FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
カラー化が持つ意義
2020年08月06日 (木) 22:22 | 編集
 
今日はハチロク、8月6日は人間の頭上で初めて核爆発が起こった日です。
以前は8割以上の米国人が「原爆投下を正当化」する考えを持っていたことが知られていましたが、正当化する人の割合は年々減少しています。
月日の流れがそうさせるのはもちろんですが、特にこの数年は減少幅が大きくなっているのだとか。

もしかすると、近年、コンピューター技術により、昔のモノクロ写真がカラー化されていることも無関係ではないような気がします。
モノクロ写真で見る昔の映像って「どこか別世界での出来事」のように映りますが、カラー化されると急に現実味を帯びて、我が事のように考えることが容易になります。


93fh39h.png


子供の頃から「原爆の雲って真っ白」なんだと思っていましたが、赤いんですね、、、なんて気持ちの悪い色。。。


5f2b70982300003000521b7f.jpeg


写真は呉市から撮られたものだそうですが、元のモノクロ写真は、そういえば過去に見た記憶が。


EesJEKPVAAAZ60o.jpeg


反対意見は多いでしょうけど、被爆した人の凄惨な写真などもカラー化して、もっともっと世界的な関心を高めるべきだと、個人的には思うものです。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.