FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
きっぷの分割購入(趣味):家計の一助(実用)になれば幸いです
2020年01月11日 (土) 22:19 | 編集

いや〜、今朝はまいりました。
早朝5時に目が覚めると、胆嚢痛が発生しておりました。
前回の胆嚢痛は昨年の9月8日でしたから、4ヶ月ぶりの発症です。
近年のおいらは予兆のようなものを察知する能力が長けてきていて、予兆を感じた時には夕食の摂取量をセーブしたり、脂っこいものを避けたりして自衛しておりました。
4ヶ月前は、予兆を感じたにもかかわらず、御構い無しに食べてしまうという愚かさゆえの発症だったわけですが、今回はその予兆を殆ど感じることが出来ませんでした。
通常は夜中の2時〜3時に発症して、朝の5時〜6時まで痛みが続き、睡眠不足を引き起こすというのがお約束のパターンでしたが、今回は睡眠不足になることもなく、その点はラッキーでありました。
幸い痛みの程度も軽く、パソコンを打ちながらの早朝作業をすることもできました。
しかし発症時間が遅かったためか、それとも昨夜の食事の摂取量が多すぎて消化に時間がかかったのか、今回は症状の継続時間が長く、10時頃まで継続しました。
ま、「正月休みに食べすぎだぞお前」という神様からの戒めとして受け取ろうと思うものです。

さて、仕事終わりに残務整理をして、今夜は藤沢へ徒歩で向かいました。
今夜の目的地は、JR藤沢駅の指定席券売機です。

藤沢駅前に到着すると、ちょうど小田急百貨店の閉店間際です。
せっかくなので、デパ地下に行って見切り品を覗いてみようかと、、、ありましたありました、焼き鳥を4本ほど買いました。
もっと買っても良かったかなと思いましたが、今朝の胆嚢痛が頭をよぎりましたもので。。。
おっと、鮮魚コーナーでは本鮪の中トロ¥1380が¥400で投げ売り状態!、、、しかも3つ買えば¥1000ですって。
思いっきり食指が動きましたが、断腸の思いでその場を離れました。これが本鮪の赤身で¥300だったら間違いなく買っちゃってたな〜。。。

その後は本来の目的地:藤沢駅の指定席券売機へ、、、明日から名古屋へ出張の予定なので、今日のうちに乗車券を購入しておこうという算段です。
買うのは指定券ではなく乗車券なのに指定席券売機?、、そうなんです、実は例によって、名古屋までの通常きっぷじゃなくて、藤沢〜島田、島田〜名古屋の分割きっぷを買うので、これは指定席券売機じゃないと買えないんですね。
もちろん有人の窓口でも買えますが、駅員さんの手を煩わせるのも気がひけるので、やはりここはセルフで、と思うものです。
「明日乗る直前じゃダメなの?」という声も聞こえてまいりますが、稀に券売機に行列ができていることもあるんでね、、、「だったら駅に余裕を持っていけばいいじゃん?」、、、まぁそうなんですけど連休中ですし、、、夜は確実に空いているので、はい。

そんなわけで、名古屋までの往復乗車券は島田で2分割にしました。
通常¥11000のところが¥10560で、¥440おトクです。


IMG_5673_202001120854577f8.jpg


あと、新幹線の指定券もJR東海のEX予約の会員になっていると、小田原〜名古屋の指定券は通常¥3930のところが¥3400ですから¥530円(往復で¥1060)おトクです。

それから、藤沢地区に在住の方々って、意外と新横浜から新幹線に乗る人って多いと思うんですけど、新横浜から「のぞみ」に乗ると、名古屋までの指定券が¥4920ですから、通常料金でも小田原からの方が¥990(往復で¥1980)安いんですわ。
これはちょうど名古屋までの距離が、300kmを超えるか否かで料金が大きく変わるからなんですね。
ちなみに新大阪までの場合も、距離が500kmを超えるか否かの境目が、新横浜と小田原の間にあります。
そして当然のように、乗車券も新横浜経由の方が遠回りになるので、高くつくのは言うまでもありません。
小田原に「のぞみ」は停車しませんので、「のぞみ」に乗らないとダメという場合以外は、藤沢在住の方が名古屋・大阪へ行くときには、小田原から新幹線に乗った方が確実におトクです。

このように、ちょっとしたことを気にするだけで、昼食代はおろか、かなり豪勢な夕食代くらいは簡単に浮かすことができますので、参考にしていただければ幸いです。

きっぷも無事に購入できたし、あとは帰るだけ、、、正月太り解消のため徒歩で帰宅しようか迷っていたところ、江ノ電が人身事故のため全線で運転見合わせ中、、、ということで背中を押されたおいら、徒歩で帰宅いたしました。
今日はずいぶん歩けて良かったと思うものです。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.