することを禁じられていた(というか両親が初詣という日本の伝統的風習に一切興味を示さなかった)ので、この雰囲気に憧れていたというのもあるのです。
せっかくなので記念撮影なんぞも、、、


IMG_5519_2_2020010205251456f.jpg


そして我々はそのまま海を渡って江ノ島へ、、、


IMG_5522_2_202001020525150a7.jpg


ここ江島神社もまた新年独特の凜とした空気に包まれております。


IMG_5524_2.jpg


今年が皆様にとって良い年になりますように。。。


IMG_5523_2_20200102052517859.jpg


そのまま帰宅した我々は冷えた身体を布団に潜り込ませまして、待つこと数分、、、布団の中も暖かくなってまいりましたのでスヤスヤと眠りにつきまして、元旦に目覚めるも昼過ぎまではだらだらと「つかの間の寝正月」を堪能いたしました。
昼過ぎからは市役所からの宿題をある程度やっつけておかねば、、、という強迫観念から、診療室に篭ってシコシコ頑張ることにいたしました。
なにも元日から仕事しなくたって良いのに、もうどんだけ貧乏性だっていうね。 。。

診療室に向かう途中の本蓮寺もまた良き正月の雰囲気です。


IMG_5526_2.jpg


「一年の計は元旦にあり」ということで、日中は飲酒を控えていたのですが、夜になったらさすがに飲まずにいられなくなりました。
そもそも正月にお酒を飲むことは「お屠蘇」と言いまして、1年間の邪気を払い長寿を願って正月に飲む縁起物のお酒であり、これまた平安時代から続く日本の良き風習であります。
厳密には元旦、要するに元日の朝に飲むお酒のことだそうで、そういう意味では「遅ればせながら」おいらもお屠蘇をいただいたわけでして、奥ゆかしい自分を褒めたいと思うものです。

そんなわけで皆様、どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
いつも拙文を読んでいただき、ありがとうございます。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.